7月28日(土)56日め 阿寒湖から糠平へ:タウシュベツ川橋梁を見に行く

糠平(ぬかびら)にタウシュベツ川橋梁というものがある。糠平湖(ぬかびらこ)の中にあるため、湖の水位の変化によって姿を現したり水没したりするので有名だ。アーチ形をしたコンクリート製の橋梁で、1939年に士幌線が開通する際に作られた。その当時は糠平湖は存在しなかったが、その後ダム建設によって糠平湖が生まれ、湖底に水没する運命となった。

冬から春にかけて姿を現し、夏から秋にかけて水没していくらしい。7月なら上のほうだけでも水面に出ているだろう。行ってみよう。

というわけで、阿寒湖から糠平に向かう。約110km、3時間ほどの距離だ。

阿寒湖にさよならを告げる。向こうに見えるのは雄阿寒岳。

阿寒富士とお別れのツーショット。

足寄(あしょろ)に向かう241号線はもろこし街道と呼ばれている。

あちこちにトウモロコシ畑が広がる。

足寄の道の駅。

野外ステージ?ではコンサートらしきものが開かれていた。歌っているのは素人だろう。垂れ幕も貼り紙も何もないので、何のイベントかは不明。

足寄は松山千春の出身地。千春コーナーがある。

ふるさと銀河線に関する展示コーナーも。

足寄から士幌(しほろ)に向かう。

トウモロコシ畑が続く道を快調に走る。天気はいいし、爽快だ。こういう感じ大好き。

道の脇にチラッと朽ちて置き去りにされたバスを発見。通り過ぎたが、戻ってツーショット撮影。マニアにはたまらない光景だ。茶道のわびさびに通じるものがある。

3ショット、どれも捨てがたい。ポスターにするなら最後のやつかな。2枚目のも、バスのタイヤが半分埋まっているのが分かるのがいい。

糠平に入ると士幌線の橋梁が川の上に姿を現す。タウシュベツ川橋梁だけでなく、さまざまな橋梁が残っているのだ。

これは第三音更川(おとふけがわ)橋梁。1936年建造。コンクリート製だ。

下に降りて近くから見てみよう。

橋梁に近づく。迫力がある。

橋梁のほうへ降りる細い道がある。かなり急だ。木にロープが掛けられている。これがないと降りるのはいいが、登れないだろう。

降りる途中、坂道の真ん中あたりから撮影。何枚か撮ったうちのベストショット。

川岸から。上から見るのとは違う迫力がある。

少し走ると、糠平ダムが出現。

このダムが建設されて糠平湖ができた。

宿の近くで、ひがし大雪自然館という施設を発見。資料あるある系の施設だ。立ち寄ると、駐車場で記念撮影をしている人たちがいる。自転車関連のイベントっぽい。

5人1組、8チームがレースをして、170kmを走ったとのこと。

アップダウンが激しいからたいへんだったろうが、いい天気だし、空気もいいし、楽しかっただろうなあ。お疲れさまでした。

さて、宿はすぐそこだ。早く行って、温泉に入るとするか。

タウシュベツ川橋梁は明日のお楽しみにしよう。

2 thoughts on “7月28日(土)56日め 阿寒湖から糠平へ:タウシュベツ川橋梁を見に行く

  1. 中学同窓会開催日決定しました。10月27日プリンスホテルです。
    帰って来てる頃かな? 足寄は 千春がいませんでしたか
    私も中標津 6月に行きました 尾岱沼の北海シマエビ踊り食い
    美味しかったな 摩周湖 阿寒湖 釧路湿原をまわりました。
    カブに乗っている北の旅人さん 元気ですね・・・ 

    • 足寄には等身大のペーパー千春がいましたね。
      10月27日プリンスホテル、了解しました。
      秋には衣替えに帰らなきゃいけないのでタイミングが合えば参加できるかも。

コメントは停止中です。