8月3日(金)62日め 青森へ1:天人峡から登別へ

8月5日に家族と青森で合流し、ねぶた祭を観ることになっている。相棒は大沼公園のペンションに預けて新幹線で青森に行く予定だ。

今日と明日の2日間で天人峡から大沼公園まで移動すればよいので、中間あたりの登別に1泊することした。

登別までは約270km、7時間ほどかかる。まあ、9時30分に出れば16時30分には着く計算だ。

0930 天人峡を出発。

黄色い花の群生に心惹かれつつ通り過ぎ、

トラクターでの農作業を横目で見ながら、

北海道らしい、だだっ広い畑を眺めながら、ただひたすら走る。

天気が良いので爽快だ。気分は上々!

ヒマワリ畑。花が小さい種類のようだが、一面に咲くとインパクトがある。

1車線の道を大型トラックがビュンビュン飛ばして追い抜きにくる。ボーっとしていると風圧で弾き飛ばされそうになる。怖い。

常にバックミラーを見ながら、トラックが近づくと抜かれるタイミングを計りながら左に避ける。道路の状況を把握しながら上手に抜かれることがうまくなった。

上り坂でないときはトラックに抜かれないようガンガン走る。と言っても平地で70km/h、下り坂で80km/hがMAXだが。

70kmでガンガン走っているときに、パトカーが道の脇の草むらに隠れているのを発見。あっ、と思ったときにはパトカーの目の前をヒューンと通り過ぎていた。

しまった!と思いながらスピードを落としたが、追いかけてくる気配なし。

しばらく走って制限速度の標識は立っていないことに気づく。

ということは、法定最高速度の60km/hまでOKだ。10km/hオーバー程度は見逃すのが通例なので、それか。あるいはカブなので60km/h以上で走っているようには見えなかったのか。

どちらにしても制限速度標識がない道ならフルスロットルでも捕まる心配はないことが確認できた。

1530 登別市内に入る。写真も撮らず走ったせいか、予定よりも早かった。コンビニを探してお弁当を買ってから宿に向かうとするか。

【今日のデータ】

走行距離:278km

走行時間:6時間

平均時速:46.3km

※例によって昼食は抜きだが、トイレ休憩時に登山用非常食を食す。

7月17日(火)45日め 再び桃岩展望台トレッキング、礼文から利尻へ

今日は、北端の船泊(ふなどまり)から南端の香深(かふか)に戻り、再び桃岩展望台トレッキングをしたあと利尻島に渡る予定。

朝、まず礼文空港に向かう。2009年から利用が休止されている空港はどんな様子なのか興味があった。

空港の少し手前で素敵な場所を見つける。

観光客はまったく来ない。

エゾカンゾウ(ニッコウキスゲ)が群生している。ここは隠れたスポットの一つだと思う。ここだけの話ということで、内緒にしておいてください(笑)

礼文空港に着く。

予想通りの風景。それなりの手入れはしている様子。軍事的な存在価値があるからだと思う。

礼文島の北から南まで40分ほど走り、香深に着く。

下のマップは、右が北。反時計回りに90度回転させると一般的な地図の向きになる。

レンジャーハウスの駐車場にバイクを停め桃岩展望台に向かう。10分もかからない。

桃岩は礼文島に着いた日に見たので、さっと通過して少し歩くとこんな光景が。

外来種の植物を見つけ出して駆除しているとのこと。数名の方が年間を通してずっとこの作業を続けているらしい。気が遠くなりそうだ。

これが駆除した外来種。植物の名前を聞いたのだが忘れてしまった。

元地灯台へ向かう。軽いアップダウンの丘陵コースだ。見晴らしが素晴らしい。

進むごとに丘陵の景色が変化する。

雲が少し晴れて、利尻富士の裾野が見えてきた。

道はよく整備されている。

階段の木材に雨水を流す切れ込みがあるが、その位置が一段ずつ変えてある。写真手前から、真ん中、左側、真ん中、右側、だ。こういう細かい工夫が素晴らしい。

すっかり晴れて利尻富士の頂上がくっきり見える。

灯台はもうすぐだ。

ほら、灯台が姿を現した。

利尻富士と灯台のツーショット。桃岩展望台からここまで2時間。花と景色が素敵な気軽なハイキングコースだ。礼文島で第一のお薦め。

一般的にはこのあと知床(しれとこ)まで歩き、バスに乗って香深に戻る。

上の写真の人たちがそれだ。中央に見えるのが知床。灯台から30分ぐらい。

さて、こちらは相棒の待つレンジャーハウスまで2時間かけて戻る予定。逆方向から見る景色も素晴らしいはずだ。

途中で出会った人に撮影していただいた利尻富士とのツーショット。

風に吹かれるエゾカンゾウ。だんだん風が強くなってきた。

花は3日前より少なくなっていて、寂しい感じ。たった何日かでずいぶん変わるものだ。

トレッキングを終えてフェリー乗り場に向かう。

するとこんな光景が。

稚内行きフェリーの出発を数人の男女が歌と踊りで見送っている。

おおっ、まだやっていた!

大学時代に礼文島に来たとき、自分が乗ったフェリーを同じように歌と踊りで見送ってくれた人たちがいた。今でもやっているのだろうか、どんな人たちなのだろうか、とずっと疑問に思っていたのだ。

船が岸壁を離れると、声をそろえて叫ぶ。

いってらっしゃーい。

いってらっしゃーい。

船のマストが見えなくなるまで、何度も叫ぶ。

いってらっしゃーい。

「また来てねー」ではなく、「いってらっしゃーい」というのがいい。ここがあなたの本当の地元なんだと。

船が見えなくなったあと、見送った人たちが終了の儀式をして、それも終ったので、リーダーらしき赤いTシャツの人に声をかける。

ユースホステル桃岩荘のペアレントと宿泊客だった。53年間続けているらしい。

次回はこのユースホステルに泊まろう。見送りにも参加したいし、見送りもしてほしい。

さて、こちらは利尻島行きのフェリーに乗る。

礼文島から利尻島までは45分だ。あっと言う間に着く。

利尻富士が見えてきた。

入港のときに船首が利尻富士に向く一瞬があるはず、と考えて、カメラを持って待ち構える。

フェリーが右旋回しながら港に入る。

利尻富士が右から左へすうっと動く。

ほらね。

ジャストタイミング。

一瞬のイベントは終わり、利尻富士は左へと去っていく。

利尻島に到着。

【本日のデータ】

桃岩展望台・元地灯台の往復時間:徒歩4時間

礼文島→奥尻島:フェリー45分

7月16日(月)44日め 礼文島で岬めぐりトレッキング

礼文島南端の桃岩トレッキングは初日に途中までやったので、今日は北端に移動して岬めぐりトレッキング。

上のマップで「岬めぐりコース」を歩く予定。

0820 相棒のバイクで浜中(はまなか)まで行く。ここからバスに乗るのだ。

0900 バスで最北端のスコトン岬(須古頓岬)に到着。ここが岬めぐりの出発点だ。

海の向こうに見えるのは海驢島(とどじま)。

少し歩くと小さな花が咲く丘陵に。建物の向こうに見える丘陵に沿って歩くのが今回のコース。

では歩いた順に気に入った風景を。

ルートから見えるところにあった神社。空の青と鳥居の赤のコントラストがいい。

丘陵と空。フツーのこんな風景は最高。涼しい風が吹き抜けていく。

少し見下ろすと蒼い海。

廃屋(はいおく)の脇を通り抜け、、、

海辺に出ると、、、

海辺のあとは、、、

丘陵にレブンキンバイソウ(関東ではニッコウキスゲ)

(注)場所によって名前が異なるのは、それぞれの地域で発見して命名したから。

スコトン岬からゴロタ岬に向かう。なだらかな丘陵。

空と海と丘陵と花。見たかったものがここにある。

ゴロタ岬に着く。

ゴロタ岬から澄海岬(すかいみさき)に向かう。

澄海岬から相棒のバイクを停めてある浜中に向かう。ここからは車道脇の歩道を歩く。

エブンアツモリソウ群生地。環境保護のため閉鎖されていて入れない。残念!

浜中の町が見えてきた。

1630 浜中到着。上は公衆トイレ。カラーリングがいいですね。とても楽しい7時間30分だった。

相棒に乗ろうとしているところへ、赤いスーパーカブに乗った類似年齢とおぼしきライダーが。手まねきで呼び止めて、スーパーカブ談義。

京都からの来訪者。63歳。カブマニア。カブだけを乗り継いできた。エンジンの分解整備も全部自分でやる。今、この他に新車の2017年型クロスカブを所有。礼文は毎年カブで来て3か月ほどいる。九州にも毎年カブで行って3か月ぐらいいる。カスタム内容をいろいろ尋ねられた。研究熱心。

お互い事故には気をつけて楽しみましょう。

宿に着いたときに見えた夕焼け。燃えるような雲がいい。夕日は見えなくてもこれで十分。

7月15日(日)43日め 島の北端へ移動中、不思議な光景が

朝から雨なので、今日の宿泊地の船泊(ふなどまり)へ向かう。島の南端から北端へ、約18km、30分ぐらいの移動だ。

雨で何もできないので、せめても、ということで、うに丼を奮発する。いつもスーパーの閉店間際の半額弁当を食べている身としてはすごい贅沢。

美味しい!

(注)このブログではグルメレポートと宿批評は避ける方針なので、単純な感想を短く書くにとどめる。理由については時間があるときに改めて。

食べているうちに雨が上がったので、寄り道をして島の西側の地蔵岩に向かう。

「地蔵岩」の標識に書かれた赤い注意書きが不思議だった。

どこにコインを差し込むのだろう? 地蔵岩にか? お賽銭感覚?

この日は厳島神社の例大祭。旗と提灯が風に舞う。

船泊に向かう途中でちょっと不思議な光景に出会った。以下、何の変哲もない風景写真なのだが、8枚をよく見るとある共通点があることに気づく。

さて、共通点は?

「グリーンの交通安全の旗が立っている」

ではない。それだけでは何の不思議もない。

そう。グリーンの旗の向かいの家がグリーンなのだ。壁だったり屋根だったりの違いはあるが、、、

これは偶然の一致なのか?

などと考えているうちに船泊に到着。真相は不明のまま。

【編集後記】

最初は、あれっ、と思ったが、偶然の一致だろうと思って、写真を撮らずに通り過ぎた。だが、2回めで、偶然じゃないかも?と思い、1回目のところまで戻って写真撮影。その後は、出会うたびに写真を撮った。

それがこの8枚。

暇だね~、という声が聞こえてくる(笑)

確かに。雨の日は暇なのだ。

7月14日(土)42日め 礼文島へ渡る:花たちの饗宴

08:00 礼文島(れぶんとう)へ渡るフェリーの出発時刻を間違えて2時間も早く稚内港(わっかないこう)に来てしまった。まあ、絶好の撮影タイム、と考えることにしよう。

雲はあるが光は射して、印象派のような風景。

船のブイで朝陽を浴びるカモメ。

この港で一番気に入った船。ロープなどのカラーリングと錆のハーモニーが絶妙!(笑) 記念に相棒とツーショット。

乗るフェリーが入港してきた。

船と岸壁をつなぐデッキがまだ動いているうちに係員が渡り始める。手慣れた(足慣れた?)もの。

運ばれてきた人たちが下船する。バイクも多い。次はこちらが乗船する番だ。

乗船するとロープでしっかり固定してくれる。手慣れたもの。

約2時間の航路。船内を動き回って写真撮影。青空が気持ちいい!

利尻富士(りしりふじ)がどんどん近づく。中腹に雲があるのも浮世絵風で乙(おつ)なもの。

あっと言う間に礼文島の香深港(かふかこう)へ到着。

※「かふか」と聞くと『変身』の「フランツ・カフカ」を連想してしまう。異国のよゆな不思議な感覚。

「歓 ようこそ礼文島へ 」の文字がお出迎え。これだけで嬉しくなってしまうのが不思議。

1400 時間は少し足りないが「桃岩展望台」に行くことにする。明日は雨模様なので「今やる主義」を実行。

で、これが大正解!

相棒で行けるとこまで行く。↓ は移動途中の風景。上のやや右手に見える先端が尖ったやつが桃岩。

相棒で(車も)行ける最終地点、レンジャーハウス。数台の車が停められる駐車場とトイレがある。こんな説明も ↓

ここから桃岩展望台を目指す。

樹木がないので視界が開けて解放感に包まれる。

↑ は、少し登って振り返ったところ。右上に香深港が見える。その左下で車が停まっているところがレンジャーハウス。建物の赤い屋根が見える。私の相棒は車の陰で見えない。残念。

団体観光客が花のガイドさんに引率されて登ってくる。このような団体がとても多い。このときだけで数組に出会った。

これ ↑ が桃岩。桃に似ているからだそうな。まあ似ていないこともない、かな?

ここから先が本番。花を見るのはこれからだ。行けるところまで行くことにする。

↑ は左側の斜面。面白い形の植物が。向こうに見えるのは香深港。

↑ は右側の斜面。可憐な花がたくさん。向こうは元地の港。

道の脇にも可憐な花がいっぱい。

↑ は振り返ったところ。左上から稜線(りょうせん)を歩いてきた。遠く見えるが10~15分。なだらかだ。両側に海が見える。遮るものがない解放感。ちょうど今は花が見どころ。

ということで、作者が選ぶベストショット集。

1630 ガスって寒くなってきた。宿へ急ぐ。

【本日のデータ】

フェリー:2470円(大人2等自由席1名)+2740円(バイク125cc未満)

航行時間:約2時間

トレッキング:約2.5時間(桃岩展望台コースの一部)