2021/09/08 脇町劇場オデオン座の館内を観て、鳴門へ(D321)

今日は朝から雨。覚悟はしていた。
四国一周はそろそろ終了。いったん帰宅するため、今日は鳴門に移動する。
ルートその1:山道を走り、奥祖谷二重かずら橋→剣山→鳴門。
ルートその2:川沿いに無難な道を走り、美馬市→鳴門。

検討の結果、無難なルートにした。
雨の山道は危険がいっぱい。雨の中、無理して行っても楽しめないだろうし、、、

0840 レインウェアを着て、宿を出発。いつもより早い時刻。早く鳴門に着いて、ゆっくりしようという考え。

0950 そろそろ「うだつの町並み」というところで、素敵な建物が目に飛び込む。

美馬市脇町の岩倉小学校。
うだつの町並みがある地区だ。町並みに調和したデザイン。いいね。
うだつっぽい装飾を付けていないシンプルさが気に入った。

時間はたっぷりあるので、オデオン座館内を観ていくことに。

脇町劇場 オデオン座。
1934(昭和9)年築。
1999(平成11)年、創建時の姿に修復。
きっかけは、山田洋次監督『虹をつかむ男』のロケ舞台になったこと。

内部を一般開放している。200円。

入ったところ。

チケット売場を後ろから。
上にはサインがたくさん。

オデオン座が生き延びるきっかけとなった映画がこれ。
ポスターがドンと飾ってある。

昭和感満載の造り。いいね。

袖の観客席。椅子ではないところが昭和初期。

回り舞台になっている。

二階の観客席。

二階の向う正面。奥深くまで席がある。

一番奥の一番隅から立って観ると、こんな感じ。
ズームを50mmに設定して撮影。肉眼と同じ距離感の写真です。
ちょっと遠いけど、安いなら我慢できるかな。オペラグラスがあるといいね。

おっ、奈落にも入れるぞ。

階段を降りたところ。

真っ直ぐに進むと行き止まり。
あれっ、回り舞台の下には入れないのかな?

いったん外に出て、チケット売場の男性に尋ねる。
入れない。
階段の上を開ければ入れる構造だが、一般には開放していない。
残念!

200円なら一見の価値あり。
チケット売場の男性、市の職員ではないかと思う。
入場料だけでは、あの人の人件費は賄えないだろう。
美馬市の税金でオデオン座を支え、こうして観光客が観ることができる。
ありがたい話だ。

1500 鳴門に向かう途中で食料とお酒を買い、宿にチェックイン。

疲れた。
濡れた道を走るのは神経を使う。
昨日のブログが書き終わったら、一杯やって、早く寝よう。
どんなに疲れていても飲むことは省かない。大人の流儀は大切だ。

■本日のデータ
美馬市 脇町劇場オデオン座:入場料200円。おススメ。
相棒バイクの燃費(5日間):537km ÷ 8.86L = 60.6km/L

■本日の宿
鳴門。海の近くの高台にある。
風の音がピューピューうるさいので部屋を変えてもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です