6月14日(木)12日め(後半) 安達太良山で消防救急隊の訓練に出会う

山頂を極めたあとは「牛ノ背」に向かう。山頂から見える牛ノ背はこれ。

稜線で樹木がないので風がまともにあたる。強風時は注意が必要だ。今日は風が無くのんびり歩けた。

鉄山との分岐点。ここからくろがね小屋に向かう。

振り替えって、牛ノ背を望む。

だらだら下りが続く。

途中で、訓練中の消防救急隊の人たちと出会う。新人の訓練らしい。あとで調べたところ、消防職員初任教育山岳訓練というらしい。間違っていたらごめんなさい。

朝、ロープウェイの駅に制服姿の人たちが整列していたが、この人たちだったのだ。

せっかくの出会いなので、図々しく記念撮影をお願いした。それがこれ↓

シャッターを押していただいた隊員の方、写ってなくてごめんなさい。

みな気さくないい人たちだった。写真の掲載も快くオーケーしていただいた。

この日の宿を取っていなかったので、下山後、お勧めいただいた岳温泉に宿泊した。

とてもいい宿で、宿泊して大正解。ありがとうございました。

息子さん、消防士で川越に来られるといいですね。市をあげて歓迎します(笑)

1400 くろがね小屋で遅い昼食。

写真を撮ったりお話ししたりしているので一般の1.5倍ぐらい時間がかかっている。少し急がねば。

2時間ほどくだり、そろそろ登山口というあたりで遊歩道に出る。

1630 遊歩道から少し歩くと登山口に出る。青空が気持ちいい!

【本日のデータ】

登山時間:7.5時間(山岳マップでは4時間10分)

歩数:28896歩

1 thought on “6月14日(木)12日め(後半) 安達太良山で消防救急隊の訓練に出会う

  1. おはようございます!!
    磐梯山 安達太良山 共に百名山かな? (本人が決めてもいいと思うが!)
    疲れは岳温泉でぬけましたか!
    お気をつけて!!

コメントは停止中です。