2021/10/13 岡山後楽園を歩く(D332)

今日は岡山後楽園を観て岡山市に泊る。
岡山後楽園は、兼六園・偕楽園と並ぶ日本三名園の一つだ。どんな庭なのか興味深い。
倉敷から岡山市までは20キロ、1時間弱だ。

0600 起床。朝食を取りながらブログ書き。

0830 荷造り。

0910 ブログ書き。チェックアウト時間までには終わらないので速報だけ公開。

1010 岡山市に向かう。

1130 岡山後楽園に着く。

1150 正門でチケット購入(シニア140円)、中に入る。

中に入るとボランティアのガイドさんが見どころを案内してくれた。
園内ガイドマップを見ながら時計回りで一周することにした。

観射亭。
矢の練習場所。ここから矢を射る。

遠く岡山城が見える。

藩主用お茶畑。

おそらく小学生の修学旅行。園内の田んぼで作った稲が干してある。

中の島。

中の島に渡る太鼓橋。

八橋(やつはし)
板の数が8枚。だから八橋。京都のお菓子ではありません。

流店(りゅうてん)
外壁がなく風通しがよい独特の建物。

流店の真ん中を水路が通る。水路には飾り石が並ぶ。面白い。

唯心山。小高くなっている。

唯心山からの風景。
やっぱり見下ろすのは気持ちいいよね。

御舟入跡(おふないりあと)
藩主が岡山城から舟で来るときは、ここに着く。

延養亭(えんようてい)
藩主用の居間。内部へは入れない。

黄色の花は石蕗(つわぶき)
日本庭園にはよく植えられている。葉は解毒剤になるらしい。

1330 散策終了。

ゆっくり回って1時間30分。
全体的に単調。桜や梅などはそれぞれがまとめて植えられている。
立体感にも乏しい。唯心山があるだけ。
興味深かったのは流店ぐらい。
ちょっと期待外れかな。

■本日のデータ
岡山後楽園入場料:400円。シニアは140円。

■本日の宿
岡山後楽園の近く。

2021/09/03 龍河洞とモネの庭を観て、室戸岬へ(D316)

今日は、龍河洞(りゅうがどう)とモネの庭を観るのがメインだ。
どちらも事前情報ではよさそうなのだが、この手によくある「行ってみてガッカリ」でなければいいのだが、、、不安と期待。
宿は室戸岬付近。岬を観るのは明日になるだろう。

1020 宿を出発。チェックアウト後に、荷物のパッキング変更をしていて、遅くなってしまった。

龍河洞に向かう途中、雨がパラパラし始めた。
うどん屋さんの前で相棒バイクを停め、レインウェアを着る。

うどん屋さんが気になり、中を覗く。
11時少し過ぎたばかりなのに、お客さんがいっぱい。
うむ、美味しいに違いない。

中に入って、かき揚げうどん(温かいほう)を注文しようとすると、、、

温かいのは20分かかります。冷たいのはすぐにできます。

ええええっつ、そうなんですか、、、
(今、冷えてるし、温かいのじゃないと辛い)と心の声。

ごめんなさい。じゃあ、いいです。

と言って、店を出る。
なぜ、温かいとそんなに時間がかかる???
と、疑問は浮かぶが、お店にはお店の事情があるのだろう。
ここで駄々をこねないのが大人の流儀(笑)

諦めて、雨が降る中、相棒バイクを走らせる。

1140 龍河洞の駐車場に着く。

屋根のある駐輪場を探したり、洞窟で濡れないようにレインウェアを取りに戻ったり、トイレを探したり、30分ほど時間を費やす。

龍河洞という名前はカッコイイが、要するに鍾乳洞(しょうにゅうどう)。
石灰岩が水に溶けて、洞窟の中でいろいろな形で固まったもの。
富士山の周辺にもあるし、全国にある。期待外れのものも多い。

龍河洞は、日本三大鍾乳洞と言われているし、国の天然記念物だ。
観光で歩ける長さは約1キロ。40分ほど。入口から出口まで登り続ける。
龍の河のようだから龍河洞。
現地に行くまでは「龍臥洞」だと思っていた。龍が臥(ふ)している洞窟(笑)
せっかく来たのだから1200円を払っても入る価値はあるだろう。

1215 チケットを買い、龍河洞に入る。

観光客はパラパラ。
入場スタッフが切符を確認、2人の若者たちが先にゴー。
続いて私もゴー。

入口から少し進んだあたり。
歩道は整備されている。
すぐ脇を水が流れる。ヒンヤリしている。
思ったより狭い!

狭い!
身体を斜めにして、やっと通れる。

「雲の掛け橋」と呼ばれるところ。
写真の上半分、白い部分が浮いているように見える。
写真じゃ、伝わらないですね。

「石花殿」と呼ばれるところ。

洞穴サンゴ(小さい鍾乳石)が天井と壁一面に広がる。
光を反射し、まるで石の花が咲き乱れるように見える。

と解説板に書いてある。

何と呼ばれる場所か、覚えていない。
写真を見たら綺麗だったから載せました(^_-)-☆
おそらく「千仭の間」(せんじんのま)
洞内で天井が最も高いところ。

「万象殿」(ばんしょうでん)と呼ばれるところ。
僧正を囲む数人の僧侶、との解説。
暗い影になっている部分が、そう見えなくもない。
この手のものは何にでもこじつけられる。
襲来する宇宙生物と戦いうウルトラマン、とか(笑)

洞内で天井が最も高いところ。
2,000年前に弥生人が住んでいた、と解説板に。

弥生人が使っていた壺が鍾乳水?に包まれて固まり、こうなっている。
えっ、そうなら「神の壺」じゃなくて「弥生人の壺」では?
この手の大げさな表現は観光客向け。あまり好きじゃない。

弥生人が火を起こした場所。
木炭のように見えるのは、観光用に追加したもの。

1300 洞の出口から外の石段をダラダラと10分ほどくだる。

1310 入口まで戻る。1周、55分もかかってしまった。写真撮り過ぎ。

駐車場に戻る道の両脇にはお店が並ぶ。

漁に使うモリ。

モリが盛り(もり)だくさん。

タヌキのワナ。
タヌキにかけるワナなのか、タヌキがかけたワナなのか、、、
「珍品」なので、タヌキがかけたワナだろう(笑)

1420 野良(のら)時計に立ち寄る。

明治時代、この家の人が西洋時計を分解して機構を調べ、独学でこの時計を作ったらしい。
家は見るからに立派で、おそらく地域の有力者。
個人の住宅なので中には入れない。

1500ごろ 「北川村 モネの庭 マルモッタン」に到着。

ここは以前は「モネの池」と呼ばれていた。
おそらくリニューアル後に「モネの庭」にしたと思う。
ネットなどの情報では「モネの池」になっているものもある。

駐車場の案内板。3つのゾーンに分かれている。

チケットを買う。1,000円。
「水の庭」というエリアに入る。

青い睡蓮の解説。
モネのいたフランスでは咲かなかったが、ここでは咲いた。
フランスよりここの方が温かいから。
フランスのモネの庭から株分けされたものだとは知らなかった。

通路の両サイドには、いろいろな実や花が。

と、突然、、、、、

トカゲ。何かくわえている。コオロギのようだ。

こちらにはアゲハ蝶。いいね。

秋海棠(しゅうかいどう)
那須に住む母の庭にあり、大好きになった。

メタセコイアの小道。

花と蝶。
20数枚中のベストショットがこれ。

「ボルディゲラの庭」というエリアに入る。

美しく咲く睡蓮たち。解説不要。

ところどころにモネの絵が。
絵も含めて、全体が一つの風景。

(樹齢)200年(の)オリーブ。
「リヴィエラの小屋」の前。
バッサリと切られた太い幹から小枝がたくさん。いいね。

「リヴィエラの小屋」の中。

小屋周囲の実と花。
最後のはサルスベリ。こんな仕立て方があったとは!

モネの絵がある風景。
向こうには薔薇のアーチ。5月なら薔薇が満開だろう。
何ごともタイミングが大切です。

「花の庭」ゾーンに入る。

秋海棠がいっぱい。

花とワンパク少年。

スタッフのみなさんが、温室で仕事中。
季節に応じて花を植え替えるのだろう。お疲れです。
この労力を考えると1,000円は安い。

と、、、周囲が何か騒いでいる。

ほらほら、そこそこ。あっ、そっちへ行った。

なになに? 近くの人に尋ねる。

青いハチです。珍しいんです。これを見ると幸運が来るんです。

まあ、幸運うんぬんはともかく、青いハチと言うのは珍しい。

正面、左、右。撮ったぜよ。
確かに、青いハチは初めて見る。

近くのスタッフさんに尋ねてみた。

次回は妻と来ようと思うんですが、一年間で一番よい時期はいつですか?
やっぱり薔薇が咲くころですか。

そうですね。
5月中旬から下旬。20日前後ですね。薔薇も睡蓮も咲きます。
ゴールデンウイークのあとがいいですね。

ありがとうございます。
ところで、運営は村ですか?
誰がどうしてこれをここに作ろうと考えたんですかね?

ここは元々ワイナリーを作る予定だったんです。
でも、投資家が中止して、村は困ってしまって。
村の関係者みんなで知恵を出しあったみたいです。
その中の一人が乗った飛行機の情報誌にモネの庭が載っていて、「これだ!」と思ったみたいですよ。
で、フランスへ行って交渉して、睡蓮の株を分けていただいて、、、

へえ、そんなストーリーがあったんですね。
北川村のみなさん、すごいですね。

正式名称が「北川村 モネの庭 マルモッタン」というのは、そんなストーリーがあるからなのだ。
よし、来年、5月中旬にもう一度来よう。

ギャラリーにあった写真。「水の庭」に睡蓮がたくさん咲いている。
これはお盆のころ。8月初旬~中旬。
とギャラリーの方が言っていた。

■本日のデータ
龍河洞:入場料1,200円。40分~50分はアッと言う間。予想外に面白い。
モネの庭:旧名はモネの池。入場料1,000円。室戸岬方面に来るなら超おススメ。

■本日の宿
室戸岬より少し手前の民宿。素泊まり。フレンドリーな人たちが迎えてくれた。

2021/08/02 高松 栗林公園(回遊式大名庭園)を堪能(D284)

高松と言えば栗林(りつりん)公園。松平家の下屋敷だったところで、回遊式大名庭園として有名だ。
昔は、日本式庭園なんて退屈だ、と思っていた。
しかし、那覇市の識名園(世界遺産)に行ってから認識が変わった。回遊式は歩くたびに景色が変わるので実に面白い。

まずは、高いところから港や街を観てみよう。
おっと、その前に、荷物を整理して不要な物を家に送らねば。ちょっと余計な物を持ち過ぎた。

0900 荷物整理、発送。

1100 出発。

高松シンボルタワー30階からの風景。

香川県庁21階展望台からの風景。
中央にそそり立つのが高松シンボルタワー。
その左手に見えるのが女木島(めぎじま)
タワーの真後ろにうっすらと見えるのが男木島(おぎじま)

香川県庁で食事するのもいいかも、と思い、本庁食堂へ。

讃岐牛しゃぶ、オリーブ豚カレー、どっちにしようか迷ったが、、、

牛が豚に勝ちました。讃岐牛しゃぶ!
グルテンフリーを目指しているのでご飯は注文せず。
讃岐牛の違いは不明だが、普通に美味しい。

1330 栗林(りつりん)公園に到着。北門から入る。

料金所でいただいたマップ。右上が北門。

芙蓉(ふよう)沼。蓮の花が咲いている。

蕾が多いが、開いている花もいくつか。陽に透ける花びらが美しい。

群鴨池(ぐんおうち)。瞰鴨閣(かんおうかく)からの眺め。
冬になると鴨が多数飛来するとのこと。昔も今も。

同じく群鴨池。池の向こうに小さく茶色の屋根と柱が見えるのが瞰鴨閣。

大覗(おおのぞき)という建物。
鴨猟をするために、鴨を観察したり餌付けしたりする小屋らしい。

大覗の裏側。小屋の中から餌を竹筒に入れると池に落ちる仕掛け。

鴨場。この向こう側に鴨をおびき寄せて捕まえる場所だったらしい。

鴨場の木造部分。上方の四角部分中央に小さな覗穴がある。
右下は竹筒の頭。ここから餌を入れる。

鴨を捕まえる網。鴨が飛び上がろうとする瞬間にこの網で上から捕獲するらしい。

現存する日本の鴨場。5つある。
なんと埼玉県の越谷が含まれている。「宮内庁埼玉鴨場」とある。
越谷にあるのはレークタウンだけじゃなかった。埼玉県の歌に加えたい。

東門に到着。
鴨猟について質問しようと料金所に行く。
と、ボランティアの無料ガイドさんがいて、園内を案内してあげるとおっしゃる。
やったぁ~。ぜひぜひ。
じゃあ、10分後、2時からね。
はい、よろしくお願いいたします。

1400 ガイドさんの案内で見学開始。

この人がガイドさん。
立っているのは石梁(せきりょう)。「 梁 」は橋のこと。
こちらから向こうまで長~い一枚石でできている。
こんな長い石、良く見つけたもんだね、とガイドさん。

睡蓮(すいれん)の花が咲いている。
右下の花、一つの花が赤と白に半分ずつ分かれている。
ガイドさんが見つけて、珍しい珍しい、と驚いていた。確かに。

商工奨励館。元は香川県博物館だった。
平等院鳳凰堂と同じデザインなんだよ、とガイドさん。

二階にある、ジョージ・ナカシマのデザインしたテーブルとイス。
一枚板のテーブル、いいですね。
テーブルは「板を見つけた」と言ったほうがいいかも。まあ、それも含めて「デザイン」か。

くねった松の枝がすごい。「箱松」と言うらしい。

少し離れて見ると、箱の形になっているのがわかる。

オニバス(鬼蓮)。葉のトゲトゲが凄い。

オニバスの花。
綺麗な色だが、花にもトゲトゲがいっぱい。形も少し怖い。

朱色のかわいい橋があると思ったら、、、

その向こうにアオサギが、、、まるで作り物のように動かない。
生きてるからね、本物だからね、とガイドさん。

ガイドさんの強い奨励で掬月亭(きくげつてい)に入る。
煎茶とお菓子付で500円。冷たい煎茶を注文。

ここは絶対のおススメ、「掬月の間」からの眺めが最高! 500円は安いもんだよ、とガイドさん。

その「掬月の間」を外から見たところ。部屋の三方が柱だけ。
まるで厳島神社の海に突き出した能舞台のようだ。
もしかすると、意識して作ったのかもしれない。

菊水の間からの眺め。
素晴らしい!の一言に尽きる。確かに400円は安いもんだ。

手すりに注目。
ほら、ここが斜めに下げてあるだろ、船のように感じさせるためなんだよ、凝ってるよね、とガイドさん。

他の部屋も案内していただく。

正面、見て。透けてる和紙が貼ってあるの。こんなの他にはないよね。凝ってるだろ。とガイドさん。
確かに。独特の美しさがある。

茶室の入り口。
見て、この形。凝ってるだろ。とガイドさん。
確かに。

ほら、ここから外を見てごらん。いい景色だろ。と言って、窓の障子を開けるガイドさん。
確かに。窓も含めて絵のような風景だ。

掬月の間は三方が開いてるだろ。三方の雨戸をね、全部一カ所に集めてるの。その仕組みがこれ。と言って外廊下の角に案内するガイドさん。

ほら、ここ。柱の外に棒が立ってるだろ。こんなの珍しいだろ。雨戸をね、こうするの。と言って、雨戸を一枚、スルスルと押してきて、実演して見せてくれた。

こうするでしょ。で、、、

こうやって、くるっと回転させるわけ。で、90度回転したら、向こうへ押していくというわけ。

で、三方の雨戸がすべて集まる場所が、ここ。敷居に垂直にしてコンパクトにしてるのも面白いよね。いろんなところが凝ってるだろ、とガイドさん。
確かに。ガイドさんの解説がなければ気付かなかったなあ。

吹上(ふきあげ)近くの風景。吹上は園内の水源地。水が湧いている。
川藻の緑が美しい。

吹上近くから偃月橋(えんげつきょう)を望む。
(写真下側の黒い石を指して)ほら、この大きな石はね、昔はお殿様しか乗れなかったんだよ。お殿様気分で眺めてね。とガイドさん。
確かに、ちょっとお殿様気分。

園内マップにはフリガナがないので「偃月橋」は読めなかった。
あとで調べたら、「偃」には「いこう」「やすむ」の意味がある。月を眺めてゆったりする橋、という感じかな。

こちらは飛来峰(ひらいほう)からの眺め。
タイミングよく和船が通過。絵になるね。
620円なので乗るのも一興。また違う景色が見えるだろうね。

1700 東門に戻る。

ガイドさん、3時間もの長い時間、案内ありがとうございました。

うん、普通は1時間ぐらいなんだけどね。今日はお客さんも少ないし、特別。
どう、ここはいいでしょ。春も秋も冬もそれぞれいいから、また来てね。

はい、わかりました。次は秋ですね。紅葉の時期がいいですね。

1715 北門到着。

ああ、楽しかった。ガイドさん、ホントにありがとうございました。
さて、今日もスーパーで半額のお弁当を買って宿に向かおう。

■今日のデータ
林立公園入場料:410円
掬月亭入亭料:煎茶とお菓子付で500円
ガイドさん:(3時間でも)無料 ※普通は1時間ぐらい。
園内1周の時間:一般的には2時間ぐらい。写真撮影したり細かく見るなら3~4時間はほしい。