2021/10/10 直島でアートを観る(D329)

今日はフェリーで岡山県の宇野に渡り、倉敷まで行く。
フェリーが直島(なおしま)経由なので、直島も観て回ることにする。

0500 起床。ブログ書き。宿を出発するまでに書き終えたい。

0700 朝食。

0730 ブログ書き。

0830 荷造り。ブログはあと少し残っている。

0900 宿を出発。

0915 四国汽船のフェリーターミナルに着く。待合室でブログ書き。チケット購入。

0955 乗船準備。

1000 フェリー「なおしま」入港。

1010 乗船。

1020 出港。

高松の街がみるみる遠ざかる。

展望デッキ。女木島(めぎじま)が右手に見える。鬼ヶ島大洞窟がある島だ。

船内。窓が広くて外がよく見える。

海を眺めるのはあとにして、まずブログを書かなきゃ。
あと少しなので早いとこ終わらせよう。

1031 ブログ終了、公開。これで心置きなく海を眺められる。

操船室を覗いてみる。暇そうですね。自動操縦なのかな。

コンテナ船が横切って行く。荷物満載。

遠く瀬戸大橋が見える。

前方の席からの風景。左が荒神島(こうじんしま)、右が直島。

前方を走っていた漁船に追い付いた。しばらく並走。

1105 直島の宮浦港に入港。下船。

乗ってきた「なおしま」が出港する。船の乗降ゲートが閉まる瞬間。

野外アート「赤かぼちゃ」。草間彌生(くさま やよい)さんの作品。
形はかぼちゃだが、どう見てもてんとう虫(笑)

フェリーターミナルの建物。
鏡とガラスを多用した光の演出がうまい。
右手の白いTシャツの後ろに立つ黒い人が、鏡に映った私。

鏡の前で記念撮影。左手に遠く赤かぼちゃが見える。

BUNRAKU PUPPET ジョセ・ド・ギマラインシュ作。
直島で継承されている女文楽をモチーフにしたものらしい。

直島パヴィリオン 藤本壮介設計事務所。
中に入れる。右端に見える人影がそれ。

直島銭湯「I♥︎ 湯」 大竹伸朗作。
実際に入浴できる美術施設(笑)

さて、島をひと巡りしよう。
小さな島なので、バイクで走るだけなら1時間もかからない。
フェリーの出航時刻は、1245、1455。
現在1145なので、1245ならあと1時間、1455ならあと3時間。

島の東側に向かう途中の風景。明るくて気分がいい景色が続く。

つつじ荘のパオ。モンゴルテント風の宿泊施設。

本村港(ほんむらこう)のオブジェ。
中は、、、

駐輪場と待合室。

本村エリアには家プロジェクトというものがあり、アート的な家が点在しているということなので、観て回ることした。中にも入れる(有料)が、時間がないので外からだけ。

まずは「水の庭」という無料休憩所。古民家を解放している。

入口。

家の中にあった階段。物入になっているタイプ。

水の庭。微妙な色合いが美しい。

出口。水をイメージした暖簾がいいですね。

家プロジェクト「きんざ」

家プロジェクト「碁会所」

家プロジェクト「角屋」

家プロジェクト「南寺」

同じく。裏手からの風景。

家プロジェクト「はいしゃ」

本村エリアには他にも目を引くものが多かった。

一般住宅。重要文化財。

(たぶん)一般住宅。看板がないのでお店ではないと思う。

民宿 おやじの海。泊まってみたい。CLOSEの「にゃお島」も気になる。

以下、目についた建物。

この家の表札が洒落ていた。

光の文字がお洒落です。

町営バス。

空缶アート。

直島町役場。美術館のよう。

同じく裏側。

直島ホール。交流センターです。

公衆トイレ。

直島はアートな島だと聞いていたが本当だった。
美術館も多い。地中美術館、ベネッセハウスミュージアム、シーサイドギャラリー、ANDO MUSEUMなどなど。今回は時間がないのですべてパス。
直島は、もう一度、家族と一緒にゆっくり来たい場所です。

1435 宮浦港に戻る。

1445 乗船。

デッキからの風景。赤いかぼちゃが目立つ。

再び操舵室を覗く。端にあるサブ操縦装置。接岸のときに使うのだろうか。

1455 出港。

乗船時間は20分。あっという間に岡山県宇野港に近づく。

宇野港に到着。

接岸。

1520 倉敷に向けて出発。鷲羽山スカイラインを経由することした。

鷲羽山スカイライン水島展望台からの風景。
下は工業地帯なので景色にはガッカリ。

1700 倉敷のスーパーに到着。夕食とお酒を購入。

1800 宿に到着。ここに3連泊する予定。

■本日のデータ
フェリー料金(高松→直島):520円(人)+640円(原付)=1160円
フェリー料金(直島→宇野):300円(人)+640円(原付)=940円

■本日の宿
倉敷美観地区まで徒歩数分。連泊だと割引になる。英国調の内装。

1 thought on “2021/10/10 直島でアートを観る(D329)

  1. ちょっと眼を離している間に(笑)、旅を再開していたのですね。また、毎日楽しみに、拝見します。直島の民家の箱階段が、私の生家にあったのとそっくりで、ちょっと驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です