2019/7/19鹿児島から再始動(D189)

※申し訳ありませんが、コメント書込不可にしました。
 12時間に60件以上のスパムコメントあったためです。対策検討中です。

今年は梅雨とはいえ雨が多い。
鹿児島に戻ろうとすると大雨のニュースが続く。
なかなかタイミングをつかめないまま2カ月近く経ってしまった。
身体がムズムズして我慢しきれなくなってきた。
そろそろ梅雨も明けそうだし、フライング気味だが再始動することにした。

鹿児島空港着陸時に追い風が規定風速を超えていたらしく、やり直しになった。
おかげで桜島の上空を旋回することになり、しっかり見ることができた。
ラッキー!

【今日の宿】
相棒バイクを保管していただいている霧島市の宿。
2か月も預けっぱなしにしているので頭が上がらない。
川越銘菓「蔵造り」のお茶菓子をお土産に差し上げた。

2019/5/15 金作原原生林を歩く(D178)

朝起きたら、奄美大島が梅雨に入ったというニュースをやっている。
外を見ると雨がパラパラ。
で、午前中は宿でのんびり。

午後になって雨が止み、空が明るくなった。

よし、金作原(きんさくばる)原生林に行こう。
Googleマップでは、名瀬港近くの宿から13km、30分ほど。
歩くところは2kmほど。往復4km。ふつうに歩けば1時間。
単純計算で2時間。倍かかるとして4時間。夕方には余裕で戻れる。

1330 宿を出発。

1400 Googleマップの示す地点を過ぎる。

金作原原生林まで5km、の表示。

えっつ、話が違うじゃん! 

アスファルトが終わり、砂利道になる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1364073-1280x853.jpg です

水たまりの多い、ガタガタ道が続く。

転ばないように注意深く走り続けること30分。平均時速10km。

やっと原生林入口らしき場所に着く。

汚れすぎた掲示がちょっと残念。
人手が足りないのか、熱心でないのか、別の事情なのか?

1430 散策開始。

車止ゲートの脇を通過する。
右上の四角いのは通過センサー。登山口によくあるやつ。

車両通行量 調査中。と言えばマイルドだが、ゲートをこじ開けて侵入する車を監視しているわけね。ついでに人の通行量も記録できるし。

動物横断注意、の掲示。
根元から折れて、木に立て掛けてある。
汚れもひどい。
人手が足りないのか、熱心でないのか、別の事情なのか?
通行止めにしたから、これは不要ということなのか?

ドーンと立っているのはヒカゲヘゴ。
やんばる教育の森で、この葉の天ぷらを食べた。サクサクして美味しかった。
こんなに大きくなるんだね。
※ヒカゲヘゴ:日本で最大のシダ植物。

それにしてもシダが多い。
葉の形状がみな違う。

ということで、シダ写真展。

すべて名称不詳。
シダには興味がないので調べる気もなく、、、すみません。

奥へ進む。

中央上部にヒカゲヘゴ。目立つ。葉が熱帯っぽいから?

アップで。

さらに幹をアップで。
模様のように見えるのは、葉柄(ようへい)が枯れて落ちたあと。
ウロコっぽくて面白い。

繊細な葉の樹木が並ぶ一角。
こういう風景が好き。

鳥がいる。

声の方を向けてノーファインダーでシャッターを切りまくる。
ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる。
で、当たったのが上の写真。残念ながらシルエット。
詳細不詳。カラスでないことだけは確か。

下へ降りる階段がある。降りてみよう。

オキナワウラジロガシ。
降りたところにある掲示+実物。
樹齢150年以上。直径1m、高さ22m

根がすごい。

せっかくなので、記念撮影。
顔が黒くてわからないが、周りが暗いんだから、よしとしよう。

1530 ここが終点なので、同じ道を戻る。

着生植物。他の木に根を張る。

こんなのも。

1600 原生林入口到着。帰りはさっさと歩いたので早かった。

【本日の宿】
奄美大島 名瀬港付近。ビジネスホテル。隣がスーパーとドラッグストアがドッキングしたようなお店。2連泊の2泊め。

【本日のデータ】
金作原原生林の場所:Googleマップ登録の位置は不正確。3~5kmは奥のはず。
電波が通じないのでアクシデントがあっても助けは呼べない。

2019/5/10 奥間で知り合った人と飲む(D173)

朝から雨。
そろそろ梅雨か? ジタバタしても仕方ないので、のんびりしよう。

カッパを着て、相棒バイクで宿を移動。
同じ那覇市内なので12時前に着いてしまった。
ダメ元で尋ねるとチェックインOKだという。いい宿だ。

昨日、へちま荘のご主人のお友だちから連絡があり、今夜、飲むことになっている。それまではブログ書き。

へちま荘:5/1のブログを参照。

夜、お友だちの知人も交えて3人で飲む。

へちま荘のご主人のお友だちは、30歳台、女性。本社が弘前にあるブライダル関係の会社に勤務している。沖縄が大好きで、上を説得して沖縄に支社を作り、自分が赴任した、という行動力のある人。

その知人は、70歳台、男性。流体力学分野の専門家。バイク好きでハーレーに乗っていたので、私と話が合うと思って誘ってくれたとのこと。

ブライダルの話や風力発電の話など、ちょっとまじめな会話が楽しかった。

話に夢中で写真を撮るのを忘れてしまった。

【本日の宿】
那覇フェリーターミナル付近。歓楽街だと知らずに予約。昼間から客引きが立っている。ビックリ。1泊め。

【本日のデータ】
雨の中を歩くと靴とズボンの裾が濡れる。
雨の中を歩いても新しく知り合った人と飲むのは楽しい。

2019/5/7 ヤンバルクイナを見に行く(D170)

朝、ご主人とコーヒーを飲んだあと、記念撮影をすることに。

沖縄生まれ、63歳。話好きで気がいい。軽自動車で日本一周を計画中。

午前中は雨が降ったりやんだり。
へちま荘のご主人が遊びに来たので、私も混ざって、しばし歓談。

お昼ごろから青空が見えてきたので、ヤンバルクイナを見に行くことに。
国頭村(くにがみそん)の東側、やんばる学びの森の少し北に、ヤンバルクイナ生態展示学習施設というのがあり、そこで見られる。

宿から21km、40分。

チケットを買い、施設に入る。

ここにいるのはクー太くん。2代目。オス1歳。

グッズまである。人気者。

いよいよ、クー太くんとご対面。

まったく人見知りしない。

ほら、カッコいいでしょ。上手に撮ってね。

なに? もっとカッコいいポーズがほしい? 注文が多いカメラマンだな~。

オレ、広報大使だからな、しかたない。いくぞ! はい!

おお、決まりましたね。さすが!

今年のロードキル(交通死亡事故)件数 9件。昨年22件。
減ることを祈りつつクー太くんとお別れ。

今日はトンボ返り。

宿の近くのファミマで食料とお酒を調達。
明日はお別れなので記念に撮影。

向かって左の男性は「おおしろ」さん、右の女性は「ひが」さん。
(拡大するとネームプレートが読めます)
それぞれ「大城」「比賀」と書く。
沖縄の名前で多いベスト1、2らしい。
そういえば、ゆかいな仲間たちとその友達の4人の中に一人ずついたなあ。
存在確率25% すごい!

【本日の宿】
オクマビーチ&へちま荘の近く。
へちま荘のご主人に紹介していただいたところ。
4泊目。

【本日のデータ】
ヤンバルクイナ生態展示学習施設:入場料 500円(シニア割引なし)

2019/5/5-6 リゾートホテルでブログ書き(D168-169)

へちま荘のご主人に紹介していただいた人が、500円で泊めてやるよ、というので昨日からお世話になっている。
※5000円ではありません。500円です。念のため。

チャンスだ。この機会にだいぶ溜まったブログを書いてしまおう。

ということで、隣のオクマビーチ&リゾートに行って書くことにする。
ここの施設を使って快適に書こう、という目論見だ。

ブラブラ歩いて海岸に向かう。

ペンキ塗りをするお兄さん。
夏になるとビアガーデンでもやるのだろう。今から準備中。

海岸に出る。

今日は5月5日。こどもの日。ファミリーのテントが並ぶ。

砂に埋まって喜んでるよ。人間て何考えてるの?という顔をしてるイルカくん。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1342760-e1557184139791-853x1280.jpg です

帰ったファミリーに置き去りにされたイス。ちょっと寂しそう。
だいじょうぶ。あとで連れて帰ってあげるからね。

海岸を歩いて2~3分、オクマビーチ&リゾート。

チャペルがある。

隣の建物の軒下で海を眺めながら、のんびりとブログ書き。

ちょっと飽きたので、リゾート施設をブラブラ。

と、、、いいところを発見。

2階の飲食店のテラス。
夕方の営業開始までは自由に使って問題なし(のはず)

2階は涼しくて快適だ。

昼食は、コンビニで買ったサンドイッチ。
ポットに入れてきたコーヒーを飲みながら。

遠くビーチが見える。

15時を回り、ノートPCのバッテリーが切れかかったので、宿に戻る。

夕方からは、泊めていただいている家の庭で続きを書くことにする。
脚立と板を組み合わせた即席のテーブル。
海岸から連れて帰った白いイス。

涼しい風が通り抜けていく。
木陰で書くのもいいもんだ。

1泊500円で泊めていただいている建物。
プレハブの子供部屋、という雰囲気。

トイレ、シャワーは別棟だけど、テレビはあるし。

テーブルとソファーもある。
夜はここでブログ書き。

2日間頑張って、溜まっていたのが片付いた。
どうせまたすぐ溜まるんだけど。

【本日の宿】
オクマビーチ&へちま荘の近く。
へちま荘のご主人に紹介していただいたところ。
2泊目、3泊目。

【本日のデータ】
リゾート施設では、宿泊客でなくても、堂々と振るまえば誰も怪しまない。

2019/4/16 計画の後半を詰める(D149)

結局、今日も宿で計画立案。

沖縄県総合運動公園オートキャンプ場は良さそうだと調べたら、4月27日~5月6日まではすべての区画が予約で埋まっている。その前後は半分ぐらい空いているのに。

ここに泊まるとしたら、4月26日までだ。
ということで4月25日~26日を予約。これで25日の夜も使える。
前後の2日間を予約しないと夜が泊まれないのだ。

この場所と日を軸に前後のルートを計画。

今日中に5月3日までの宿・キャンプ場を確保してしまおう。
そうしないと、どんどん埋まってしまう。

沖縄に詳しい知人とメールで連絡を取り、お薦めスポットを紹介してもらう。

その知人はこの ↓ 本を書いた人。
佐藤亮さん。沖縄オタク。文筆家。

蔡温の言葉―琉球宰相が残した物語り 2011/4/1
佐藤亮 (著)
蔡温(さいおん):17~18世紀の琉球王国の政治家。詳しくはウィキペディアを。

この佐藤さん、多彩な才能の凄い人。
もう一つの名前のほうが有名なんですが、それはおいおい。

とにかく、この人のおかげで、沖縄本島の滞在期間が予定を大幅に超えそうな気配。
21日に沖縄国際映画祭が終わったら2週間ほどお薦めスポットを回ろう。

ムチャクチャ楽しくなりそうです!
佐藤さん、感謝!

【本日のデータ】
佐藤さんはとってもシャイな心優しい人。
『蔡温の言葉』は、とってもオタクな楽しい本。
この本を読んでわが家の女王陛下と1回目の沖縄訪問。
今回は2回目の訪問です。
知りつつ歩くと、楽しさが何倍にもなりますね。

2019/4/13 トライアスロンの準備を見に行く(D146)

明日はトライアスロンだ。
きっと今日はいろいろな準備をしているだろう。
その準備を見に行こう。

午前中にレンタルバイクを返却し、レンタカーを借りる。
雨が降りそうだし、明日の朝、トライアスロンの出発を見に行くなら車を借りておいたほうがよさそうだ、と考えたからだ。

宮古島東急ホテル&リゾーツへ向かう。

ホテル入り口脇のエリアは、ちょっとしたお祭り騒ぎ。

バイクを持って並ぶ人たち。
何を待っているのだろう?

反対側からの風景。バイクの整備中。
メンテナンスの出張サービスをしているわけか。

別のショップの前にもバイクの列が。
こちらも、メンテナンス待ち、とのこと。

最新モデル。200万円超。

フロントフォークがない。
ディスクブレーキ、オールカーボンファイバー、なども特長の一つ。

そりゃぁ高いわけだよね。

エネルギー系製品のメーカーも参戦。黄色が特徴。集まる人も黄色系?

宿に戻る前に、明日のスタートの撮影地点を確認にいこう。

来間島に渡り、展望台に行く。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1309047-1280x853.jpg です

3階から、対岸のスタート地点を撮影。

よしよし。
人の動きがはっきりわかる。
1700人があの砂浜を埋め尽くし、いっせいに海に雪崩れ込む。
ここからその様子が撮影できれば最高だ。

ロケハンは終わり。
宿に帰って早寝をしよう。
明日は5時に起きて、0530に宿を出発。
0600には展望台に着きたい。

【本日のデータ】
トライアスロン:スイム(遠泳)3キロ、バイク(自転車)195キロほど、マラソン(超速駈足)48キロほど。
コースはこちら:トライアスロンマップ(青字をクリック)
スケジュールはこちら:スケジュール表(青字をクリック)

2019/4/9 サンゴ礁の島、幻の島に上陸(D142)

朝、シャワーを浴びてビックリ!

昨日、丸一日ビーチサンダルで走った罰だ。
左足はヒリヒリ痛い。反省。

さて、今日は幻の島「浜島」に行く。
う~、楽しみ。

午前中はレンタルバイクで島めぐり。
撮った写真は昨日のブログで。

1120 レンタルバイク返却。

1130 昼食。浜をうろつく。

1300 船に集合。

屋根があるだけの簡単な構造。

真っ黒なイケメンのお兄さん。確か、大阪出身。島で会う人、みな県外人。

ガソリン補給中。
企業秘密だから写真NG!だって。
ベタな笑いを取ろうとする、確かに大阪人。

隣のツアー船。
潜ったり泳いだりするようだ。いろいろ身に着けている。
こっちは歩いて上陸するだけ。

1315 さあ、出発。

ガイドさんはこの二人。さっそうと出航。

すごい勢いでビュンビュン走る。飛沫が舞い上がる。

1330 15分ほどで幻の島に到着。感覚的には、あっ、という間。

島の周りにはツアー船がいっぱい。

島を眺めるお嬢様。
帽子の花は手造りだそう。お似合いですよ。

下船用のハシゴを下ろすガイドさん。

船が島に座礁するとマズイので、離れたところで海の中に降り、歩いて上陸する。
もちろん下半身は濡れるの覚悟。

手に持ったカメラを頭の上に上げ、片手を使って慎重にハシゴを降りる。

足が海の底に着く。海面は腰あたり。

ゆっくり歩いて島に向かう。

島が近づく。

上陸。
足元はくるぶしまで海水。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1298310-1280x853.jpg です

反対側の海に入る。

例によって記念撮影。
う~む、場違いな服装。

完全に上陸。けっこう広い。
午後は干潮なので広く海上に露出する。

こちらでは人魚姫ごっこ。
この人魚姫、泳ぐのは不得意らしい。ずっと浜辺にいた。

海賊風のツアー船。いいね!

パノラマで撮ってみた。

1430 乗船。

1450 帰島。

島も海も綺麗で楽しかった。

実は、最近は、島の一部は常時海面上にあるらしい。しだいに堆積物が増えているのだろう。

【本日のデータ】

幻の島上陸ツアー料金:3800円のところ3300円。レンタルバイクセット割引。この手のツアーの中では一番安いよ、ってお店の人が言っていた。一番安い、という言葉に弱い。

2019/4/7 西表島をバイクでウロウロ(D140)

今日は西表島全体をバイクで回る。
道が途切れているので一周できないのが残念だが。
まず、南に向かって行けるところまで行ってみよう。

暑いので半ズボン。後ろはサトウキビ畑。
安全面ではNGなのだが、南国だし、ゆっくり走るから許してあげよう。

サトウキビ収穫中。

パイナップル畑。

作業中のオジサンとちょっとお話。
植えてから収穫まで2年かかるんよ。こっちは2年目。
収穫の時期がずれるように違う種類を植えているんよ。

こんな種類や、

こんな種類が植えられていた。
どちらも種類は不明。

向かって右は何の船だろう。

砂・砂利・石材専用船。
ダンプカーに積み込み中。

ヒナイ川に架かる橋を渡る。
遠くピナイサーラの滝が見える。きのう行った滝だ。
石に刻まれているのは、カンムリワシ。かっこいいね。

これもカンムリワシ。

これはイリオモテヤマネコ。飛び出すのか?

飛び出すのだ。

そんなに飛び出すのか!

そういえば、昨日、チャラくてまじめな赤シャツのお兄さんが言っていた。
けっこう轢いちゃってるみたいすよ。
轢いちゃったら、後がたいへんみたいすよ。役所に届けたりとか、いろいろ。

白浜南風見線(しらはま はえ み せん)。
「南風」と書いて「はえ」と読む。

橋から眺める風景。

シラサギ。写っているのは4羽だが、15羽ぐらいいる。

橋のたもとにあるオブジェ。
後良橋(しいらばし)と前良橋(まいらばし)。
1.2kmほど離れた橋だが、なぜか一緒。
カンムリワシはわかるが、人魚はなに?

前良橋の近く。古見のサキシマスオウノキ群落の解説。

マングローブを見ながら進むと、、、

サキシマスオウノキ。その1。

その2
見える範囲では立派なのは皆無。
昨日の滝壺トレッキングのほうが立派だった。

放牧中。

木陰で休む牛たち。

ったく、暑いなあ~。少し陽が射すとたまらんよ。
木陰が一番!
あっちの連中、入りたそうにこっち見てるぜ。

という牛たちの会話が聞こえてくる。

南風見田(はえみだ)の浜。

右手を見ると、、、

イリオモテヤマネコ発見の地、の記念碑。

浜の風景。
干潮なので潮がだいぶ引いている。

歩いて遊ぶ父息子。

ね~ぇ、置いてかないでよぅ~。
男は黙ってついてこい。

忘勿石(わすれないし)入口。

岩の穴は、(たぶん)波蝕甌穴(はしょくおうけつ)。

これも波蝕甌穴。だと思う。ちょっと違うような気もするが、、、

波紋が刻まれた砂浜。
こんなにはっきりと精緻に刻まれたのは初めてみた。
いいね!

由布島(ゆぶじま)が見える。
行ってみよう。

う~ん、微妙に残念な顔の牛さん。

由布水牛車。
歌うガイドさん。
お客さん1名。右腕だけが見える。

こっちは満載。観光バスで乗りつけて来た人たち。

個人とツアー、一人と多数、歌うガイドと無口なガイド、などなどがすれ違う。
さまざまな人生がすれ違う瞬間。

ゆっくり写真を撮っていたらすっかり夕暮れだ。
ここから宿まで24km、1時間弱。

暗くなる前に宿に着こう。

【今日の〇〇】
何もなし。

2019/4/6 西表島でカヌー&ピナイサーラの滝トレッキング&ヤエヤマヒメボタル&ゆんたく(D139)

今日は西表島(いりおもてじま)まで移動して、カヌー&トレッキングだ。
船が島に着くころ、アクティビティショップの人がターミナルまで迎えに来てくれる手はずになっている。

0800 出航。

高速船からの風景。石垣港の岸壁はカラフルだ。

時速65キロでガンガン飛ばす。速いこと速いこと。

0830 30分で西表島到着。あっという間。

ショップの車でお店に移動。準備を整える。
重い荷物はショップに置き、身軽になる。

今回の参加者は、ファミリー4名、ご婦人3名、私、の計8名。
ガイドさんは2名。

このツアーはピナイサーラの滝を目指すコース。
西表島にはたくさんの滝があり、それぞれツアーが組まれている。調べたらピナイサーラの滝コースが面白そうだったのでこれにした。

まず、ショップからカヌーの出発地点(マップの赤★印)まで車で行く。
次に、カヌーでヒナイ川を滝に向かう。マップの赤い線がカヌーのコース。
最後は、カヌーを降りて滝壺まで歩く。

そこから帰る組と滝口(滝の上、水が落ち始めるところ)までトレッキングする組に分かれる。後者は私一人だ。

0930 車で出発。

1000 カヌーの出発地点に到着。

カヌーの漕ぎ方をレクチャーしていただき、注意点などの説明を受ける。

1030 カヌーに乗り込む。乗り降りが意外と難しい。

ガイドさんに支えてもらってカヌーに乗り込む。

ご婦人方もカヌーに。

出発。レディファーストです。お先にどうぞ。
このご婦人方、北海道苫小牧から来たとのこと。

最初のうちは川幅が狭い。ゆっくりと進む。

川幅が広くなったところで記念撮影。
ご婦人のお一人、めっぽう元気。

マングローブの木陰で休憩。
他のツアー客とすれ違う。

正面に見えるのは幻の滝。名は無い。普段は水枯れしていて、雨が続いたときにだけ現れる。

今日は水量が多いですね。昨日までずっと天気が悪かったから。
みなさん、ラッキーですよ。とガイドさん。

運がいいとか、ラッキーとか、その言葉に弱い私。得した気分。

1130 カヌー終点に到着。ここから滝壺まで歩くのだ。

水たまりの中を歩き、、、

他のツアー客とすれ違い、、、

サキシマスオウノキの根元で記念撮影をし、、、

渓流に沿って登り、、、

太い樹(名称不明、ガイドさんに聞いた気もするのだが)の脇を通り、、、

水の流れる道を歩き、、、

岩場を登ると、、、

1200 滝が出現。

カメラよ、あれがピナイサーラの滝だ!

岩を直撃する水。舞い上がる水しぶき。轟く瀧音。
すごい迫力。

滝壺で泳ぐ女性。元気があれば何でもできる!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は GOPR0079-1280x960.jpg です

北海道軍団と埼玉県民で記念撮影。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は GOPR0098-1280x960.jpg です

滝の水しぶきを浴びながら昼食。
ガイドさん2人が八重山そばを作ってくれる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は GOPR0108-1280x960.jpg です

本格的なやつ。美味しかった。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は GOPR0115-1280x960.jpg です

腹ごしらえに滝壺手前の岩に登って記念撮影。
北海道の元気なご婦人に撮っていただいた。
写真がぼやけているのは防水ケースに付いた水滴のため。

1250 滝壺出発。全員でカヌーを降りたところに戻る。

1320 私以外はカヌーで戻る。

じゃあ、元気でねぇ~。

ブログに写真載せるのでご自分の写真、ダウンロードしていいですよぉ~。

ありがと~。北海道に戻ったら見るわ。

ファミリーのみなさん、食事してる写真、ブログに載せてもいいですかぁ~。

いいですよぉ。

ありがとうございます。ブログの名前、「ふうそうき」っていいます。
風、走る、日記の記、って書きます。「風走記」です。

じゃ、お元気で。気を付けてねぇ~。

1330 ガイドさん一人と滝口向けて出発。

そんなに急な道ではないので、ガイドさんとずっとお話。
星さん、22歳。栃木出身。確か宇都宮。
学校を卒業して西表島に来た。今、3年め。
動植物が大好きなイケメン。

1400 滝口到着。

滝に流れ込む川の中で記念撮影。 

星さん。見るからに性格よさそうでしょ。

滝口からの風景。
中央に白く見えるのがカヌーを漕いできたヒナイ川。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1287210-1280x853.jpg です

海の方をアップで。
中央を横切るのが船浦海中道路。海の中を走っている。海中ではなく地上だが。
その手前の茶色のところは海。干潮の時刻なので、潮が引いている。
橋の向こうに見える小さい島は、鳩離島(はとぱなりじま)。
その向こうのやや大きいのは、鳩間島(はとまじま)。

鳩離島は無人だが、鳩間島は有人。小学生が一人だけになり、廃校の危機にさらされたことがある。
2005年のTVドラマ『瑠璃の島』は、それをテーマにしていて、鳩間島が舞台。
主人公の少女を演じた成海璃子(なるみりこ)のファンだったので、夢中になって観た記憶がある。

絶壁に腹ばいになって頭だけ乗り出し、滝全体の写真を撮ってみる。

うわ~。すごい迫力。怖い!
いくら空中が好きでも、これは怖い。

幻の滝を横から眺める。何であれ「幻の〇〇」が見られるのはいい気分。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1287196-1280x853.jpg です

例によって記念撮影。星さんに撮っていただく。

すみませ~ん。私が海中道路を隠さない位置になってますかぁ~?
位置を支持してくださ~い。

いつものことだが、注文の多い被写体。

星さん手作りの紫芋のムーチー(餅)月桃(げっとう)の葉で包んである。
月桃の葉からほのかに甘い香りがする。

星さん、気配りの人。こういうさりげない好意が嬉しいですね。

1440 さて、もどろう

帰り道では、出会ったり目に付いた動植物について、星さんがいろいろ解説してくれる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1287237-1280x853.jpg です

何とかトカゲ。星さんが説明してくれたのだが、名前を失念。覚えなかった、と言うほうが正しいのかも。
捕まえられても尻尾を切らないタイプらしい。

白アリの巣。大きい。周囲の直径30~40cm、上下の長さ50~60cm。

サキシマスオウノキの根。平べったいのが特徴。根の高さは腰ぐらいまである。

1510 カヌーで出発。

聖紫花(せいしか)。石垣島、西表島、台湾に分布する。
石垣島バンナ公園の橋の名が聖紫花だった。
聖なる紫の花。いい名前だ。

さて、ここで問題です。
問 「聖紫花」の「聖」が修飾するのは「紫」「花」「紫花」のどれでしょうか。

カンムリワシ。素早い。ボケボケだが間違いない。

潮が引いたのでマングローブの根がよく見える。

3種類のマングローブが並ぶ。それぞれの名を星さんが教えてくれた。向かって左から、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ、オヒルギ、だと思うが、、、自信なし。

シオマネキ。オス。ハサミが大きい。

ハサミを振り上げて潮を招(まね)くから潮招き。
でも、本当は求愛行動らしい。
今日もせっせと求愛行動。メスみなさ~ん、こっち見て~。

1540 カヌーでの出発地点に戻る。

1620 ツアー終了。

近くの宿まで星さんが荷物を持って歩いて送ってくれた。

どうもありがとうございました。
写真、ブログからダウンロードしてください。
ブログに載せないやつはメールで送りますね。

じゃあ、お元気で。旅を楽しんでください。

ありがとうございます。

シーズン中は休みが無くてたいへんでしょうけど、頑張ってね。

1830 宿が主催するホタルツアーに出発。

ヤエヤマヒメボタルが見られるらしい。
2000匹ぐらいはいるよ、今しか見られない。2~3週間かな。と宿の人。
期間限定、というワードに弱い。

ホタルの生息地に向かう途中の夕焼け。

田んぼの水に夕焼けが映って赤く光る。
田んぼで作っているのはタイ米。泡盛の原料だ。

1730ごろ ヤエヤマヒメボタルの生息地に到着。

暗くなるとホタルが光り始める。

光はいっさい禁止。光があると発光をやめてしまう。
カメラのディスプレイの光やフォーカスの光も禁止なので、写真は撮れない。目に焼き付けるだけ。

ピッカン、ピッカン、ピッカン。小さな光が短く点滅する。

闇が深まると、あたりが優しく小さな点滅で包まれる。

ゆっくりとフラフラしながら飛びながら光るのはオス。
草にとまったまま光るのはメス。

今にも落ちそうにフラフラしながら目の前を点滅が飛んでいく。

頑張れ、頑張れ。思わず掛け声をかけたくなる。
ゲンジやヘイケとは全く違う趣だ。

30分ほどで点滅は消え、あたりは闇に包まれる。

初めての貴重な体験。宿の口車に乗ってよかった。

2020 宿に戻り、夕食。

2110 ツアー参加者4人でゆんたく(おしゃべり)タイム。

4人のうち3人が埼玉県人。離島マニアが1人。
いろいろな話が聞けて面白かった。

このゆんたくタイム、泡盛が無料で(笑)飲み放題。

貴重な銘柄が並んでいる。らしい。全然わからないけど。
少しずついろいろ飲んでみたい、と思ったが、2種類で酔ってしまった。

ホタルツアーのガイドさんが60度という強い泡盛を進めてくる。
一見チャラそうに見えて、本当にチャラいお兄さん。
でも仕事はまじめ。サービス精神旺盛。

60度の泡盛を飲んでみる。というより、舐めてみる。
かすかに甘みがあって意外とまろやか。

おちょこ1/3ぐらいだが、かなり効いた。

【本日の写真展:西表島の集落で】

【本日の反省】

ゆんたくで飲みすぎてブログ書けない。