2021/09/12 四国一周、終了です(D325)

0450 起床。下船準備。

0520 共有スペースでブログ書き。

0600 フェリー着岸。

0610 出発。

0800 帰宅。

2021年夏の四国一周はこれにて終了。
病気にならず、事故を起こさず、四国の医療体制に負担をかけないよう意識した今回。
いつも病気と事故には気をつけているが、今回ほど意識したことはなかった。
四国の医療関係者のみなさんに迷惑をかけず、無事に帰宅できてとてもうれしい。

埼玉県は9月30日まで緊急事態宣言が続く。
次は10月初旬から近畿地方(とりわけ熊野古道)の予定なのだが、、、
状況を見ながら考えることにしよう。

■本日のデータ
有明→自宅:1時間50分

■四国一周まとめデータ
期間: 7/29~9/12 、46日間
走行距離:2,563km(日本一周の最初からでは22,971km)
1日平均走行距離:55.7km

2021/08/31 高知市に移動(D313)

今日は高知市まで行く。
60km、1時間30分。立ち寄るところもないので、余裕だ。
早めにチェックインして、のんびりしよう。

0930 宿を出発。

川沿いに走ると目に付くものが。

四国電力 筏津(いかだづ)ダム。
高低差が少ない。 水量を調節するためのものだろう。

中仁淀橋(なかによどばし)
沈下橋なので手摺りがない。

でも、反対側には手摺りがある。
車道と歩道が分離していて、手摺りは歩道側に付いていた。

ここでクイズです。
Q 増水して橋が沈下するときはどうなる(どうする)でしょう?
1.そのまま
2.手すりが (水流で) 内側に倒れる
3.手すりが(水流で)はずれる
4.住人が手すりを外しに行く

正解は、最後の「■クイズの答え」で。

小浜キャンプ場。
とっても狭い。ファミリーテントだけで半分占領。

ファミリーが水遊び。
ここならコロナでも安心ですね。

水が透き通っている。

キャンプ場近くで、またこれを発見。中津渓谷でも見かけた。
いったい何だろう? ナゾは深まる。

四国電力 佐川変電所。
この物理的な形状の組み合わせが好き。特に碍子(がいし)がいい。

ここまで読んで、
アホか! と思う人。ウンウン!と思う人。人間って不思議ですねぇ。

川の流量or水量を調整する設備。名称不明。
ダムほどではないが微妙に調整しているはずだ。

彫刻のようなシラサギ。
まるで修行僧。

はりまや橋に到着。
観光客は1名と1台だけ。

■本日のデータ
梼原町(ゆすはらちょう)、中津渓谷と比べると、高知市は暑い。
この暑い中、バイクで走るやつの気が知れない。
アホの極致。

■本日の宿
はりまや橋、ひろめ市場の近く。

■クイズの答え
正解は、
4.住人が手すりを外しに行く
です。

中仁淀橋(なかによどばし)のすぐ近くにある、越知町(おちちょう)観光協会に電話で尋ねてみました。

あの~、中仁淀橋には片側だけ手すりがありますよね。
あの手すりは、川が増水して橋が沈下してしまうときにはどうなるんでしょうか?
パタっと倒れるようになってたりするんでしょうか?

いや~、あれはね、警報が出ると町役場のみなさんが外しに行くの。持ち上げると抜けるようになってるの。

えぇっ、それはみなさんたいへんですねぇ。

そうなんですよ。
原始的なんです、アハハ。

とても親切に丁寧な回答をしていただきました。
ありがとうございました。
町役場のみなさん、観光協会のみなさん、増水時にはどうぞお気をつけて。