11月12日(月)104日め 秋山郷の晩秋に浸る

昨日は秋山郷までたどり着けなかった。
今日は秋山郷に行ったあと富山まで走る。

さあ出発だ。
青空が見える。ウキウキしてくる。

晩秋の山道をトコトコと走る。
朝日に輝く紅葉が素敵だ。
写真的な美しさというより、包み込む優しさかな?

きっと昼食の時間はないだろうと思い、昔ながらのお店で小倉パンを買う。
出発前にコーヒーをドリップしてポットに入れてきたので、これでOK。

お店の反対側の風景。

津南町を走る。高原的な風景がいい。

木造家屋と紅葉が絵葉書的だ。ちゃっかり相棒バイクが写っている。

赤い何かが点在している。トラクターの赤と緑のコントラストがいい。

津南町、晩秋の景色。

秋山郷に入る。

朝倉橋。晩秋の風景にカラフルな椅子たち。

小赤沢集落の撮影スポットを探したが、よい場所がない。
それよりも紅葉の時期には遅すぎる。
どんな撮影スポットも時間を巻き戻すことはできない。
よし、晩秋は晩秋なりに楽しもう。

わずかに残る紅葉を見ながら、小倉パンとコーヒーで遅い昼食。
もちろん立ったまま。
市街地なら惨めな気持ちになるはずなのに、ここでは楽しい。
人間は不思議だ。

そうこうするうちに14時。
富山まで3時間30分。スーパーで夕食を買うと18時の到着か。

急ごう!

晩秋の道をひたすら急ぐ。

写真なんか撮ってる暇はない! ちゅうの。
でも、気になる風景が目に飛び込むと引き返して撮影。
アホか! と一人突っ込み。
これじゃ時間がいくらあっても足りやしない。

最後に撮った風景がこれ。
晩秋の山腹と砂の山。そして黄色いトラクター。
思いがけないものが混在する風景。
いつも何か新しい風景が見つかる。

生きているって、いいなあ!

なんて言ってる暇はないのだ。富山へ急げ!

途中で雨が降り出す。どんどん激しい降りになる。

寒いよう~、暗いよう~、トラックが怖いよう~、、、
ちびまる子ちゃんのナレーション風につぶやきながら走る。

富山まで、ひたすら走る。走る。走る。
いつもは歌いながら走るのに、そんな余裕なし。

寒いよう~、暗いよう~、怖いよう~、、、

生きているって、大変だなあ(笑)

何とか無事に走り切り、宿の近くのスーパーで夕食を買う。
半額のトンカツ、半額のシューマイ、半額のお豆腐。
う~ん、いい買い物だ。

1815 なんとか無事に富山の宿に到着。

身体が冷え切って凍えそう。
これからお風呂で温まってから晩酌です。
これだけは欠かせない(笑)

【今日の風景】
晩秋のポツンと一軒家(ときどき数軒)。シリーズでどうぞ。

【今日の感想】
津南町は素晴らしい。高原風の風景が続き、紅葉が日常の風景。
秋山郷も素晴らしい。道という道が紅葉に埋もれる。
時期が遅かったので、晩秋の紅葉、という風景だったが、紅葉真っ盛りは最高だろう。
日本海側なので、都心からちょっと行ってくる、というわけにはいかない。
全国区でないのはそのためだろうか?
も・っ・た・い・な・い !

2 thoughts on “11月12日(月)104日め 秋山郷の晩秋に浸る

  1. こんばんは!!
    また、始まりましたね!!  寒くなったので気を付けてくださいね!!
    津南町から富山県 ビックリモンですね!  
    津南~富山??   見直しました!!
    日光は750でしたが、今度はスーパーカブのんびりとお楽しみください!!

    • いつもコメント、ありがとうございます。
      寒いのは覚悟のうえなんですが、天気はいいほうが嬉しいですね。
      やっぱりカブのほうが小回りがきいて、相棒には最適です。

コメントは停止中です。