6月28日(木)26日め 牡鹿半島から一関へ:川の流れと時の流れと

今日はまず牡鹿半島を一周しようと決める。宿から少し南下すると鮎川港に出る。ここでも防潮堤の工事が続いている。

他の漁船より飛びぬけて大きい船体が陸の上に置かれている。近くのお店で尋ねると、捕鯨船だということだ。震災前はホエールウォッチング系の施設があり、そこの展示物だったらしい。震災で捕鯨船以外は流されてしまったらしい。

さらに南下する。聞きなれない外国語が聞こえてきたと思ったら、若者たちが作業をしている。

網をクレーンで吊り上げ、ロープで束ね、トラックに積み込む。その作業を何度も繰り返す。

赤いシャツの若者が奮闘している。

定置網を駐車場に広げて点検し、破れた個所を補修するなど、メンテナンスが終ったので倉庫に移動するらしい。若者たちはマレーシアからの外国人技能実習生だとのこと。笑顔を向けたらみんなで笑顔を返してくれた。

半島先端をぐるっと回り東側に出ると、海の向こうに金華山が姿を現す。これはホテルニューさか井付近からの眺め。

島全体が一つの山だ。金華山と言えば金華さばが有名だ。このあたりで獲れる鯖で、脂がのってとびきり美味しい。缶詰では木の屋石巻水産のが有名だ。大好きな缶詰の一つで、今回の旅では非常食として2つほど持ち歩いている。

こちらは少し北にある新山浜という港からの眺め。ふと気づくと、遥か向こう(金華山の左上あたり)に自衛隊ブルーインパルスの演技飛行の白煙が見える。慌てて撮ったのがこれ。

写真左側に白煙が尖った山のようになっており、裾野の部分が金華山頂上付近まで続いている。少し待ったが演技は終了したらしく、もう白煙は現れなかった。松島の瑞巌寺の本堂落慶記念のイベントの一つだ。松島の扇浜でお話した人がブルーインパルスが来る予定だと言っていた。

さらに北上して泊浜というところに出る。海岸付近の道が新しく整備されていた。

海岸側から山側を見る。新しいコンクリートの道があるところまで津波が来たように見える。そこから上には古い建物が残っている。

牡鹿半島を出て女川を過ぎ石巻に向かう398号線(女川街道)沿いに、人気のない仮設住宅が並んでいた。

石巻から北上川沿いに登米市に向かう。堤防の上の道は眺めがよくて気持ちがいい。

登米高等尋常小学校。重要文化財。

当時の学校建築を代表する様式とのこと。ここまできれいに保管されているのは全国でも少ないだろう。

登米市から一関に向かう。北上川が美しかったので愛車とツーショット撮影。絵になるように向きを変えたので、バイクは進行方向とは逆向きです。細部にこだわる人へ念のため。

このあたりには写真のような「長屋門」を構える家が多い。昔は武家や裕福な農家に限って許されており、門の両脇は使用人の住居や納屋として使っていたらしい。

ということで長屋門特集。

長屋門鑑賞(無料)をしているうちに一関に到着。

【本日のデータ】

登米市・一関市あたりには長屋門が多く残っている。鑑賞は無料だ。

4 thoughts on “6月28日(木)26日め 牡鹿半島から一関へ:川の流れと時の流れと

  1. 元気ですか、もう十和田湖・・。スピード感が有りますね。興味あるかどうか解かりませんが、神社・仏閣等の写真もお願いしたいです。自分が世話になっている寺も本堂を建て替えるような話が出ました。もし良ければ「道すがら、神社・御寺の写真をアップして下さい。」
    スーパーカブでの旅、憧れますね。(この野郎、カッコよすぎるよ。)
    これからも、バイク旅の素晴らしい写真をまっています。

    • 神社・仏閣ですね。有名じゃなくても、面白い写真が撮れたら載せますね。

  2. おはようございます!!
    毎日のように更新ご苦労様です!!
    今朝カワセミ撮りに行ったら、このブログを見ている仲間のAyakazeさんが!!
    「日本一周のブログ!! スゴイですね!」と言ってくれました!!
    当方のブログで宣伝して良かったです!!

    • そうですか。それは嬉しいです!
      宣伝ありがとうございます。

コメントは停止中です。