2021/11/23 霞ヶ浦の岸を走る(D373)

今日は、霞ヶ浦の東岸をずっと長く走れるだけ走って、水戸に行く。
ルートはこんな感じ。

ただ走るだけなら1時間ほど。ゆっくり走っても2時間あれば十分だ。
お昼ごろ水戸に着けば、午後は偕楽園に行けるだろう。

0930 宿を出発。

たくさんの鉄塔が目に入る。
神栖市は鹿島臨海工業地帯エリアだ。

茨木県信用組合。
歴史がありそうな重厚な建物。もしかすると、明治に建てたもの?
このような建物はずっと残してほしいですね。

正面出入口。
左右の人生訓のようなものは何?

徳がある者が事業の基となる。

だから、まずは自分自身が法を守れ。
以身作則(いしんさくそく)は、そんな意味。

霞ヶ浦の岸を走り始める。

まずは、相棒バイクと霞ヶ浦のツーショット。
相棒、いつも可愛いくてシャキっとしてる。グッド。

鴨、発見! たくさんいる。

鴨は、つがいで活動する。と、聞いたことがある。
仲良くやってね。

突然、水面を滑走し始める鴨。
シャッタータイミング、どんぴしゃり。

天王崎公園。

1200 相棒バイクを停め、コーヒーとパンを持って、ベンチに向かう。

ベンチからの眺め。

のどかだ。

15%オフで買ったランチパック(たまご)
のどかな青空の下で食べるのは美味しい。
のどかだ。

岸に沿って続く堤防をトコトコと走る。
のどかだ。

思い思いに魚を釣る人たち。
のどかだ。

小鳥がボーっと湖面を眺める。
のどかだ。

猛禽類が日向ぼっこ。
のどかだ。

カラスが猛禽類に話しかける。
ねえ、ちょっといい? あのさ~、、、
のどかだ。

シラサギが餌を探して歩き回る。
のどかだ。

飾り気のない小さな神社。

高校の教科書に載っていたロバート・ブラウニングの詩を思い出す。
・・・・・
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛(かたつむり)枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

のどかだ。

fuso写真展、開催です。

中央下の変な格好をしている人、三脚に付けたカメラのファインダーを覗いているだけです。

虹の塔。臨時休業。

細い道が岸沿いにずっと続く。

釣り人の魚を狙う猫。
しまった、男に気づかれた!

1500 ほほえみの浜に着く。

素敵な浜だ。

遠く筑波山が見える。

家で待つ姫にLINEでメッセージ写真を送る。

ハートの正体はこれです。

雲の切れ目から神が降臨するかのような光が射し始める。
神、空に知ろしめす。
すべて世は事も無し。

今日は、のどかな一日だった。

1550 なんて言ってる場合じゃない。
もう日が暮れる。水戸へ急ごう。1時間はかかる。

1700 宿近くのスーパーに到着。

1740 宿に到着。寒くて凍えそうだ。すぐお風呂に入ろう。

午後からは偕楽園に行けるだろう、と考えていたが甘かった。
水戸に2泊して、明日、偕楽園に行こう。

■本日のデータ
霞ヶ浦の東岸は、ずっとのんびりと走れる。景色もいい。
たくさんの自転車とすれ違った。
バイクでもいいが、自転車で走るのが一番のおススメ。

■本日の宿
水戸偕楽園の近く。相棒バイクを建物の下の駐輪場に置かせていただく。
横に長い机もいい。私のニーズにピッタリ合っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です