2019/3/29-30 竹富島を歩く(D131-132)

今日は石垣島から高速船で竹富島に行く。

(たぶん)外国人の団体さん。

これに乗る。

日本人の団体さん。この日は団体さんで溢れていた。

まず、竹富島ゆがふ館(ビジターセンター)に行ってみる。
ターミナルの向かいにある。裏手から入る。

アプローチがいい雰囲気。

庭には、トーナチ(和名ハスノハギリ)。

中に入る。

周辺海域の解説がある。

「石垣島と西表島の間に広がる海は石西礁湖(せきせいしょうこ)と呼ばれ、(略)
竹富島は、サンゴ礁が盛り上がって出来た周囲9.2kmの小さな島です。」とある。

竹富島は、サンゴ礁が盛り上がった島なのか! 知らなかった。

竹富島を中心としたマップ。台湾が近い。

昔の人たちはこんなに細かく海を識別していたのか。すごいなあ。

竹富町の島暦(しまごよみ)

ゆがふ館から出たところ。むしろ、こっちが正門。

赤い花が印象的だ。名称不詳。

竹富島にはあちこちにこのような解説が立っている。

中心部の集落に向かう道を歩く。
歩道を覆う樹木が特徴的だ。赤い花が咲いている。

20分ほど歩いて「東のスンマシャー」に着く。集落の入り口だ。

11.2キロの荷物はさすが重いが、やっぱり歩くのはいいね。ゆっくりといろいろなものを見ながら歩くと、今まで見過ごしていたことがいろいろ見えてくる。

少し歩くと竹富郵便局。小さな島なので郵便局はここだけ。

さらに歩くと水牛車に出会う。

追い越して、前に出て撮影。

竹富島のイメージは、やっぱり水牛車。

こちらは次の日に出会った水牛車。いきなり正面衝突!(笑)
ツノがくるっと丸くなっているね。個性的。

おっとっと、もう一台。

宿に到着。

竹富島はこんな感じの民宿がほとんど。
伝統的建築物保存地域なので元民家が多い。
そういえば、星のやがあるが、あれはどうなっている?
民家と同じ意匠で新築したのだろうか?

宿に荷物を置き、身軽になる。

さあ、歩き回るぞ。

まず、なごみの塔に行く。

コンクリート製。昭和28年建造らしい。今は登れない。

塔の下まで登って周囲を見回す。

すぐ後ろにある、あかやま展望台という名のビルの屋上からの風景。
左手になごみの塔が見える。

ちなみに、あかやま展望台の入場料は100円。
無人なので木の箱に入れるシステム。

喜宝院蒐集館(きほういんしゅうしゅうかん)に入る。
こちらも無人。入り口に300円を置くシステム。

展示品はいろいろあったが、この2点がお気に入り。
こんな衣装の女性と会ったら、それだけで惚れそう。

お昼だ。食べないことが多いのだが、せっかくなので沖縄そばを食べよう。

竹の子というお店。有名らしく順番待ち。

お店の向かいにある待合スペース。木陰で涼しかった。

10分ほど待って、入店。

沖縄そば、美味しかった。

心を奪われたのは、店主ご夫婦の娘さん。7歳。
ちょっとおしゃまだけど、聡明な顔立ち。しぐさがかわいい。
会計をするおじいちゃんの後ろで、お釣りを出して渡す。
お客さんが帰ると食器をお盆に乗せてキッチンまで運ぶ。
小さなからだで、麺の器を乗せたトレイを危なっかしげに一所懸命に運ぶ。
そのあとは食器洗い。
胸がキュンキュンしてきた。

カウンター席だったので、すぐ目の前で食器を洗っている。
話かけるなら今しかない。

こんにちは~。いくつですかぁ~。

ななさい

じゃあ、こんど二年生?

(うなづく)

いつもお手伝いしてるの~?

(うなづく)

そう、えらいねぇ~

だめだ、会話が続かない。
思春期にありがちな現象。諦めるしかない。

オレも7歳なので同い年。付き合ってほしい、って言いたかったのだが、、、

片思いはここまでにして、傷心を捨てに海にいこう。

海に向かって少し歩くと、西のスンマシャー。

数分で海に出る。

観光スポット、西桟橋。
透き通る海&記念撮影するファミリー&語り合うカップル。明るい! いいねぇ。

次の目的地は、コンドイビーチ。

照りつける陽射しの中を黙々と歩く。

シロオビアゲハ。黒と白のデザインがいい。
動きが速くて撮るのがたいへん。30枚中のベストショット。

朝顔系の植物。詳細不詳。
陽の光に透ける藤色の花びらが美しい。

コンドイビーチ到着。西桟橋から15分ぐらい。

おお! いきなり夏の風景。いいね。

泳がないので、次の目的地、カイジビーチを目指す。

さっきは車道脇の歩道を歩いてきたが、今度は海岸線を歩いてみよう。

砂浜は、サンゴの破片、貝殻の破片、有孔虫の骨などだけで、岩石の砂は見当たらない。だから白い。サンゴ礁が盛り上がった島だもんね。

陽射しから逃れて休息する二人。

沖縄パインかな?

カイジ浜に着く。
砂浜で何かを探す人たち。近寄ってみよう。

ああっあ、もう、暑くてやってらんないわよ。私は日陰で休みます、と(たぶん)言っているおかーさん。旦那と娘は一心腐乱に何かを探す。

はい、見つけました、星砂!
小さすぎてわからない? 写真を拡大してみてね。

星砂の正体は有孔虫の骨。
ビンいっぱいの骨が300円。
あたしならこっち買うわ、とさっきのおかーさん。
が言っている気がした。

竹富島はどこも花でいっぱいだ。

それでは、風走記写真展「竹富島、花のある風景」をどうそ。

引き続き、風走記写真展「シーサーがいる風景」
※小さくても必ずどこかにシーサーがいます。

【今日のマニアック】

【本日のデータ】
高速船:1330円(往復券)

2019/3/28 石垣島の岬を巡る(D131)

せっかく南国に来たのだからユッタリしよう、ということで、朝は宿でノンビリ。
ま、本当は昨日のブログが少し残っていたので、それをやってたんですけど。

白いハンモックと赤いハイビスカスと△屋根のおうち。
お洒落でしょ。

変なオジサンが写ってなければね。これで台無し!

ということはさておき、今日はこんなルートを回った。

写真は128枚撮った。

「カンムリワシはすぐには飛べない だから車が止まる」

小学生の標語。「だから車が止まる」は「だから車が止まってね」という意味。
もちろん写真は撮った。

川平湾(かびらわん)。海の色が微妙に変化していて美しかった。ここも撮った。

平離島(ひらばなりじま)展望。リゾート風の道が続く。海の色が印象的だった。
もちろん写真は撮りまくった。

御神崎(おがんざき)。
アラレちゃんの帽子を被った可愛い女性2とスポーツマンタイプの男性がゴーカートで走ってきた。
スポーツマンタイプといろいろお話。日焼けしたイケメン。四国の松山出身で大坂へ渡り、(たぶん)各地を巡り、3カ月前に東京から移住してきた。そしてゴーカートのお店を始めた。
もちろんゴーカートと一緒に写真を撮った。

じゃ、なぜ写真を載せないの?

はい、理由がわかるひと。

はい、そこのブログを読んでるあなた。回答をどうぞ。

(たぶん)ご明察!

今、間違って消してしまった。一枚残らず!
日本一周、初の大失敗。

絶対、南国のせいだ。ボケじゃない、、、はず、、、

ゴーカートの店名は覚えている。R&Bレンタルカート。
http://rbrentalcart.com/

可愛いお嬢さんたちとイケメンお兄さん、ごめんね。
ブログ見てね、とか言っておいて。

お兄さん。お詫びにお店の宣伝しておきました。

お嬢さんたち。アラレちゃんの帽子、とっても似合っていて可愛かったですよ。

写真が1枚じゃ、寂しすぎるので、もう1枚。

宿の近くのスーパーで買った今日の夕飯。
右の白いのは「ジーマーミ豆腐」。ピーナッツ入り豆腐。石垣島生まれ。
上の丸いのは、もずくカマボコ。初めて見たので、つい買った。
下の黒い器は、チラシずし。ほとんど刺身だけ。まぐろとサーモンとブリかな。

みんな美味しいです。今、食べてるところ。

【本日のデータ】
南国は気が緩む。
思わぬミスにご用心。

【本日のお酒】

2019/3/27 石垣島でパラグライダー(D130)

※更新情報:撮っていただいたパラグライダー画像を追加しました(2019/4/3 )

今日は那覇から飛行機で石垣島へ渡る。

那覇空港の売店では麺類が3種類販売されていた。

沖縄そば、札幌ラーメン、讃岐うどん。
なぜこの3種類? 地名がついているベスト3、なんだろうか?

船と違って飛行機は早い。1時間で石垣島に到着。

相棒バイクは那覇に置いてきたので、50ccの原付バイクをレンタル。
石垣レンタルバイクというお店。無料で空港まで迎えに来てくれるし、島内なら乗り捨ても無料だ。それで2日間、3,000円。ネットで見つけて即決した。

迎えにきてくれたお店の女性と車の中でお話。所沢出身だという。旦那さまが石垣出身で結婚してこちらに来たとのこと。

レンタルバイク店の前で記念撮影。
背中の2段重ねのリュックは11.2kg(空港で測定)、けっこう重い。
さあ、石垣島めぐりに出発だ。

赤いハイビスカスが咲くファーム。南国だ!

青いバナナと、、、

黄色いハイビスカス。

南国だ!

パラグライダーが飛んでいるので行ってみる。

いらっしゃい~。
今月、飛べるコンディションの日って、今日だけですよ。
運がいいね。今日は最高のコンディションだよ。

そうなんですか。じゃあ、申し込みます。

セールストークがうまい。運がいい、と言われて気を良くしてしまった。

ということで、大空へ一直線!

テイクオフ直後。パラグライダーの影が足の真ん中に見える。

左へ旋回し、海岸線に沿って飛ぶ。海の青さが印象的だ。

山の斜面に沿って飛ぶ。斜面に沿って上昇気流が吹き上げてくる。

右へ旋回。海に向かう。

さらに旋回し、Uターン。

海の上を飛ぶ。真上から見る海に感動。すごい!

ちょうどよい向かい風で、ほぼホバリング(空中停止)状態。
ゆっくりと海の上を漂う。
耳元を風が吹き抜けていく。

そろそろ時間だ。赤い屋根の手前の広場にランディングするのだ。
ランディングとその前のアプローチは、緊張感があって面白い。

アプローチに入る。

あの黄色のシートがランディングポイントだ。

とんどん降りる。

ランディング直前。ここで上昇の操舵をすると、ふわっと着地。

無事ランディング。
お疲れさまでした。

女性が撮っていた写真をメールで送ってくれると言っていた。
どんな顔してランディングしていたのだろう。楽しみだ。

もちろん、私一人で飛んだのではなく、この人とタンデム。
次回は一人で飛びたい。2年後かな。

※下の写真を送っていただきました。ありがとうございます。

助走
テイクオフ
海へ向かう
ランディングアプローチ
カメラを構えて動画撮影しながらのランディング

さて、石垣島最北端の灯台まで行こう。

15分ほど走ると、もう最北端。平久保崎灯台。

ハートの中には「恋する灯台」とある。1人なのが残念。

さて、宿に戻ろう。

【本日のマニアック】

牧草地にポツンと捨て置かれたトラクター。
エンジンの腐食ぐあいがマニアの心をくすぐる。

【本日のデータ】
レンタルバイク:3,000円(1日目2,000円、2日目1,000円)
パラグライダー:10,800円(15分間)
リュックの重さ:11.2kg

【本日のルート】

2019/3/26 石垣島へ行く準備&ゆいレール(D129)

昨夜からちょっと体調が悪い。喉が痛く咳もでる。体温は正常(体温計は持ち歩いている)。

大したことはないが、念のため内科に行くことにする。
評判の良い医院をネットで探して行ってみた。
高齢(たぶん私より上)だが、テキパキしていて薬の説明のあと使うかどうかを尋ねてくる。うむ、良心的だ。評判がいいのは理解できる。

よし、次は相棒バイクの駐車場だ。
ネットで探すと那覇市立公営地下駐車場というのがある。地下というのがいい。雨が降っても濡れないし、人通りも少ないので安心感がある。
さっそく電話し、10日間OKだが、ナンバーを控えるから係員に声をかえてほしい、とのこと。ますます安心。

飛行機と石垣島の宿を予約。これで予約系はすべてOK。
あとは、明日から10日をバックパッカーとして過ごすための荷造りだ。

1430 宿へ到着。

1440 パッキング開始。
チェックインは1500からなので、食堂のテーブルを借りて荷物のセレクトとパッキングを始める。
持っていかないものを選ぶのに悩む。テント用具一式は別にして、8kgには押さえたい。富士登山が5kgだったから1.5倍なら何とかなるはずだ。

パッキング終了。背負ってみた感覚では7.89kg よし! 

1600 部屋に入る。

1700 バイク&残す荷物を駐車場に向かう。

1720 到着。係員さんに連絡。これで相棒バイクとはしばしのお別れ。

地下駐車場の上は公園になっていて、こんな絵が描かれた日よけ屋根がある。
いいね!

1750 宿に戻る足としてモノレール「ゆいレール」に乗ってみた。

2両編成。前も後ろも同じ顔。

県外のICカード(スイカ、パスモなど)が使えないので切符を買う。
QRコードが印刷されている。

改札口。QRコードを読み取るタイプ。
OKIKA
沖縄の「沖」と掛けてるぐらいは、ボーっと生きてる私でもわかりますぅ。

1800 宿の近くのスーパーに到着。

さあ、夕飯を買って帰ろう。

2130 明日は早めなので、おやすみなさい。

【今日のお酒】

orionビール、麦職人
ビールじゃなくて発泡酒です。

2019/3/25 丸一日フェリーで過ごす(D128)

フェリーの二等客室での一晩が過ぎた。よく眠れず、9時ごろまで寝ていた。

コンビニのおにぎりを食べ、無料のお茶を飲み、今後の計画を立て続ける。

問題は、那覇から石垣島までをどうするか。

フェリーはないので相棒バイクを送るなら、バイクだけ貨物船で送り、自分は飛行機。

バイクの送料は、片道13,000円。往復で26,000円。

一方、石垣島は一周60キロ(中央部)〜120キロ(先端部まで)程度だ。

わざわざ相棒バイクを連れて行く必要あるか? 相棒としては行きたいだろうが。

悩むうちに与論島。フェリーターミナルの向こうに岩礁が横たわる。

船の後方。

1900 那覇到着。雨が降っている。

ターミナルから宿まで10分ほどなので何とかなるだろう。

1930 スーパーで夕食を買い、宿に到着。

2200 おやすみなさい。なんか疲れた。

石垣島までをどうするかは明日考えよう。

【本日のデータ】

フェリー料金 2万円ぐらい 乗船券を回収されたので正確にはわからない。ごめんなさい。

2019/3/24 鹿児島市内で路面電車三昧(D127)

フェリー乗船まで鹿児島市内をブラブラ。

今日の桜島。雲がないので噴煙がはっきりわかる。

鹿児島市には路面電車が走っている。
にわか撮り鉄としては撮らねばなるまい。

白と青のツートンカラー。
危なき興産、ではない。たぶん穴吹興産。

こちらも白と青。

もう一発、白と青。

こちらは黄色と緑。

こちらも黄色と緑。前とは色が逆。
新車両なのか? 広告がない。

黄色とピンク。

黄色と白。

白と赤。
都心へビュン。って、ここから?

こちらも白と赤。
写真右手の茶色い構造物は信号。

白と白。
この信号いいね。存在感満点。

最後は、黒と黒と黒。
鹿児島黒牛、鹿児島黒豚、黒さつま鶏。
渋くていいね。

1600 フェリー受付。

1630 フェリー乗船。

1700 ブログ書き開始。

1800 フェリー出航。

1830 このあとは電波が届かなくなるので、これで終了。今から24時間、電波なしの生活です。

【本日のデータ】
フェリー料金:15,240円(2等客室)+5,700円(原付バイク)=20,940円

2019/3/23 志布志から鹿児島市へ レンゲ畠に夢中で、まさかのガス欠(D126)

0900 鹿児島の志布志港へ到着。

0930 下船。

フェリー「さんふらわあ さつま」と記念撮影。
排水量1万3千トン超。かなり大きい。海上でもほとんど揺れなかった。
ちなみに戦艦大和は、排水量7万2千トン超(満載時)。これの5倍以上か、、、

今日も寒いので、例によってダウンとレインウェアを着込む。
鹿児島がこんなに寒いとは思わなかった。

港を出たところで見かけた看板。
「志布志」という地名は変わっていると感じていたのだが、なぜこの地名なのかがわかった。地名には歴史がある。一時の流行りで簡単に変えちゃいけいよね。

鹿児島市へ向かう途中、ローソン大崎野方インター店に立ち寄る。

店内に大崎町特産品コーナーがある。ハイブリッドコンビニか? 初めて見た。

しばらく走ると、こんな光景が目に飛び込む。

レンゲ畠だ!
小学生のころは家の周りにたくさんあったのだが、その後、見かけなくなった。
懐かしい。

畦道にも。一面に咲くのもいいが、こういう可憐なのも好き。

少し走って、ふと相棒バイクのメーターを見ると、ガソリンが「E」に!

あっ、ガソリン入れるの忘れてた! やばい。

すぐバイクを停め、Googleマップで近くのガソリンスタンドを探す。

1.8kmのところにJAのSSがある。よっしゃー! この距離なら何とかなるだろう。
念のため電話。着いたら休みだった、ということがあるからだ。ガソリンの無駄使いはしたくない。

営業中なのを確認。ヒヤヒヤしながらJA SSに向かう。

プスン、プスン、、、。プスン、プスン、、、。あと、200mというあたりでエンジンが息継ぎを始めた。あっちゃ~。

プスン、、、
あと140mなのに。

正面にSSの建物が見える。

まあいいや。140m押すくらい楽勝だ。

と思ったら、わずかに上り坂。荷物を満載した相棒は重い。
5分ほどかけてSSに到着。

どうしたんですかあ~。

若いお兄さんが走って近寄ってきた。

いやあ、もうちょっとだったのに、そこでガス欠。
レギュラー満タン、カードで。

4リットルのガソリンタンクに4.25リットル入った。
一滴も残っていなかったのは間違いない。

でも、まあ、140m押すだけですんだというのは幸運だ。運の良さに乾杯!

Googleマップにも助けられた。なかったら最短距離のガソリンスタンドを見つけるのは至難の業だ。Googleマップに乾杯!

まあ、乾杯するのは夜だけどね。

満タンになればこっちのもの。ガンガン走って鹿児島湾に出る。

桜島が霞む。岸辺ではなぜか今ごろススキが揺れていた。

鹿児島市に向かって、湾沿いの道を走る。

と、、、大好きな廃墟系不思議建造物が出現、、、

何だかわからないが、相棒バイクと記念撮影。

向かって右に進むとお店らしき建物が、、、

人の気配はない。営業中なのか?

中に入る勇気はなかった。

からあげにこだわりがあるようだが、、、

1440 鹿児島市に到着。

桜島。さっきとはすいぶん形が異なっている。

見ていたら、無性に登りたくなってきた。
九州一周は桜島登山から始めることにしよう。まだだいぶ先の話だが。

沖縄行きのフェリーには明日の夕方乗船なので、今日は鹿児島市泊まり。
フェリーでは熟睡できなかったので、早めに寝ることにしよう。

【本日のデータ】
カブのガソリンタンクには4.25リットル入る。

2019/3/22 大阪は面白い、フェリーの中も面白い(D125)

今日は和歌山市から大阪まで走って、鹿児島志布志行のフェリーに乗る予定だ。

和歌山市から北上して海にぶつかったところに、みさき公園がある。そのすぐ隣のコンビニに寄る。

そこのトイレの貼り紙。

「失敗は清掃のもと」

いいね!
「清掃のもと」は「成功のもと」と掛けているのだが、従業員の本音ここにあり、、、という感じで面白かった。

大阪市に入る。

いきなり大阪らしい(あくまでイメージや)風景に出くわす。

りんくう プレミアム アウトレット ビレッジ。

何が大阪らしいかって?

この風景 ↓

とても不自然な整い方のビル群。そしてチープ感。もしかして、ばったもん?

よく見たら、なんと予想が大的中! 上の写真の赤丸のところをアップで見ると、、、

ビルの外壁は張りぼてでした。撮影のセットみたいなやつ。

中に入ると、まあ確かにアウトレットモール。

売ってるのは全部ばったもん? と心の中で突っ込みを入れた私です。

大阪まで走る途中、寒かったので登山用のダウンとレインコートを着込む。
今回の日本一周では登山ウェアが大活躍だ。

鹿児島から沖縄までの船旅は24時間もあり退屈しそうだ。退屈だけは我慢できない性分なので、あべのハルカス(天王寺駅前)のジュンク堂書店に寄って本を買うことに。

30分ほど探して買ったのはこれ ↓

10年ぐらい前に量子コンピュータというものを知ったのだが、科学者の突拍子もない仮説だと思っていた。しかし、ここ数年で急速に実用化されてきた。遅まきながら仕組みだけでもきちんと理解しておきたい。理解の基礎となる素粒子物理学には昔から興味があり、一般書は20~30冊ほど読んでいる。もし、鹿児島から沖縄までの24時間で理解できたら凄い!はずなのだが、、、

あべのハルカスの裏手に相棒バイクを停めたのだが、脇の飲み屋ビルの壁に描かれていたキャッチコピーが面白かった。

2時間を駆け抜けろ。

一心不乱に食べて食べて食べ抜けるのかあ~
じゃあ、まず胃を鍛えないとね。

同じビルの壁。上のキャッチコピーのすぐ隣。
勝男なのにカツじゃないのか!
ハイボール150円、生ビール ※発泡酒ではございません 180円。
おお、安いね! 1杯の量はわからないけど。

その隣のビル。
植物と鳥小屋で囲まれている。

うわっ、キジに睨まれた!

コジュケイもいる。

烏骨鶏(うこっけい)。一心不乱に餌をついばんでいて、振り向いてもくれない。

説明書が下げてある。ウ~ム、お主、ただ者ではないな。

は~い、私ですぅ~。

こんにちは~。烏骨鶏って、珍しいですねぇ。

まあな。△〇%$&#◇で、あれは知り合いに貰った△〇%$&#◇。これが娘の△〇%$&#◇。

話が面白くて30分ほど立ち話。大阪には面白い人が多すぎる。

さあ、急がないとフェリーに間に合わない。
ということでフェリー乗り場に一直線。

1600 フェリーさんふらわあターミナルに到着。

1630 乗船。

1730 入浴。

1800 飲み&食事しながらロビーでブログ書き。

写真の右半分が私のスペース。4人分を占有。
危険そうなオジサンに近寄るのは無邪気な母子だけ。
ノートPCの脇には、いなり寿司と日本酒。椅子の上には天婦羅。あべのハルカスで買ったやつ。

すると、目の前の吹き抜けの天井にプロジェクションマッピングが始まった。

さんふらわあ号の扉からスタート

いきなり宇宙空間

と思ったら水中。ウミガメとサメがランデブー。

今度は恐竜。食べられるぅ~! 周りの子供たち大はしゃぎ。

空飛ぶ恐竜。

宇宙空間を漂う飛行士。

フェリーさんふらわあ、のロゴ

道頓堀の風景360度版。有名なグリコの広告がポイント。

太陽の塔。

ずっと見上げて写真を撮っていたので、首が疲れた。

大阪も船内も予想以上に楽しかった。
おやすみなさい。

【本日のデータ】
フェリー料金:12,700円

2019/3/21 徳島到着、フェリーで和歌山市へ(D124)

1330 徳島へ到着。
昨日、有明からフェリーで出発したのが1930だから、ちょうど18時間だ。

入港直前のフェリー船首からの眺め

1400 フェリーターミナル近くの中華料理店で中華丼(大盛)を食べる。

1500 近くのイオンモールで歯間ブラシ(10本セット)を購入。

1545 徳島市へ向かうフェリーに乗船。

1630 出航。

波の上を飛ぶたくさんのカモメたち。波立つとなぜカモメが集まってくるのだろうか?
波間に漂うブイが陽に輝いていた

1830 和歌山市に到着。

2100 晩酌しながら夕食を食べながらブログ執筆。

今日は早く寝ます。おやすみなさい。

【本日のデータ】
フェリー運賃:2,000円(大人)+1,300円(原付バイク)+300円(燃油調整金)=3,600円

2019/3/20 後半戦スタート 迷った末に有明からフェリー(D123)

庭の杏が満開になった。

出発前日、記念撮影。

この杏は、小学校の卒業記念にいただいたもの。直径3cmほどの細い苗木がよくここまで育ったものだ。

満開の杏に見送られながら、後半戦スタートです。

後半戦は、沖縄から北上、ということは決定済みだったのだが、、、
問題は、いったん沖縄まで行くルート。
沖縄へ行くフェリーは鹿児島から出ている。迷ったあげく、前半戦とのつながりは無視し、有明から鹿児島までフェリーを乗り継いでいくことにした。

こんな感じ ↓

まず有明から徳島へ
徳島から大阪へ
注:原付バイクでは淡路島経由で大坂に行けない。淡路島へ渡る道路が自動車専用道路なのだ。原付ってこんなとき不便! しかたなく、フェリーで和歌山市に渡り、そこから大坂に行くことに。それでも岡山のほうからグルっと回るよりは早い。
大阪から志布志(鹿児島)へ、そこから相棒バイクで鹿児島市へ
鹿児島から与那国島へ

1430 自宅を出発。254経由で市街地を走る。楽しくないが我慢。

1650 有明に到着。予定通り2時間20分。意外にスムーズだった。
コンビニで買い物。船室に持ち込む荷物をまとめる。

1830 乗船。

1900 入浴。広くてきれいなお風呂だ。

1930 出航。ドタバタしていて港の風景を撮る余裕なく、写真なし。

2030 夕食を食べながら宿を予約。夜はフェリー泊が多く、6日間の移動中、宿は3日だけ。

2330 おやすみなさい。

【本日のデータ】
フェリー料金:12,660円(二等洋室大人)+5,800円(原付バイク)=18,460円

【本日の計画:沖縄までのルート】
自宅(川越)
↓ 相棒バイク (60km、2時間30分)
有明
↓ フェリー(700km、18時間)
徳島市
↓ フェリー(60km、2時間)
和歌山市
↓ バイク(70km、2時間30分)
大阪市
↓ フェリー(600km、15時間)
志布志市(鹿児島県)
↓ 相棒バイク(90km、2時間30分)
鹿児島市
↓ フェリー(850km、25時間)
那覇
↓ 飛行機(400km、1時間10分)
石垣島
↓ フェリー(130km、5時間)
与那国島(出発点)