7月2日(月)30日め 奇跡の一本松で奇跡の遭遇!?

今日は陸前高田の奇跡の一本松に立ち寄ったあと北上して宮古まで行く予定。

高校時代からの友だちから、7/2に昔の仕事仲間とツアーで一本松に行く、という連絡が入っていたので、うまくタイミング合えば会えるかも、と考えていた。

朝食中、一本松での滞在時間は9:30から1時間弱、という連絡が入った。おお、素晴らしい。宿から一本松までは30分ほど。こちらも9:30ごろ到着できる。

一本松の付近はどこもかしこも工事中だが、一般車が停められる駐車場が一カ所だけある。友だちの観光バスも同じ駐車場のはずだ。

駐車場の入り口近くは渋滞だった。ノロノロと運転しながら、駐車場の中を探す。観光バスが1台停まっている。旗を持った添乗員に先導されて団体さんご一行がゾロゾロと歩いてくる。あの中にいるかも、と目を凝らすと、サングラスをかけたそれらしき女性が。手を振ると向こうも気づいた。車道と歩道を隔てるガードレールの向こうから手を振っている。添乗員はおかまいなくドンドン歩く。団体さんご一行はあっというまに通り過ぎて行った。

ということで5秒間の奇跡?のニアミスが実現。相棒を駐車場に停め、7~8分遅れて友だち一行を追いかける。

駐車場から一本松までの道のりは長い。しかも炎天下だ。

駐車場の向かいではダンプがひっきりなしに砂利を運ぶ。

中古車展示場の前を通り、

中古重機展示場の前を過ぎ、

レンタル重機展示場を横目で見て、

気仙大橋(工事中)の下をくぐると、

彼方にやっと一本松が見えてくる。

仮設トイレの脇を過ぎ、

黄色い網の向こうの一本松を横目で見ながら、

工事中の橋脚の脇を曲がり、

ひたすら歩き続けると、、、、、、

一本松と友だちが待っていた。

めでたしめでたし!ということで、仲間のみなさんと一緒に記念撮影。1本+7人+1人のナインショットがこれ ↓  暗くて顔がわからないが、これはこれで

お仲間のみなさま、写真の掲載許可ありがとうございます。

駐車場へ戻ったら友だちがソフトクリームを差し入れてくれた。お仲間の女性も加えて3人で5分ほど歓談。あっと言う間にバスの出発時間となり、奇跡?の遭遇タイムは幕を閉じた。

【編集後記】

なにが奇跡かと言えば、彼女や私が属する会が高校卒業後50年間もずっと続いてきたこと、それ自体だろう。JRC(Junior Red Cross 青少年赤十字)川越支部に属する7校(当時)の同じ年度の卒業生の集まりだ。卒業時に会を発足させ、毎年1回、会を開き続けてきた。メンバーの一人が欠かさず開催通知を送り続けてくれたのだ。欠席が続くメンバーも含めて常に全員に。

会を作ったこと、会が続いていること、みんな仲がいいこと、会えば高校時代と同じ気持ちになること。このこと自体が奇跡なのだ、と私は思う。

*******
奇跡とはごくわずかな確率で起きるできごとを言うのではない。
わずかな想いとわずかな努力を積み重ねて生まれる当たり前のできごとを言うのだ。
あまりにも当たり前すぎて気づかない、そんなできごとを本当の奇跡と言うのだ。
~『風走記』より~
*******

陸前高田の一本松も人々の想いと努力の積み重ねによって生まれた奇跡なのだ。

6月28日(木)26日め 牡鹿半島から一関へ:川の流れと時の流れと

今日はまず牡鹿半島を一周しようと決める。宿から少し南下すると鮎川港に出る。ここでも防潮堤の工事が続いている。

他の漁船より飛びぬけて大きい船体が陸の上に置かれている。近くのお店で尋ねると、捕鯨船だということだ。震災前はホエールウォッチング系の施設があり、そこの展示物だったらしい。震災で捕鯨船以外は流されてしまったらしい。

さらに南下する。聞きなれない外国語が聞こえてきたと思ったら、若者たちが作業をしている。

網をクレーンで吊り上げ、ロープで束ね、トラックに積み込む。その作業を何度も繰り返す。

赤いシャツの若者が奮闘している。

定置網を駐車場に広げて点検し、破れた個所を補修するなど、メンテナンスが終ったので倉庫に移動するらしい。若者たちはマレーシアからの外国人技能実習生だとのこと。笑顔を向けたらみんなで笑顔を返してくれた。

半島先端をぐるっと回り東側に出ると、海の向こうに金華山が姿を現す。これはホテルニューさか井付近からの眺め。

島全体が一つの山だ。金華山と言えば金華さばが有名だ。このあたりで獲れる鯖で、脂がのってとびきり美味しい。缶詰では木の屋石巻水産のが有名だ。大好きな缶詰の一つで、今回の旅では非常食として2つほど持ち歩いている。

こちらは少し北にある新山浜という港からの眺め。ふと気づくと、遥か向こう(金華山の左上あたり)に自衛隊ブルーインパルスの演技飛行の白煙が見える。慌てて撮ったのがこれ。

写真左側に白煙が尖った山のようになっており、裾野の部分が金華山頂上付近まで続いている。少し待ったが演技は終了したらしく、もう白煙は現れなかった。松島の瑞巌寺の本堂落慶記念のイベントの一つだ。松島の扇浜でお話した人がブルーインパルスが来る予定だと言っていた。

さらに北上して泊浜というところに出る。海岸付近の道が新しく整備されていた。

海岸側から山側を見る。新しいコンクリートの道があるところまで津波が来たように見える。そこから上には古い建物が残っている。

牡鹿半島を出て女川を過ぎ石巻に向かう398号線(女川街道)沿いに、人気のない仮設住宅が並んでいた。

石巻から北上川沿いに登米市に向かう。堤防の上の道は眺めがよくて気持ちがいい。

登米高等尋常小学校。重要文化財。

当時の学校建築を代表する様式とのこと。ここまできれいに保管されているのは全国でも少ないだろう。

登米市から一関に向かう。北上川が美しかったので愛車とツーショット撮影。絵になるように向きを変えたので、バイクは進行方向とは逆向きです。細部にこだわる人へ念のため。

このあたりには写真のような「長屋門」を構える家が多い。昔は武家や裕福な農家に限って許されており、門の両脇は使用人の住居や納屋として使っていたらしい。

ということで長屋門特集。

長屋門鑑賞(無料)をしているうちに一関に到着。

【本日のデータ】

登米市・一関市あたりには長屋門が多く残っている。鑑賞は無料だ。

6月24日(日)22日め 相馬から仙台へ:柱だけが残った家のご主人にお話を伺う

昨日のできごとで疲れたので、今日はのんびり行くことにする。

相馬の宿を出て松川浦に向かう。松川浦は相馬市の東に位置する潟湖(せきこ)だ。湾が砂州で海から隔てられたもので、海のすぐ内側に湖がある。砂州の上に道路があるので、そこを走れば海と湖を同時に見られるだろう。

田んぼの中をのんびりトコトコ走る。

こういうごく普通の平凡な田舎の風景が好きだ。

久しぶりに専属カメラマンに撮ってもらった。アングルや構図は平凡だが、シャッターのタイミングだけは抜群だ。もっとも何十枚も撮るので、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる(笑)

シラサギがあちこちにいる。10羽ぐらい見かけたうちの一番近かったやつ。

松川浦に近づくと、木の囲いがあちこちに見える。震災で流されてしまった防風林にする松の苗木を育てているのだそうだ。中を覗いてみた。

あちこちで囲いを作る工事をしている。日曜日で機械は動いていなかったが。

松川浦と海との間の道路を走る。

松川浦をバックに記念撮影。少し引き返したのでバイクの向きは反対です。細部にこだわる人に向けて念のため。

道路から望む松川浦の風景。

鵜ノ尾崎灯台が見えてきた。バイクが多い。爽快な道なので気持ちはよくわかる!

灯台手前の駐車場に入ると面白そうな人たちが話をしていた。

これは若いほうの人の。バギーを改造したとのこと。

こっちはオジサンのほうの。アメリカの警官が実際に使っていたものだと言っていたが真偽は不明。

スピーカーが付いているので、このマイクでしゃべるとあたり一帯に声が響き渡る。オイオイ、実際にやらなくてもいいよ!と制止(笑) ライトのスイッチだのいろいろ付いている。ハーレー乗りによくあるタイプなのだが、カワサキでは珍しい。

せっかく出会ったので、例によって記念撮影。3×3のスリーショットだ。

丘に登り、灯台を目指す。林&草むらを進むと灯台が顔を出した。こういう風景も大好きだ。

灯台の下にあった説明の一部。ざっくりした位置がわかる、、、 まあ、この程度でいいのは確か。

灯台から慰霊碑に向かう。立ち枯れた木の形が面白い。

海洋調査船遭難の慰霊碑だった。9名全員が38歳以下。海の男たちが今も見守っていてくれる、そんな気持ちになる。

鵜ノ尾埼灯台をあとにしてしばらく走ると松川浦漁港に出る。

みな新しい船ばかりだ。震災ですべて流されてしまったのだろう。

新しい橋。

新しい建物。

新しい建物の横で、子供たちとお爺さんが釣りをしていた。初めて来たんで何が釣れるかはわかんねぇ、とのこと。のんびりしていて、いい感じ。

漁港の外では道路や橋や堤防の工事が続いている。

ちょっと絵になる風景も。

作られたわざとらしさがない、こんな風景が大好きだ。もしかすると、おれの日本一周の旅はこんな風景を探す旅なのかもしれないな、と、ふと思った。

松川浦をあとにして仙台に向かうと、またこんな標識が。

反対側の標識はこうだ。

私の後ろ側(バイクが向いている方向)が少し高台になっているので、津波がここで止まったということなのだろう。

さらに北上したところにあった八重垣神社。鎮守の森を復活する植樹をしたことが書かれている。鎮守の森が流されてしまったということか。

神社の隣の震災被害者の供養塔。流された墓石が集められている。

さらにしばらく走るとこんな光景が目に飛び込んできた。

人影が見えたので、家屋に向かう。

家の人がいらっしゃったので挨拶して撮影の許可をいただく。

震災当時の状況をお伺いした。

地震が来たときは少し離れたところに出かけていてね。10分後には津波が来る!と思ったので、学校に子供たちを迎えにいくか、この家にいる両親のほうへ行くか迷ったんだが。子供たちは学校に任せて両親のほうへ行くことにした。結果的には家族全員助かったんだが、、、

あの当時は、会社を辞めて無農薬イチゴの栽培を始めて3年めでね。そこの家の前の畑で作ってた。3年かけてやっと完全に無農薬で作れるようになった矢先だった。

畑はもちろん全部流されて、家もこの状態。落ち込むというより、これから家族をどうするんだ、何とかしなきゃ、という気持ちだけだったね。

家は今も震災直後の状態だ。90歳になるオヤジが家を直すっていうもんだからさ、壊さずにおいてあるんだ。

今は少し離れた町に住んでる。家を直してもここに戻るのは難しいなあ。この家と道の間に家が3軒あったんだが、全部流された。道の向こう側にも家が並んでいたんだが、全部流された。もう戻ってこないだろうな。だからこの辺りは夜になるとすごく寂しい状態だ。だから住むのは難しいと思うよ。

それに子供たちは今の学校で友達ができているからなあ。今さら転校なんてなあ。戻ってもいじめられるってこともあるようだし。

おれは今は勤めていて、この畑はオヤジがやっているから手伝ってる。

言葉が出てこない。ご家族がご無事でよかったですね、というのが精いっぱいだ。

ブログをやっていることをお話して写真を撮らせていただいた。掲載許可もいただいた。一緒に記念写真というのは失礼なので、お一人と一軒だけで撮影。

いろいろお話いただいて、ありがとうございました。お父さんにもよろしくお伝えください。

この辺りには非難用の小高い丘が作られている。みな高さ9~10mぐらいだ。この辺りでは、震災のときにそのくらいの高さの丘に逃げた人たちは助かったのだそうだ。

千年希望の丘という相野釜公園に着く。

津波に流されなかった松が海岸のほうに見える。

下は公園にあった看板の一部。左上に写っているのが今も残っている松だろう。

さらに北上し、阿武隈川の河口に出る。視界が開けていい景色だ。

もう仙台までわずかだ。

【編集後記】

私にはお父さんの、家を直したい、という気持ちがとてもよくわかる。息子が建てた立派な家だ。太い柱がたくさん使われていて、しっかり丈夫に作られている。玄関を入ったところに一番太い柱がある。太さはおそらく25cmぐらい。奥の、いわゆる大黒柱の太さは2番目なのだ。おそらく20cmぐらい。そのほかの柱もみな15cmぐらいはある。

きっとお父さんにとっては自慢の息子なのだろう。津波にも流されなかったりっぱな家を建てたのだから。

お父さんの気持ちになると涙が出てくる。

たとえ直さなくても、お父さんがご存命の間は家を壊さないでほしい、そんな気持ちで一杯だ。

お名前を伺ったら快く教えていただき、ブログに書く許可もいただいたのだが。ご家族や子供たちに何か影響があるかもしれないのでやめておきます。このあたりの微妙な境界線が私にとってはとても難しい、と感じた今でした。

6月23日(土)21日め いわき市から相馬へ(後編):福島原発周辺の今(その2)

警備員のお兄さんに渡された迂回路地図よりもショートカットできる道を進む。目に飛び込んできたのは、見覚えのある標識。

うわっ。この道はダメだ! ということで引き返す。次の道は、、、またもNG!

日が暮れて寒くなってきた。おなかもすいた。そういえばお昼、食べてない、、、小雨がパラついてきた。雨になるとiPhoneナビが使えない。ケチらずにもっと新しい防水のモデルにしとけばよかった、、、 降ったら道に迷いそう、、、

落ち着け。冷静になれ。いいか、少なくとも迂回路地図に従えば確実に行ける。だから大丈夫。もう当てずっぽうはやめて迂回路地図どおりにやろう。

で、そのとおりにしたら、コンビニがあった。こんな山の中にコンビニとは! 神様、ありがとう! コンビニのオーナー、ありがとう! コンビニはバイカーの避難小屋だ。

カップラーメンを食べて温まりながら、「ツーリングマップル(※)」を開く。なんてこった! 通行止めの地点がすべて書いてあるじゃないか。最初からこれを見て計画を立てていれば、こんな思いはせずにすんだのに。

焦っていたので写真など撮る余裕無し。代わりに「ツーリングマップル」の一部を載せておく。こんな感じで記載されていたのだ。

あとは問題なく20時に相馬の宿に着く。疲れた、寒い、眠い、、、おやすみな、、、、、、、

※ツーリングマップル: 昭文社。自動車用マップルをベースに二輪車のお役立ち情報を満載にしたもの。道路の状態(特に林道)、ライダー向き飲食店・宿泊施設、景色のいい道路、が特に有用。バイカーで知らない人はいない(知らないのはバイカーじゃない)はず。サイズが小さいので扱いやすいのが売り物だが、文字が小さいのが欠点。ということを踏まえてか、ひと回り大きいサイズのも出た。

【本日のデータ】

迷うと疲れる、、、、、

6月23日(土)21日め いわき市から相馬へ(中編):福島原発周辺の今(その1)

海沿いに第二原発に向かう。そろそろというところで見えてきたのは広野火力発電所の煙突だ。火力発電所の煙突は今まで見たことがなかったので記念撮影。

少し走るとこんな風景が。

ここで田んぼアートと出会うとは。遊び心を持った人がいるようだ。

近寄るとこんな感じ。う~む、何だかわからない。

第二原発に着く。敷地の門まで問題なく到達。あっけなさすぎて写真を撮るのを忘れた。もちろん敷地内には入れない。

次の目的地、第一原発を目指す。

しばらく走ると低濃度PCB廃棄物保管エリアに遭遇。重機の向こうに黒く横たわるのが廃棄物が入った袋だ。

ものすごい数が周辺のエリア一帯に積まれている。

そこから少し走るとこのような標識が。

バイクは海側から内陸に向かっているので、これまで走って来たエリアにはすべて津波が来たということだ。この標識は、今後あちこちで見かけることになる。

いろいろな工事が行われている。これは新しい道路の建設。文字が入っていない標識を見たのは初めてだ。

第一原発まで4~5kmの地点でこんなディプレイを発見。

「テロ特別警戒実施中」と表示されている。

さらに進むと通行禁止の看板が現れる。

この写真を撮影して引き返そうとすると、パトカー風の車が1台追いかけてきた。

ゆっくりバイクを停めて待つ。

すみません。今、そこで何をしていたんですか? 写真撮ってましたよね?

はい、撮ってましたけど、何か?

撮影は禁止なんですよ。撮った写真を見せていただけませんか。

いいですよ、ほら。この2枚だけですよ。

撮影は禁止なので削除してもらえませんか。

敷地内には入っていません。撮影禁止なのは構内ですよね。「撮影禁止」って書いてある看板を外から撮影することも禁止なんですか。そんなことないですよね。機密事項なんか何も写ってませんよ。

60歳ぐらいの気のよさそうな男性が困った顔をして、「う~ん、これからどこへ行くんですか」と尋ねる。もちろん警官ではない。警備会社の人だ。

今日は相馬へ泊って、明日は仙台。そのあとは北上して北海道へ行く予定。

わかりました。じゃあ、気を付けて。

ありがとうございます。では。

ということで、それなりにしっかり警備していることがわかった。どうしても削除しろ、と言ってきたら、権限の確認→正式手続きの要求など、それなりの対応策を考えてあったのだが、あっけなく終わってしまった。喧嘩しにきたわけではないので、穏やかに終わってよかったのだが。ちょっと肩透かし。

次は第一原発のすぐ脇を走る6号線を通れるかどうかの確認だ。6号線を北上するとこんな看板が、、、

やっぱり。話には聞いていたが、車はOKだが二輪はNGというのは本当だった。行けるところまで行ってみようと思い、さらに進む。

まだまだ。さらに進む。

帰宅困難区域の境界だ。向こうに家が見える。ここからは見えない家がいくつあるのか、と思うと何とも言えない気持ちになる。

だが道はまだ完全にはブロックされていない。向こうに警備員らしい人が見える。よし、警備員に止められるところまで行ってみよう。ということで200mほど進む。

若い警備員に止まるよう声をかけられ、迂回路の地図をもらう。ずっとニコニコしていて愛想がいい。(下の写真ではチラッと制服が見える)

すみませんが、二輪は通れないんですよ。車なら大丈夫なんですが。囲われているかどうかで被爆量が違うみたいです。このまま行くと警察に止められますよ。パトカーが行ったり来たりしているので。

わかった。ありがとう。(お兄さんは剥き出しでずっと立ってるわけだけど、被爆量は大丈夫なの?)と思ったが言うのはやめた。若い人を困らせてもしょうがない。

さて、迂回するか。でもこの迂回路の地図どおりじゃなくてもいいだろう。もっと近い道がありそうなものだ。と、考えたのが大失敗。このあと大後悔することになる。

(後編へ続く)

6月23日(土)21日め いわき市から相馬へ(前編):津波被災地の今

いわき市から原発(第二、第一)を経て相馬に向かう。あの大震災からもう7年。記憶が風化するのは早い。しかし、モノの風化は記憶より遅い。モノが語り続ける現在の現実も存在するはずだ。

「物見遊山」という言葉がある。私のはそうか? そうでないなら何なのか? 大切なのは「何がしたいのか?」ということだ。目的を明確にせよ!

難題だったが答えはシンプル。津波の被災地は今どんな様子なのか? 原発にどこまで近づけるのか? 帰宅困難地域との境界はどうなっているのか? ギリギリまで近づいたときにどんな事が起こるのか? 今の現実を知りたい。

大震災のときまったく何もしなかったという負い目がある。だってしかたないじゃないか、という言い訳もできる。人ぞれぞれ思いはある。私にとって確かなのは、ずっと気になっている、ということだ。

いわき市を出て海岸方向に走ると、道の駅よつくら港が見えた。自衛隊の車両がある。

車両の脇にバイクを停めて、自衛官とお話しする。

道の駅のイベントに加わってます。月に1回やっているみたいですが、自衛隊が連携するのは今回が初めてです。このあたりは全部流されてるから、道の駅も周りの建物もみんな新しいでしょう。あっちに地元の自衛官がいるから、詳しいことを聞いてください。

ということで地元の自衛官に話を聞く。自衛官の募集ですか?

そう、この道の駅のイベントに参加するのは初めてなんだけどね。募集しても応募者が集まらなくて。イベントで少しでも知ってもらえればと。

募集パンフレットとテッシュペーパーをもらう。

う~む、工夫のあとがよく見える。ずっと前から人集めが最大の問題だ。

テーブルを見ると、自衛隊のいろいろな写真がプリントされている缶バッチがたくさん置かれている。一ついただいていいですか。

いいですよ。これ、ぜんぶ私が作ったの、個人的に。子供たちに自衛隊を知ってもらいたい、と思って。お知り合いのお子さんにあげてください。

ありがとう、とお礼を言って、車両付近の自衛官に再び近づき、少しお話し。

私たちの所属は第6高射特科大隊です。ミサイル部隊です。

この車両は指揮所用車両です。指揮官が乗る車両です。攻撃されたときはこの中に逃げ込みます。今はハイテク機能が装備されているので、それを駆使して指揮します。

自衛隊についてはいろいろな考え方があるだろう。私とあなたでは考え方がまったく違うかもしれない。ただ、はっきりしているのは、物理的に破壊されたら終わり、ということだ(注)。人も国も。災害も戦争も。どちらも無いほうがいい。無くす努力は必要だ。だが、完全に無くせない限り、どちらにも備えが必要だ、と私は思う。

(注)これは、唯物主義者、無神論者の考え方だ。物理的に破壊されても魂は生きる、という考え方もある。私は、今のところ素粒子物理学が真実により近い考え方だ、と考えているので、必然的に唯物主義者で無神論者ということになる。ただし、共産主義者ではない。唯物主義者=共産主義者という誤解があるので念のため。

訓練はたいへんですか。

それはもう。30kgの荷物を背負って40km歩く。しかも夜間。ほとんど眠りながら歩いてる。でも、私たちは歩兵部隊じゃないから。歩兵部隊はもっと厳しい。

という感じでいろいろお話ししていただいた。きっと震災当時もいろいろたいへんだったんでしょうね。ということで例によって記念撮影。

この道の駅はいろいろな工夫をしている。

これは建物を支える柱に貼られていたもの。小学生らしい絵がほろっとさせる。

これは情報館内に貼られていたもの。最上部に「四倉小児童(小6)がおすすめする」とある。(たぶん)先生と一緒にみんなで作ったのだ。計画を立て、絵を描き、文章を考え、、、 どのくらいの時間がかかったのだろう? 作っている姿を想像すると、何とも言えない気持ちになる。少しでも四倉を盛り上げよう、という気持ちが伝わってくる。

四倉から少し走るとボロボロの土蔵が目に飛び込んできた。

家の人を見つけたのでお話を伺う。

流されなかったんですね、あの土蔵。そうとうやられてボロボロですね。

ああ、津波でボロボロになった。あっちの母屋も流されずにすんだが。

2mぐらいの波が来たので、扉も窓も家財道具も全部流されて。瓦も流された。あの色が違う瓦は流されたとこ。別ので修理した。

瓦の白っぽいところが(たぶん)流されたところ。ガラス戸、玄関ともきれいになっているが、当時はすべてが流されていたのだ。前を走る道路の隣はすぐ海岸。全部が流されなかったのは奇跡に近い。許可をいただいたので写真を掲載。

お別れするときにワンちゃんが、こいつ怪しいやつだなあ、という顔つきをして見送ってくれた。

(後編に続く)