6月6日(水)4日め 那須→会津若松:つつじ吊橋 & 謎の骨董品店

0925

女王陛下の母君が昼食にといろいろ持たせてくれた。

親心はありがたいものだ。

母君と記念のツーショットを撮り、会津若松に向けて出発。

オドメーターは 1799km

◼下が透けて見える吊り橋

那須温泉の湯本を過ぎたところに「つつじ吊橋」がある。

道路から吊り橋を眺めると、林間学校らしい中学生が集団ではしゃいでいる。

橋まで歩く。

強風注意の説明がある。

橋を渡り始める。

少しの風でけっこう揺れる。

中学生がはしゃいでいた理由はこれか。

橋の真ん中が網になっていて、下が透けて見える。

 

空を飛ぶのが好きな者には最高だ!

吊り橋の下に別の橋が見える。

今は使われていないのだろうが、歩きたくなる雰囲気。

遠く(写真では右上)に見える煙のようなものは何だろう?

吊り橋の説明はこれ↓

居合わせた女性によるとツツジが咲く5月中旬には一帯が真っ赤になるそうだ。

来年の5月に関東に戻って来ていたら、ここに来ることにしよう。

吊り橋を出発して少し走ると、煙の原因がわかった。

温泉の源泉らしい。

赤錆たガードレールに目が行く。

全体がこれほどきちんと錆びたものは見たことない。

素晴らしい!

◼謎の骨董店

会津若松に入ったあたりで、「昭和!」な感じのレトロな看板が壁一面に貼ってあるのが目に飛び込んできた。

店主といろいろお話。

72歳、相馬生まれ、もと露店商。

川越でも商売したことがある。

9年前にここを買い、店を開いた、とのこと。

露店商時代も骨董品を扱っていたそう。

 

一番売れるのは何?

やっぱ、看板だね。日本全国から買いに来るよ。

この間は北海道から買いにきたよ。

なるほど、もう手に入りにくいからなあ。

バイク雑誌にも載ったよ、ほらこれ。

本当だ、じゃあ、ブログに書いていいよね。

もちろん。名刺をあげるよ。

ありがとう! じゃあ、お元気でね。

1500

会津若松市内に入る。

昼食しなかったのでマクドナルドに立ち寄ってコーヒーを飲む。

1630

会津若松のホテルに到着。

オドメーターは 1896km

明日の磐梯山登山に備えて、書店で山岳地図を買う。

スーパーで、ヒラメの刺身と醤油を買う。

酒屋で、日本酒を買う↓

【本日のデータ】

走行距離 97km

ガソリン 無給油

歩数 16311歩

出費

コーヒー:100円

昼食:0円

刺身:500円

醤油:460円

日本酒:1350円

山岳地図:1080円

宿泊費:5000円

1 thought on “6月6日(水)4日め 那須→会津若松:つつじ吊橋 & 謎の骨董品店

コメントは停止中です。