6月17日(日)15日め 1964年台ホンダのエンスーに出会う!

「昨日おじゃました者です」と、お店を入る。

「どうぞどうぞ」と快く迎えていただく。

ずいぶんマニアックな店ですね。最近お始めになったみたいですが、どうしてこういうお店を?

今、57歳だけど、若いときからずっと好きでね。最近、車がいろいろ集まってきたんで、お店を開いて世の中に還元しようかなと。そのS600は初期型のやつで、希少だね。

ヘッドランプの前にドーム型のカバーが付いてるだろ。展示車にはプラッチックのものを付けてあるけど本物はガラス製。こっちに仕舞ってある。もし割れたら代わりがないから。

確かにドーム型だ。昔のホンダはずいぶん凝った製品を出していたものだ。説明書きもマニアックだ。

パーツ類はこのケースの中。欲しいものを言ってくれればだいたいあるよ。

メーターやエンジンなどいろいろある。きっとレアなものなのだろうが、よくわからないのが残念だ。

どうやってレストアするんですか? 作業場を見せていただけませんか? と言って案内していただいたのがこれ ↓

レストア中のS600クーペが鎮座していた。

さっき店の前にもS600クーペを積んだトラックがありましたね。全体が真っ赤に錆びていましたが、磨くとこうなるんですか?

そう。あれは製造番号が100以下の試作品。最初に見たとき試作品だとピンと来た。

へえ〜。どうしてちょっと見ただけでわかるんですか?

うん、まあな。たとえば、水受け(家の雨樋の部分)の後ろの部分な、これはずっと下まであるだろ。試作品は上側だけで下までは無いんだ。

なるほど! ずいぶん細かい違いを見分けるんですねぇ〜。

あそこのボディは、本田宗一郎の息子がレースで使った車のボディ。レースでは専用のFRP製のボディを使うから、元のボディは外してしまう。そのボディがこれ。

そうなんですか! よく入手しましたねぇ。こっちのは左ハンドルじゃないですか。この当時、輸出用なんて少ないんじやないですか?

うん、少ないね。ヨーロッパの展示会に出したやつだと思う。

これらのエンジンもレストアして元のボディと組み合わせるんですか?

状態によるな。それ、ベンチマーク用の装置。エンジンだけで始動して確認できる。全部バラすこともあれば、ちょっといじればいいときもある。

う〜ん、なるほど。この技術はどうやって身につけたんですか。前のお仕事は何だったんですか?

ああ、これは趣味でやってる。これで飯が食えればいいが、それは難しいから。展示車のS600な、438万は高いと思うだろうけど、掛けた手間ひま考えたらビジネスとしては全然ペイしない。普段は福島市で自動車修理会社を経営してる。オレで三代目。こっちは会社が休みの土日だけやってる。だから最近はずっと休みなしだ。

どおりで! いろいろな点がそれで納得。小さい頃からお父さんの仕事を見てきて、1964年にS600が発売されたときも、周りの大人たちが興奮気味に騒いでいる中にいたのだろう。

環境が人を造ると言う。それでも、子供のころの憧れをずっと大切に持ち続け、具体的なカタチにし続ける人は少ない。こういうのっていいですね。

一台欲しくなったが、箪笥のこともあるし、これからどんなモノと出会うかわからないし、破産しそうなので残念だがやめておくことにしよう。

例によって記念撮影。ちょうど立ち寄った知人の方に撮影をお願いした。

二人と二台の2×2ショットだ。

撮影のお礼に知人とその愛車のツーショットも載せておきます。

こちらはトヨタ・スポーツ800。販売は1965年~1969年。S600の良きライバルだ。きっとこのようなお友だちがたくさんいるんでしょうね。

エンジョイ、グッドカーライフ👍

6月16日(土)14日め (予告編)1964年台ホンダのエンスーに出会う!

二本松の鈴木木工所から福島市の宿に向かう途中でホンダS600が目に飛び込んできた。だいぶ通り過ぎてから、どうしても気になるのでUターンしてそこに向かう。

福山雅治じゃないが、「非常に面白い!」

まさに1964年代ホンダのエンスー※ のお店だ! ネーミングもいい。店内の赤い車がS600だ。

ナンバープレート下2桁の「64」に気づいた人。あなたはとても鋭い。その通り「・・64」です。

入り口に貼られた説明が非常に興味深い。下の写真をタップすると大きく表示されるので、ぜひお読みください。どんな人がやっているのか、ワクワクしますね。

1日に2つのインタビューは辛いので、今日は挨拶だけにして、明日来ることにしよう。

ということで予告編はここまで。次々に面白い人たちが多すぎて、書くのが追い付かない! と嬉しい悲鳴(笑)

※エンスー:エンスージアスト(enthusiast 熱狂的な支持者)の略。車の世界で用いられることが多い。1980年代には、IT業界でも用いられていたようだが、最近は聞いたことがない。私は多くのアップルコンピューター(現在はアップル)の エンスー&元エンスーを知っている(笑)

6月16日(土)14日め 二本松箪笥工房の女性社長にインタビュー(後半)

工房を見せていただく。

社長だった旦那様が5年前に亡くなったあと、文子さんが後を継いでやってきた。旦那様の清一さんは二本松木工家具協同組合の理事長をしており、先頭に立ってこの産業を盛り上げようと尽力したらしい。写真の最前列中央が清一さん。

旦那様が数々の賞を取ってきたことも文子さんの自慢だ。

亡くなったのは76歳だぁ、ちぃっと早すぎたなぁ。私は20台で嫁いでから52年、経理も作る方も手伝ってたから、何とか継いでやってきたけど。まわりは皆、ご主人が亡くなるとやめてしまったよ。

そうでなくても民芸家具では食べていけないから、みんな内装をやっとる。

この階段箪笥は、隣が家具工房をやめたときに、うちで引き取ったんだ。壊しちまったら二度と戻らんから。

この辺りを町じゃ「家具の街竹田坂」と言って宣伝しとるが、実際に家具専門で作っているのはうちぐらいだ。

20歳台後半で嫁いで52年、もうそれなりのお歳になる。お子さんはいない。後継者を探しているが見つけるのは難しいようだ。

何とか頑張って絶さないようにしたい、と文子さんは言う。頑張ってほしい、と思う。何も手伝えないのがもどかしい。このブログを読んで、力になりたいと思う人が出てきてくれたら嬉しいのだが。

例によって、記念撮影をさせていただいた。

11時から15時30分までずっとご説明いただいた上に、途中で昼食をご馳走になり、さらにこのようなお酒までいただいてしまった。本当に感謝の言葉もありません。

お蕎麦、美味しかったです。いつまでもお元気で頑張ってください。日本一周が終わったら、わが家の財務省を説得して欅の無垢材の箪笥を作っていただきたいです。娘が結婚するときに持たせるのもいいかもしれないですね。きっと本物の良さがわかると思うので。

最後に私の相棒とのツーショットを載せておきます。チャーミングに撮れてますよ。

【本日のデータ】

福島駅から二本松竹田坂まで22km、カブで約40分。

鈴木木工所のすぐ近くに酒蔵 大七 がある。

6月16日(土)14日め 二本松箪笥工房の女性社長にインタビュー(前半)

岳温泉の宿に置かれていた工芸箪笥が素晴らしかったので、製作した会社を訪ねてみた。

二本松市の竹田坂というところにある。二本松城家(しろや)箪笥と呼ばれる伝統的な家具の製作所が集まっているところだ。

お訪ねしたのは鈴木木工所。

店内はこんな感じ。写真は入り口付近の一部。左手奥にたくさんの家具が並んでいる。

対応してくれた女性に、岳温泉の宿で箪笥を拝見し素晴らしかったのでぜひ社長とお会いしたい、とお願いすると、その人がご本人だった!

こんにちは。入り口にある箪笥、あの色合いは今までの伝統家具で見たことがないです。落ち着いたいい感じですね。下に車が付いているのも珍しいですね。いいアクセントになっていてお洒落ですね。(写真 ↓ )

ああ、これはね、欅に漆を塗るとき色の調合を職人に言って変えさせてみたの。車はね、普通は見えないように中側に入っているの。これは表に出してみたの。

金具が美しい。最近の二本松の家具は松をあしらっているのが特徴だ。

デザインていうか設計っていうかは社長自身がおやりになっているんですか?

ああ、そうだねぇ。昔からやってるからねぇ。

そうなんですねぇ。いろいろ見せていただいていいですか?

どうぞどうぞ。これは階段箪笥。ふくしま特産品大賞をとったの。

倉においで。売り物はないけど。

案内された倉の中は素晴らしかった。写っているのが鈴木文子社長。

これは総無垢材の民芸時代箪笥。

銀の蝶をあしらった金具がお洒落だ。特注品とのこと。

下は明治44年の作。

これは二代目のおばあちゃんの。私で四代目。初夢の一富士、二鷹、三茄子をデザインしてるの。珍しいじゃろ?

板材の種類、工法、漆の塗りかたのいろいろ、金具のデザインなどについて説明していただいた。持っているのは黒柿の板材。模様が面白い。

とても興味深い内容ばかりだったが、すべて書くとスーパーロングインタビューになってしまう。残念だが省略。ちなみに文子さんが製作時に描くラフスケッチはこんな感じ。

(後半に続く)