7月26日(木)54日め 霧多布湿原でバイク番長とカヌー

(お詫び)7月分の通信量制限のため昨日まで写真をアップロードできず、写真無しで公開してしまいました。8月になったので写真が追加できました。

今日は霧多布湿原でカヌー。民宿ご主人のカヌー&ご指導つき。参加者は、民宿に泊まったご夫婦(夕食にはいなかった)、バイク番長、私。

車の屋根にカヌーを載せて出発。15分ぐらいで湿原の入り口に着く。

道路からカヌーを岸に降ろす。

ご主人がカヌーを水辺に降ろす。

ご夫婦とご主人は3人でカナディアンカヌーに。

バイク番長と私は一人ずつカヤックに。

(注)カヌーやカヤックには疎い。ここをクリックして参照してください。

最初は恐る恐る。空には強いが水には弱い。なかなか緊張が取れない。

写真など撮っている余裕なし。

1時間ほど海の方へ下ると幅が広くなる。

バイク番長と私のツーショットをご主人に撮っていただいた。

少し余裕ができる。最後に付いて漕ぎながら、ときどき撮影。

Uターンして戻る途中。

だんだん幅が狭くなる。

緊張したが楽しかったと言えなくもない。

う~ん、水遊びは微妙だ。

出発前にご主人とお母さんと一緒に記念撮影。

どう? 美人でしょ。性格の良さが顔に出ている(と思う)

さて。天気予報では明日は雌阿寒岳に登るチャンスかもしれない。

とりあえず、阿寒湖温泉に宿を取る。明日天気が良ければラッキーだ。

まず、霧多布岬に向かう。

展望台で出会ったバイク。

カワサキの6気筒。z1300。

エキパイが6本、横に並んでいる。ど迫力。

霧多布岬灯台と相棒のツーショット。ここに相棒を停めて歩く。

灯台に向かう道の両サイドは花でいっぱい。

灯台の脇を抜け、岬へ向かう。

岬に着くとカモメがお出迎え。

花と波しぶきの饗宴。

さて戻るか。

霧多布岬も花に囲まれたいいところだ。

岬をあとにして走ると昆布干しの風景が。

干すんですか、と尋ねると、いいや、切るために広げてるの、という。

隣のエリアでは切った昆布を束ねて車に積んでいた。

厚岸(あっきし)の漁業協同組合直売所で昼食。

バイク番長から、安いよ~、と聞いていた。

確かに安い。

欲しいものを言って、お刺身にしてもらえる。電子レンジもあるので、牡蠣やホタテはチンしてもいい。

今回はこれ。

ホヤ(小さめ)、赤つぶ貝、ほっき、マルえもん(牡蠣)3Lサイズ2つ。ご飯のパックも販売している。

峠を越えて阿寒湖に向かうと、、、

(たぶん)雄阿寒岳(おあかんだけ)が幻想的に出現。

いい締めくくりだ。

【本日のデータ】

ゆめぴりか(ご飯):130円
赤つぶ貝(中サイズ):200円
ほっき貝(中サイズ):200円
ほや(小さめ):315円
マルえもん(牡蠣)3Lサイズ:180円×2個=360円
お刺身手数料:50円×3個=150円
合計1463円(税込)

7月25日(水)53日め 霧多布の民宿で盛り上がる

中標津(なかしべつ)から霧多布(きりたっぷ)へ。

今日はここで川越の知人と落ち合うことになっている。弟の友だち。向こうは私を「お兄さん」と呼んでいる。オレはあなたのお兄さんじゃない、と思うが、弟のお兄さん、という意味だろうからダメとも言えない。

弟の属するバイクツーリングクラブに誘われて一緒にツーリングに行ったりしている。

中標津への移動はごく平凡。特に写真は無し。

夕方、無事に知人と再会する。バイクが好きで詳しい。運転もうまい。おしゃべりが大好き。誰とでもすぐ仲良くなる。人が集まるとすぐ仕切る。

なので、携帯に「バイク番長」で登録してある。まだ、面と向かってそう呼んだことはないが。

夕食は、民宿ご主人が握るお寿司。近くで獲れたネタが新鮮で美味しい。ほっぺが落ちそうだった。グルメレポートはしない方針なので残念だが省略。満腹になるまで食べた。

一緒に泊まっていた人たちとみんなで雑談しながら和気あいあい。

ご主人のお母さん(82歳だったかな?)が優しくて美人。美人には目がないので食べながら生い立ちなどをうかがう。

生まれは東京。小さいころ家族でサハリンに渡る。戦争が始まって信州へ。そこでタイプライターの専門学校へ通う。就職で東京に出る。東京で結婚して子供ができる。その子が農工大に入ったので喜んでいたら、2年生で中退して霧多布へ移住。民宿を始める。旦那さんが亡くなったあと息子が暮らす霧多布へ。そして現在に至る。ざっとこんなストーリー。NHKのドラマになりそうだ。

大いに盛り上がって記念撮影。

はい、みなさん、そこに集まって~。10秒後に3枚連続してシャッターが切れま~す。カシャ、カシャ、カシャ、っていう感じね。ぜんぶポーズを変えてね。

注文の多い写真屋さん。

で、ベストショットがこれ ↓

向かって左から、バイクで来たお客さん、私、バイク番長、民宿の奥さま(写真は奥さまが一番可愛く撮れているやつですよ)、(そのうしろが)仕事で来たお客さん、昆布販売で大儲けしているおねーさん、(赤いエプロンが)民宿のご主人。

あれっ、美人のお母さんがいない。だいぶ夜遅かったから寝たのかも。

おやすみなさい。

【本日のデータ】

民宿は個性豊かだ。

7月24日(火)52日め 霧の中、知床五湖めぐり

2日前はヒグマが出て中止になったので、今日のツアーに申し込んでおいた。

2日前と同じガイドさんだ。ガイドさんから名刺をもらってあったので、直接連絡をして予約した。

9時50分出発なので、余裕をみて9時ごろにフィールドハウスに着く。

時間があるので展示を見て回る。

平成23年度から5月10日~7月31日はガイド付きツアーだけが五湖全周コースを回れることになったとの記載がある。

最初は、観光客からお金を取るためのシステムだ、と考えていたのだが、これだけヒグマが出ることがわかって考えを改めた。

ガイドさん無しで自己責任だと、ヒグマが出ても引き返さないで襲われる、ヒグマを写真に撮ろうとして近づいて襲われる、鈴などを持たずにヒグマにばったり出会って襲われる、など、被害があとを絶たないだろう。というか、最初の被害が出た時点で立ち入り禁止になるだろう。

知床五湖は利用調整区域と言うらしい。吉野熊野国立公園もそうだ、という記載がある。熊野古道があるところ。ここも歩こうと考えていたので参考になる。何も手配せずに行くと歩けないことになりそうだ。事前調査が必要だ。

歩くコースが分かる。下のほうから反時計周りで、5湖、4湖、3湖、2湖、1湖と回る、とある。ところで「五湖」じゃなくて「5湖」でもいいの? 細かいことは気にしない、のか?

湖の名前なんだから漢字で「五湖」じゃなくちゃダメでしょ。「五木ひろし」を」「5木ひろし」って書いたら怒られるよ。

ということはさておき。ツアーが始まった。

最初は映像での解説。これで2回目。

ガイドさんのヒグマ出没状況説明。

ホワイトボードはこんな感じ。ほとんどコース全体に出現。

ヒグマからしたら、

おめーらがおれたちの縄張りに勝手に入って来てるんだろ! どこに行こうがオレの勝手だ!

ということだろう。

そのとおり! 反論できる人間はいない。

では縄張りに入らせていただきます。すみませんね。という気持ちで最後の注意を聞く。ラジャー。

出発直前。ガイドさんが無線で問題ないことを本部に確認。

いざ出発。小学生4年生の女の子がお父さんと一緒に来ていた。その前の二人はラブラブ(らしい)カップル。

歩道を進むとこんな光景が。

芸術的なクモの巣。アンドロメダ大星雲333みたい。

水芭蕉。ヒグマの大好物。お芋系なので根を食べる。

ヒグマが食べた痕跡。

さらに進む。私のすぐ前が女の子のお父さん。

ここにも水芭蕉が。ヒグマの出没地点の一つ。

倒れた木の根で、千手観音ごっご。

さて、これ ↓ は何でしょう? 木の皮の状態に注目。ひっかき疵がある。

そう。ヒグマの爪あと。気を登ったときのやつ。これも ↓

爪あとがあちこちにある。

ヒグマの解説を聞きながら五湖に着く。

記念撮影。それじゃ、十湖になっちゃうよ、とガイドさんにからかわれた。確かに。

ヤゴから羽化したトンボ。だいぶ大きくなっている。羽化したての小さいのも撮ったのだが、、、近寄りすぎてピンボケだった。

ここにもヒグマの爪跡。隣の木に生えたキノコを食べに登った、との解説。

四湖に着く。霧でよく見えないので湖の違いがわからない。

見えなくても記念撮影は欠かせない。

脚で4を描いてみる。

蜘蛛の糸の銀河系。

やや上から。

真横から。

やや下から。まるで宇宙のようだ。

トトロのすみか。

すっかり上まで空洞。空が見える。

三湖に着く。

さらに進む。ヒグマの糞が路上にある。

ヒグマのウンチ姿ごっこ。頭にクマの耳を付けているのだが髪の毛がないので熊っぽくならない。

歩道上のあちこちにウンチがいっぱい。専門家が分析するので踏まずに残しておく。

先へ進む。

上は、以前にガイドさんがヒグマと出会ったところ。

この紫の花が好物らしい。みな食べられてしまい、残っているのは珍しいそうだ。

ここはまだ三湖。周りをグルっと回っているのだ。

湖の中の島が現れる。霧があるので幻想的。これはこれで乙なもの。

二湖に出る。

一湖だ。

高架木道が現れる。

ここに電流が流れているから触らないね、とガイドさん。

高架木道に登る階段の前には鉄の扉がある。

入って振り返ったところ。こっちから外へは出られないルール。

回転バーを通り抜けて高架木道へ出る。

ここから高架木道を歩いたのだが、初日と重複するので省略。まあ、霧で何も見えないので省略するしかない。もちろんヒグマとの遭遇も無し。

終了後、売店で鹿肉チーズハンバーガーを購入。フツーに美味しかった。肉の違いがよくわからないのが悲しい。グルメレポートはしない方針と言ってきたが、やりたくてもできないことがバレてしまう。

羅臼経由で中標津(なかしべつ)へ向かう。

知床峠付近で鹿が現れた。さっき仲間を食べたばかりなので目が合わせられない。ごめんなさい。美味しかったです。

峠から羅臼にかけては、今日は霧が少ない。羅臼岳が姿を現した。

すごい迫力。記念に相棒とツーショット。

今日は中標津泊。

【本日のデータ】

知床五湖ガイドツアー:5000円

鹿肉チーズハンバーガー(コーヒーセット):550円

7月23日(月)51日め 羅臼で海と山の露天風呂!

羅臼には海の中に露天風呂がある、というので行ってみる。朝から露天風呂、というのも乙である。

羅臼町から半島の先端に向かって22km、30~40分走るとそこに着く。

瀬石温泉(セセキ温泉)だ。

写真右下に見えるのが露天風呂。確かに海の中だ。

鈴木なにがしの句碑がある。

露天風呂に秋めく浪のささと寄す

今は夏だが、まあ「夏めく浪のドウと寄す」とでもすればよかろう。

これが入り口。個人所有の温泉なので声をかけるのが礼儀だ。

付近の家を探したが誰もいない。出かけているのだろうから勝手に入ることにしよう。所有者が来たら事情を話せばいいだろう。

ということで家の陰で服を脱ぐ。もちろん全裸だ。プールではない。

木の階段で海岸に降りる。

岩風呂の向こうに遠くうっすらと国後が見える。

アップで ↓

振り返って道路側を見上げる。

遮るものは何もない。

この環境の露天風呂に入れるのは、羞恥心を無くした者だけが持つ特権だ。

入っているところを専属カメラマンが撮影してくれた。

潮が満ちてくると湯船が水没する。この時期は、干潮が午前6時ごろ、満潮が午後6時ごろ。今12時少し前なので半分ほど満ちたところか。

まだ湯船に海水は入り込んでおらず、下から湧き出た源泉だけで満たされているようだ。ちょうどよい湯加減。

最後まで所有者とお会いできなかったのが残念。

お風呂を使わせていただき、ありがとうございました。とてもいいお湯でした。

せっかくここまで来たのだから半島の先端に向けて行けるところまで行ってみる。

途中の相泊(あいどまり)温泉でスーパーカブで旅する人と出会う。20分ほどカブ談義。

この相泊温泉も海岸にあるのだが、小屋が作ってあり、外からは見えない。瀬石温泉ではなく、こちらに入る人が多い様子。みな羞恥心があるらしい。

例によって記念撮影。

そのあと少し走るとすぐ終点。

相棒はちょっと走り足りない様子だ。ま、引き返そう。

引き返す途中で昆布が海岸に干してあるのが目に留まる。

近くにいた生産者の方に声をかける。

すごいですねぇ。海にたくさんブイがありますけど、あの下にロープが下がっていて昆布が生えているんですか?

下に下がってんじゃないの。ブイとブイがロープで横に繋がっていて、そのロープに昆布が付いてんの。

最初はね。この細いロープで株を作るの。

仕事を中断して丁寧に説明をしてくれる。すごく親切なのでビックリ。

最初はね、こっちの細いロープで株を作るんだ。

これで1年かけて株を作ったら、太いほうでもう1年育てるの。昆布の養殖には2年かかるわけさ。

天然ものを獲りにいくのはこの船。小さくシンプル。

こいつを使って獲る。

こっち側が手で持つほう。

こっち側が昆布の根元に絡めるほう。先端。これを垂直に海の中にず~っと沈めて行くわけさ。深いときはパイプを継ぎ足すわけ。深さが10mぐらいになるときもあるよ。それで先端を昆布の根元に絡めて、手にもっているほうをグリっと回して絡めとるわけ。

うわっ、考えただけでもたいへんな作業ですね。

こっちへおいで。伸ばすところを見せてあげる。

と、向かったのがここ。この中にいろいろ設備があるようだ。

ここが乾燥室。ほら、中を見ていいよ。

すごい! 昆布で部屋が埋まっている。

どのくらいの時間乾燥させるんですか。

夜干して、次の日の朝まで。朝5時ごろ起きて準備して7時ごろから昆布を外して、そのあと昆布獲りに出て、夕方から夜は獲って来た昆布を広げて乾燥室に入れて、寝るのは夜2時ごろだ。ほとんど寝る間がないな。それが昆布の時期が終る11月末まで続くんだよ。たいへんだよ。

う~ん、たいへんな生活ですね。

こっちへおいで。平らに伸ばすところを見せてやるよ。

中では女性二人が昆布を機械に入れていた。これで平らに伸ばすのだ。この人が(たぶん)奥さん。

こちらの人が(たぶん)お母さん。一家総出だ(と思う)。

こっちは、養殖。

奥さんとおぼしき女性も親切に説明してくれる。

で、天然物がこっち。

ホントだ。パッと見て、全然違う! 大きいし、色が濃いし。立派だ。

天然物はこの下。

わざわざ重しをどけて板をめくってくれる。ほら、こうやって重ねて伸ばすわけ。

うわ、すごい。こうやるんですね。

ご丁寧にいろいろ教えていただき、ありがとうございました。仕事中にすみませんでした。

ほら、これをやるよ。小さくちぎって噛んでもいいし、出汁を取ってもいいし。

うわ、ありがとうございます。遠慮なくいただきます。

ということで、いただいたのがこれ。手のひら2つ分ぐらいある。

出発しようとすると、女性二人が干してあった昆布を片付けていた。

「いろいろありがとうございましたあ!」3人に聞こえるように大きな声でお礼を言って出発した。

う~ん、たいへんな仕事だ。

漂うブイを見る目がさっきまでとは少し変わった気がする。

さて、次は山の露天風呂に入らねば。

羅臼からウトロ方面に少し走ると熊の湯がある。

付近にクマが出没したから熊の湯。

いで湯橋。これを渡る。

渓流。さわやかだ。

渡り終わると、渓流に沿って少し下る。

まず女湯。建物に沿って進むと、、、

おおっ。おおらかな風景。まさに自然の中のお風呂だ。

着替え部屋。

熊の湯入浴十ヵ条。

4つめが面白い。「(例えば十人いるとして)二、三人が熱いと言ってもその人達には従わなくてもよろしいです」 多数決で決めてね、と。

ということで、ここでも記念撮影。着替えが終った人にお願いして撮っていただいた。

すぐ後ろの赤い管から熱い温泉が出ている。熱いのを我慢しているので腰が浮き気味。肩まで浸かれない。熱いのを我慢したせいか、少し健康になった気がする。

さて、今日はウトロ泊。これから半島を横断しなければ。明日は知床五湖散策に再挑戦するのだ。

知床峠は今日も霧。2日連続だ。

霧に包まれた公衆トイレ。黄色の貼り紙が気になる。

本当にヒグマが多いんですねぇ。

こちらは外国人向け。

少し走ると、霧で濡れそぼったキツネが、、、

バイクを停めて写真を撮っていると、トコトコとこちらにやってくる。

何ももらえそうもないのがわかったのか、悲しそうな目つきで草むらに消えていった。

【本日のデータ】

瀬石温泉:混浴。無料。朝~お昼ごろまでがおススメ。所有者がいたら声をかけること。

熊の湯:女湯は女性のみ。もう一方は混浴。ほとんど男性だけが入っているが、女性も歓迎。無料。

7月22日(日)50日め 知床五湖でクマに遭遇!?

網走から知床半島に向かう。知床五湖を回りたい。

途中で小清水原生花園に立ち寄る。

ハマナス。

向こうに見えるのはトウフツ湖(濤沸湖)

ちょうど、1日に上下線合わせて11本という電車がやって来た。釧網本線(せんもうほんせん)。網走駅と東釧路駅を結ぶ。ずっと赤字なので存廃が検討されているようだ。

昨日と似た風景が続く。

知床五湖フィールドハウスに着く。

現在の知床五湖はガイドツアーに参加しないと五湖すべてを回ることはできない。ヒグマが多く危険だからだ。ということでガイドツアーに参加する。

ツアーの前に10分間ほどのレクチャーがある。上は、最近いつどこにヒグマが出たかを説明するガイドさん。ホワイトボードに小さく描かれたクマの顔がヒグマ発見場所。ほぼ全域に顔が描かれている。

レクチャーを終え、さて出発というときに、中止の連絡が。一つ前のグループがヒグマに遭遇したらしい。今日のツアーはすべて中止になった。

残念!

外に出てみると、ツアー中止の黄色い張り紙が  ↓

せっかくなのでガイドさんと記念撮影。

高架木道を歩けば一湖までは行ける。行ってみよう。

(注)5つの湖それぞれの名前は、単純に、一湖、二湖、三湖、四湖、五湖という。

入り口の案内板。オレンジの線がヒグマの出没に関係なく歩けるところ。一湖まで続いている。

高架木道の脇に貼られた電線。常に電流が流れており、ヒグマが木道に上がらないようにしている。

反対側にも。

終点の一湖まで歩く。

終点にある一方通行出口。ガイドツアー参加者は、五湖→四湖→三湖→二湖→一湖と回るので、最後にここに来て、向こう側からこちら側に入ってくるのだ。

一湖を望む。

さて、引き返そう。

歩いてきた木道がずっと先まで伸びている。

引き返す途中で何やら人々が騒いでいる。ヒグマがいるらしい。

じっと目を凝らすと、、、いた!

耳が見えなければ岩と区別がつかない。一瞬見えたと思ったら、すぐに見えなくなった。

しばらくヒグマを探すと、、、いた!

はっきりと姿が見えた。大きい。

親子連れで三頭いたのだが、一番大きいのでお父さんだろう。

ガイドツアーは中止になったが野生のヒグマが見られたので、これはこれで良しとしよう。

【本日のデータ】

5月~7月はヒグマの活動期。5つの湖すべて回るにはガイドツアー参加が必須。

7月21日(土)49日め 雨の中、紋別から網走へ

朝から雨。

でも、網走へ行かねば。宿は予約してあるし、知床へ行くには先に進まないと。

井上陽水の「傘がない」を歌いながら、雨の中を黙々と走る。

♪ だけども、問題は、今日の雨。
♪ 傘がない。
♪ 行かなくちゃ。君に逢いに行かなくちゃ。君の町に行かなくちゃ。
♪ 雨に濡れ~

♪ 行かなくちゃ。ウトロの町に行かなくちゃ。羅臼の町にも行かなくちゃ。
♪ 雨に濡れ~

というわけで、写真は1枚も撮れず。ひたすら走った1日です。

【今日のデータ】

雨の北海道はムチャクチャ寒い。

装備(上半身):
肌着
登山用半袖シャツ
登山用長袖シャツ(冬用)
登山用セーター(カシミア)
登山用ダウンジャケット
バイク用ジャケット
登山用ウィンドブレーカー
登山用レインウェア

計8枚、これでも寒くて凍えそうだった。

7月20日(金)48日め 宗谷丘陵を経て宗谷岬へ

次の目的地は知床。できれば羅臼岳に登りたい。ここも百名山の一つだ。

羅臼岳は、行程が長い(登山地図では片道6時間)、雲がかかっていることが多い、ヒグマが出る、などの理由で、登山初心者が1人ではリスクが高いかもしれない。まあ、とりあえず行くだけ行って、現地で考えよう。

ということで、宗谷岬に立ち寄ったあと、太平洋側の海岸線を南下することにした。

宗谷岬に向かう途中で、こんな看板が目に飛び込んできた。

メガソーラーか。話には聞いていたが実物を見たことはない。

よし、見てみよう。

ということで全体が見渡せる場所を探しながら走る。

全体はほぼこんな感じ。敷地は広く、写真の左右にも続いている。

1枚のパネルがデカい。鉄条網が上端で2mぐらいの高さなので、それから推測するとパネルの短辺が5mぐらいか。長編は4倍として20m、5倍だと25mということになる。うちの近所にある、畳20枚ぐらいのとは規模が違う。

宗谷岬に近づくと陸側が丘陵地帯になる。丘陵には発電の風車が立ち並んでいるらしいので行ってみることに。

宗谷丘陵の入り口。

「宗谷丘陵周氷河地形」とある。周氷河地形は地中の水分が凍ったり溶けたりを繰り返してできる地形で、山の部分も谷の部分も緩やかなカーブを描くことが特徴だ。

で、こんな感じ。穏やかな起伏が続いている。

少し走ると風車が立ち並ぶエリアに出る。

入り口の看板にあった宗谷岬ウインドファームの風車だ。57基の風車がある。

風車を過ぎると牧場に出る。宗谷岬肉牛牧場だ。「宗谷黒牛」が飼育されている。

う~む、だんだんテレビレポーターっぽくなってきた。

写真左手前は牛の水飲み場。右上に小さく黒牛が1頭。

写真を撮っていたら上にいた黒牛が近づいてきた。

水を飲んだあと、こっちを向いて長い舌でペロリ。耳に付いているのは個体管理用のタグだ。

たくさんの黒牛がいるが、風が強いので皆しゃがんで(寝そべって? 伏せて?)いる。

風がメチャクチャ強い。油断をすると相棒のバイクごと吹き飛ばされそうになる。こうでなければ風力発電はできない。

丘陵から宗谷岬に出る道を進むと、宗谷岬公園が見えてくる。

公園にある「あけぼの像」。左下に小さく「日本最北端の地の碑」が見える。

あけぼの像は北海道の酪農の夜明けを象徴しているという説明がある。畑作から酪農に転換するのは並大抵の苦労ではなかったろう。

上は公園内の公式な建造物の案内図。いろいろな碑や鐘や台や楼がある。

そこには記載がない建物がこれ ↓

間宮堂。ホタテラーメンで有名な店だ。

芸能人が多く訪れている。まあ、テレビ的には絶好の対象だ。

ホタテラーメン(塩)(普通盛り)

フツーに美味しい。グルメレポートはしない方針なので、以上。

間宮堂って間宮林蔵から取ったんですか? と尋ねたら、いいや間宮海峡から取ったの、という答えだった。

間宮林蔵が見つけたから間宮海峡なのだから、元は間宮林蔵だろうと思うが、
間宮林蔵→間宮堂、と
間宮林蔵→間宮海峡→間宮堂、とは違う、ということですね。

ちなみに間宮海峡の位置はここ ↓ 写真の左上。

「日本最北端の地の碑」と「間宮林蔵の立像」と相棒とのスリーショット。

間宮林蔵は間宮海峡の発見者として有名だが、実は江戸幕府の御庭番(おにわばん、政治の陰で動く忍者)でもあった。漫画『新・子連れ狼』では、大五郎の敵として間宮林蔵が登場する。像を見ながら漫画に登場する間宮林蔵を思い出して楽しかった。

(注)新・子連れ狼は、父の拝 一刀(おがみ いっとう)が亡くなったあと、息子の拝 大五郎(おがみ だいごろう)が一人で生き抜いていく物語。面白い。大五郎が賢すぎるのが欠点か。

日本最北端の地の碑から右に20mほど歩くと「宗谷岬音楽碑」がある。

ボタン(写真右下)を押すと、スピーカー(写真左上)から歌と音楽が流れる。

流水とけて 春風吹いて
ハマナス咲いて かもめも啼いて

フォーク調のゆったりしたいい曲だ。歌っているダ・カーポもいいグループだ。「結婚するって本当ですか」も好きな曲だ。ちょっと切ない、キュンとなる曲。

さて先を急ごう。今日は紋別泊まり。180kmちょっとある。

と、その前に、ガソリンを入れなくては。まだガソリンは半分以上残っているのだが、どうしてもここで入れないといけない理由があるのだ。

それがこれ ↓

日本最北端給油証明書。のようなもの。

宗谷岬にきてこれを貰わなかったらライダーとして恥ずかしい。 と言われているとかいないとか。

風が強い。吹き流しは真横になってバタバタとはためいている。

相棒ごと吹き飛ばされないようにバランスを取りながら走る。走る。走る。

風車を横目で見ながら走る。走る。走る。

パーキングシェルター。ドライバーが一休みできる。特に冬は助かるだろう。

自販機、トイレ、電話がそろっている。

でも、こっちは休まずに走る。走る。走る。

一直線に伸びた道。北海道の道のイメージがこれだ。

牧草地に出る。

そこでは牧草を梱包する風景が。

円柱状の牧草を白いシートで巻き始めたところ。牧草の周囲を機械がグルグル回転してどんどん巻いていく。

グルグルと巻き続ける。牧草が見えなくなった。

巻き終わると白いシートが切断される。上がその瞬間。白い梱包の左側がパンッと跳ねているのが分かるだろうか。切断されたシートの端っこだ。

巻かれた牧草が地面にゴロンと投げ出され、機械は次の牧草へと向かう。

さて、こっちは紋別へと向かおう。

乳牛がいる。強風対策なのか寝そべっているのが多い。手前の牛が、何だこいつ、という顔でずっとこちらを見ていた。写真を撮るとあわてて目をそらす。ちょっとシャイなやつ。

ベニヤ原生花園に立ち寄る。時間はないが、まあ、着くのが遅くなるだけだ。

ノハナショウブ(野花菖蒲)が見ごろ。栽培されている花菖蒲の原種だ。

群生している。

こちらはコウリンタンポポ(紅輪蒲公英)。ヨーロッパ原産の帰化植物。ということは元外来種? 長い時間が経つと帰化したとみなされるのだろうか?

出発しようとしたときにスクーターに乗ったライダーがやってきた。何となく話をしていると、なんと相棒カブのカスタムをお願いした岐阜のバイク店のすぐ近所だという。

オレもね、カブのカスタムの見積もりをとったことがあるの。頼まなかったんだけどね。クロスカブ風にしてるのか。ちょっと写真撮らせて。帰ったらバイク店に行って、こんな人と北海道で会ったよって話すから。覚えてるかな?

ということで、例によって記念撮影の2+2ショット。バイク店のご主人とおねーさんによろしくね。きっと覚えていると思うよ。

さあ、急がねば。

そろそろ紋別、というあたりでこんな光景が。ここまで来ればもう余裕だ。写真撮っておこう。

刈った牧草を、機械の後ろの回転する爪状のもので集めて、山脈状にしている。

正面から見たところ。機械に向かって右側に牧草が集められているのがわかる。

集めた牧草をグリーンの箱が飲み込んでいく。黄色い部分が飲み込み口だ。

一杯になると、パカっと開いて丸めた牧草を地面に落とす。なるほど。

今日は「牧草の束ができるまで」を学べてよかった。学ぶ順序は実際とは逆だったけどね。

【本日のデータ】

ホタテラーメン(塩、普通盛り):900円(税込)

日本最北端給油証明書(のようなもの)+ ガソリン1.6L:251円(税込)

7月19日(木)47日め 稚内散策

昨日、利尻富士に登ってバテバテなので、今日は稚内に渡ってのんびりしよう。

ということで、フェリーで利尻島から稚内に渡る。

フェリーには、大学を休学してスーパーカブで旅する若者とか、オフロードバイクに乗るアラサー女性(一人旅)とか、いろいろな人がいて、けっこう話もしたのだが、疲れていて写真を撮るのをすっかり忘れていた。ということで省略。

稚内に着いたら、鉄道マニアならまずここに行く、というところに行く。

稚内駅の「日本最北端の線路」

稚内駅構内を通過してさらに少し北まで伸びている。

というのはJRの旅行客用サービス。もちろん、本当にここまで列車が来るわけではない。ここは黄色がポイントのツーショットなのだ。

次は、ちょっと走って「稚内港北防波堤ドーム」へ行く。歴史的なことは省略。上をクリック/タップしてウィキペディアを参照してね。

ローマ風のデザインがいい。右のフェリーと左の照明もいいでしょ? 撮影地点を決めるのに10分ぐらいかかった貴重な映像(笑)

稚内で一番興味深かったのはこれらの標識 ↓

3つに共通する稚内だけの特徴がある。もちろん地名以外で。

さて、それはなんでしょう?

↓ 3

↓ 2

↓ 1

↓ 0 日本語と英語に加えて、ロシア語が記載されている、ということ。

商工会議所の壁にも。ロシアとの繋がりが深ったことがわかる。

観光客向けではない、生活に溶け込んだ風景がいい。

これもそう。観光客向けではない風景。一時的に使わないので陸に上げてある。なかなかいい顔なのでツーショット。

これもそう。2隻の間でご満悦。

これもそう。「3あ運動」というネーミングがいい。あいさつ、あんぜん、ありがとう。多くの大人がすっかり忘れている言葉だ。

最後に野寒布岬(ノシャップ岬)灯台とツーショット。

昨日の疲れが抜けないので15時に宿にチェックイン。

おやすみなさい。

7月18日(水)46日め 利尻富士に登る

昨夜は、フェリーターミナルのある鴛泊(おしどまり)の宿に泊まった。登山口は近くにある。

0615 コンビニで飲み物と食料を買い、登山口の北麓野営場(ほくろくやえいじょう)に向かう。

0625 到着。登山準備を開始。

このとき、うっかりして食料を地面に置いたのが失敗だった。

バサッと羽音がしたのでそちらを振り向いたら、カラスがアンパンを咥えて飛び上がったところ。アンパンを咥えて「へへ、間抜けなやつ」という顔をしてこちらを見ながら飛び去った(ような気がする)。

これがそのときと同じアンパン。

朝食を取られてしまった。地団駄を踏んでも後の祭り。朝食は抜きだ。

ここから出発。ヒグマ対策の鈴は昨日買った。青銅製で澄んだ良い音がする。少し響きすぎてうるさいが、そのほうが効果はあるだろう。

15分ほどあるくと「甘露泉水」がある。日本百名水。入れ物がないので素通り。

少し行くと3合目。標高270m。

そのちょっと先には姫沼への分岐点。姫沼もなかなか良さそう。登山をしないならこちらを歩くのがいいかも。

登山道を40~50分進むと4合目「野鳥の森」。標高390m。ここまではなだらかな歩きやすい道。

先へ進む。石は増えるが普通の登山道が続く。

さらに40~50分ほどで5合目「雷鳥の道標」。標高610m。

振り向くと礼文島が見える。

さらに登る。木々の間からときどき山頂が顔をのぞかせる。山頂が見えるとがぜんやる気が出る。目標地点がはっきり見えるのはいいものだ。

登るにつれて礼文島を見下ろす角度が変わる。登りながら何度となく見るが、飽きない。

6合目「第一見晴台」に着く。標高760m。

あまりに景色がいいので、パノラマ写真を撮ってみた。拡大して大きな画面でご覧ください。

礼文島のアップ。平らな島なのがよくわかる。

7合目「胸突き八丁」。標高895m。ここからもっと急になるわけだ。まあ、覚悟はしている。

急なので下を向いて黙々と登っていたら、木の枝に頭を思い切りぶつけてしまった。

その枝がこれ ↑ コブができたらしい。頭が少し膨らんでいる。押すと痛い。

同級生の登山の師匠に「下ばかり向いているとダメ」と教わったが、まったくその通り。師匠! 大事な教えを再認識しました。

ここまでは、一休みするたびにチョコレートを食べてエネルギーを補給してきたのだが、今回は金平糖を食べることにする。

「幸せを呼ぶ金平糖入り」と書かれた赤い紙袋。その中に白い袋が入っていて、金平糖はその中だ。金平糖を撮影するのは時間がかかるので袋だけ撮影。

金平糖を食べながらふと見上げると飛行機雲がどんどん伸びていく。あわててシャッターを切る。

何とかうまく撮れた。上の写真をクリック or タップして拡大すれば機体がはっきり写っているのがわかる。

こんなことで喜んでいるんだから単純ですねぇ。と言われるのは覚悟の上。人間は単純でいいのだ。

さらに登ると第二見晴台。八合目はまだ先だ。

標識の側面には行程時間情報が書かれている。ここまで180分ということだが、200分ほどかかっている。遅れ気味ということだ。山頂まで130分では無理だろう。150分はかかると考えたほうがいいだろう。頑張らねば。

どのくらいの角度なのか知るために左の稜線を撮影してみた。

40度ぐらいか? 道はあまり蛇行せず、ほぼ一直線に頂上へ向かっているので、ほぼこの角度で登っていることになる。

振り向くと礼文島が見える。ホッとするひと時。

はあはあと息を切らしながら8合目「長官山」にたどり着く。標高1218m。ここが山という意識はなかったが、マップを見ると確かに「長官山」と記載されている。

あと2合。まだまだ先は長い。

少しなだらかな道が続く。つかの間の休息だ。遠く避難小屋の赤い屋根が見える。

避難小屋に着く。朝食抜きなのでバテるとまずい。オニギリを1つだけ食べることにする。たらこにしよう。残りは鮭だ。

食べて少し元気が出た。はあはあと息をしながら黙々と登る。

やっと9合目。いや、ついに9合目。標高1410m。携帯トイレブースがある。トイレではない。持参した携帯トイレを使う場所だ。使ったものは自分で持ち帰る。

さあ、ここからが正念場だ。

下山する人とすれ違う。道が狭いのでどちらかが待って譲り合う。

バテバテの人が岩の上で休んでいた。声をかけると、もうこれ以上無理なので、引き返すと言う。せっかくここまで来て、と思う。だが、この先がどれだけきついのか見当がつかない。その判断が正しいかもしれない。

(注)結果的にその判断が正しかったと思う。ここから頂上へ行って、またここまで戻るのに3~4時間かかった。あの様子では無理だったろう。

この地点での傾斜はこの角度。

右側の斜面。

左側の斜面。

さらに登ると崩れやすい土になる。試験的な補修をしている、との標識がある。

上のほうにV字形に切れ込んだ部分がある。あそこを越えると頂上はすぐだ、と下山者が教えてくれた。

V字形のところで下山者とすれ違う。慎重に動かないと土が崩れてズルっと落ちる。

後ろを振り返るとこんな風景。さすがにちょっと怖いかな。

崩れを防ぐいろいろな工法を試しているようだ。

根雪の脇を通り過ぎる。

黄色い花が咲いている。たぶんボタンキンバイ。利尻山上部に咲く固有種、ということだ。

この地点では左右はこんな感じ。

 

登るほど急になっている。

もう少しだ。この岩を越えれば、、、

見えた! あれが頂上だ。

狭い稜線を通る。右側を見下ろすと、、、

12時35分、頂上(北峰)到達。標高1719m。6時50分出発なので、5時間45分かかったことになる。

神社の左手に見えるのはローソク岩。

周囲360度が見渡せるパノラマビュー。

神社の裏。西側。

北側。礼文島が見える。

東側。正面やや右手に稚内が見える。

南側。先に見えるのが本峰。標高1721m。

登山地図に「ルートが崩壊して危険なので行かないように!!」とある。「社のある北峰を山頂としている」とのことなので、ここまででいいだろう。

例によって記念撮影。石の間から礼文島が少し顔を出している。

残り1個のオニギリ(鮭)を食べる。最高に美味しい。

1300 出発。ゆっくり休んでいる時間はないのだ。

下りながら見る礼文島も素晴らしい。

避難小屋の赤い屋根が見える。この角度からだと登山道がよくわかる。尖っているのが長官山。確かに山だ。

少し下ったところから山頂を振り返る。うっすらと雲が流れる。

下りは4~5時間。延々と長い。

足がガクガクしてくる。気力で歩くしかない。

冷たいビールを思い浮かべる。夕飯は何にしよう? 登頂記念に奮発しよう! イクラとサーモンの二色丼にしよう。いや、筋肉増強のために肉のほうがいい。トンカツカレーか、焼き肉弁当にするか。

浜口なにがしの「気合いだ、気合いだ、気合いだ~」を真似して気合いを入れる。

気合いだ、気合いだ、気合いだ~。ビールだ、ビールだ、ビールだ~。

水を飲み切ってしまったので、スポーツドリンクゼリーを吸う。う~む、水の役目はあまり果たせない。

麓まで行けば甘露泉水がある。

名水はまだか、名水はまだか、気合いだ、気合いだ、気合いだ~、と繰り返しながら歩き続ける。

麓になるにつれ道は歩きやすくなったが、それにしても距離が長い。足がもつれる。だが、まあ、歩き続ければ確実に着く。18時前後には着けるだろう。何の問題もない。ただ疲れただけだ。

温泉とビールと夕飯のことを考えながら歩き、甘露泉水にたどり着く。

空になったソルティライチのペットボトルに名水を汲む。

うまい! 確かに名水だ。500mlを一気に飲んでしまった。

17:50 北麓野営場に到着。出発から11時間ちょうど。

【編集後記】

富士山の2倍くらい疲れた。11時間ほぼ休みなしというのは辛い。

腰を下ろしたのは避難小屋で1つめのオニギリを食べた5分間だけ。山頂でも座る時間はなかった。そのくらい休まず急いで何とか18時になる前に下山できた。

出発が遅くなったのが反省点だ。5時ごろ出ていればもっと休む時間が取れたはず。

一方で、天気が良く、雲も風もなく、最高の登山日和だった。

無神論者だが、神様ありがとう! と言いたくなった。

7月17日(火)45日め 再び桃岩展望台トレッキング、礼文から利尻へ

今日は、北端の船泊(ふなどまり)から南端の香深(かふか)に戻り、再び桃岩展望台トレッキングをしたあと利尻島に渡る予定。

朝、まず礼文空港に向かう。2009年から利用が休止されている空港はどんな様子なのか興味があった。

空港の少し手前で素敵な場所を見つける。

観光客はまったく来ない。

エゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)が群生している。ここは隠れたスポットの一つだと思う。ここだけの話ということで、内緒にしておいてください(笑)

礼文空港に着く。

予想通りの風景。それなりの手入れはしている様子。軍事的な存在価値があるからだと思う。

礼文島の北から南まで40分ほど走り、香深に着く。

下のマップは、右が北。反時計回りに90度回転させると一般的な地図の向きになる。

レンジャーハウスの駐車場にバイクを停め桃岩展望台に向かう。10分もかからない。

桃岩は礼文島に着いた日に見たので、さっと通過して少し歩くとこんな光景が。

外来種の植物を見つけ出して駆除しているとのこと。数名の方が年間を通してずっとこの作業を続けているらしい。気が遠くなりそうだ。

これが駆除した外来種。植物の名前を聞いたのだが忘れてしまった。

元地灯台へ向かう。軽いアップダウンの丘陵コースだ。見晴らしが素晴らしい。

進むごとに丘陵の景色が変化する。

雲が少し晴れて、利尻富士の裾野が見えてきた。

道はよく整備されている。

階段の木材に雨水を流す切れ込みがあるが、その位置が一段ずつ変えてある。写真手前から、真ん中、左側、真ん中、右側、だ。こういう細かい工夫が素晴らしい。

すっかり晴れて利尻富士の頂上がくっきり見える。

灯台はもうすぐだ。

ほら、灯台が姿を現した。

利尻富士と灯台のツーショット。桃岩展望台からここまで2時間。花と景色が素敵な気軽なハイキングコースだ。礼文島で第一のお薦め。

一般的にはこのあと知床(しれとこ)まで歩き、バスに乗って香深に戻る。

上の写真の人たちがそれだ。中央に見えるのが知床。灯台から30分ぐらい。

さて、こちらは相棒の待つレンジャーハウスまで2時間かけて戻る予定。逆方向から見る景色も素晴らしいはずだ。

途中で出会った人に撮影していただいた利尻富士とのツーショット。

風に吹かれるエゾカンゾウ。だんだん風が強くなってきた。

花は3日前より少なくなっていて、寂しい感じ。たった何日かでずいぶん変わるものだ。

トレッキングを終えてフェリー乗り場に向かう。

するとこんな光景が。

稚内行きフェリーの出発を数人の男女が歌と踊りで見送っている。

おおっ、まだやっていた!

大学時代に礼文島に来たとき、自分が乗ったフェリーを同じように歌と踊りで見送ってくれた人たちがいた。今でもやっているのだろうか、どんな人たちなのだろうか、とずっと疑問に思っていたのだ。

船が岸壁を離れると、声をそろえて叫ぶ。

いってらっしゃーい。

いってらっしゃーい。

船のマストが見えなくなるまで、何度も叫ぶ。

いってらっしゃーい。

「また来てねー」ではなく、「いってらっしゃーい」というのがいい。ここがあなたの本当の地元なんだと。

船が見えなくなったあと、見送った人たちが終了の儀式をして、それも終ったので、リーダーらしき赤いTシャツの人に声をかける。

ユースホステル桃岩荘のペアレントと宿泊客だった。53年間続けているらしい。

次回はこのユースホステルに泊まろう。見送りにも参加したいし、見送りもしてほしい。

さて、こちらは利尻島行きのフェリーに乗る。

礼文島から利尻島までは45分だ。あっと言う間に着く。

利尻富士が見えてきた。

入港のときに船首が利尻富士に向く一瞬があるはず、と考えて、カメラを持って待ち構える。

フェリーが右旋回しながら港に入る。

利尻富士が右から左へすうっと動く。

ほらね。

ジャストタイミング。

一瞬のイベントは終わり、利尻富士は左へと去っていく。

利尻島に到着。

【本日のデータ】

桃岩展望台・元地灯台の往復時間:徒歩4時間

礼文島→奥尻島:フェリー45分