2019/5/23-25 (速報)鹿児島の世界遺産を巡る&いったん帰宅(D186-188)

2019/5/23
世界遺産「明治日本の産業革命遺産」が鹿児島に3つあります。
そこを回りました。
今、写真の整理中です。

2019/5/24
所用があり、いったん帰宅するので、その準備。
相棒バイクは、親切な宿のご主人に預かっていただくことになりました。
宿泊施設に隣接した屋根付きの駐車場なのでとても安心です。
ありがとうございます。感謝!

2019/5/25
飛行機でいったん帰宅。
次回の出発は6月中旬の予定です。

帰宅後、雑務に追われてブログを書く時間がなく、速報でご容赦ください。
写真の整理が終われば、まとめて3日分書けると思います。

引き続きご愛読いただければ嬉しいです。

11月15日(木)107日め (速報)黒部峡谷の欅平でレスキューヘリの「ホバリング+患者吊り上げ」に遭遇

そのスクープ写真(笑)がこれ!

明日はわが身かも、と思いながら撮影。

その後、トロッコ電車のオープン車両で1時間20分冷たい風に当たり続け。
寒くて疲れて宿に戻ってから足がつってしまい四苦八苦。

なので速報でご勘弁。
詳細は明日書きます。書く予定。書けるかな?

9月19日(水)(速報)自宅に戻る

昨日から何となくテンションが上がらない。

体温を測る。36.5度。問題なし。

連泊して街をブラブラしようかとも思ったのだが。

ここは湯沢。ブラブラするところもない。

家まで170kmほどだし、いったん帰るか。

秋の畑仕事もあるし、衣替えも必要だし。

ということで、いったん帰宅することに。

相棒バイクで6時間で自宅に到着。

第2ラウンドは終了。

速報だけで終わっている佐渡などは、そのうちに詳細をアップします。

9月16日(日)~ 18日(火)(速報/改訂3版)大地の芸術祭&八海山登山中止

※9月17日(月)を追加しました。
※9月18日(火)を追加しました。

9月18日(火)

「八海山」といえば日本酒。じゃなくて、修行の山。

今日はここに登るぞ。

あの凸凹したところを左から右まで歩くのだ。

と思ってのだが、、、

歩き始めて15分。体調が微妙。テンションが上がらない。

で、すっぱりと登山は中止。テンションが低いときにはロクなことがない。

宿がある湯沢に戻り、スーパーで買い物。

15時に就寝。

夜中に目が覚めたので、速報を更新。もう一度寝ます。

 

9月17日(月)

午前中は雨。宿でブログ書き。

午後、雨が上がったので。清津峡渓谷トンネルに行く。

そにはこんな光景が、、、

このトンネルはすごい。他にも面白い光景がいろいろ、、、
詳しくは10日後ぐらいになりそうです。

18(火)~19(水)は八海山に登ります。ブログはどんどん遅れます。
ごめんなさい。

 

■9月16日(日)

島から新潟に戻り、十日町で大地の芸術祭を観て、あっちこっち走り回り。

星の棚田。

ところが、

途中でこんなアクシデントが、、、

死ぬかと思った!

 

なんてね。

詳細はもう少し時間がかかります。すみません。

疲れた。

9月11日(火)~ 15日(土)89日め~93日め (速報)佐渡は面白いことが多すぎる(3回めの改訂版)

※13(木)を追加しました。
※14(金)を追加したのだ。
※15(土)を何とか追加。

佐渡は楽しい。面白い。ついつい時間を忘れて、予定がどんどん遅れる。ブログ書いてる時間がない。まずは速報でご容赦。

11(火)
山あいの細い道を走ると、田んぼと海と青空。自然と一体になる感じ。
JRの広告で有名な宿根木。観光がビジネスとして成り立つ難しさを痛感。いろいろ考えさせられた。

12(水)
金山関連遺跡群を見に行く。人形がある(有料の)坑道には入らず。
周辺の遺跡群がめっぽう面白い。廃墟マニアにはたまらない!

2~3時間で見終わる予定が、丸一日。
見終わらなかったので、佐渡での予定を2日ほど延長。
明日も金山関連遺跡を見に行く予定。
今日も明日もブログ書く余裕なし。
ご容赦ください。

13(木)
佐渡島半周ツーリングをしながら、棚田を見に行く。
小倉千枚田と岩首昇竜棚田。
棚田は美しい観光スポット、というイメージがある。
現実は違う。そこにあるのは厳しい農業。
観光イメージと現実のギャップ。

14(金)
北側の半分をツーリング。
まず、ドンデン山に行く。名前が面白い。高原風で明るくいい雰囲気。
両津湾に戻り、海岸線に沿って反時計回りに走る。
北端の二ツ亀海水浴場。海が澄んで美しい。
尖閣湾。切り立った崖に降りて写真撮影。ちょっと恐怖。
佐渡の風景を堪能した一日。

15(土)
朝から雨。カッパを着て、金山関連遺跡群の一つ、大間港跡に行く。金を搬出した港跡。現代の間隔では港としては小さい。明治に作られた遺跡が廃墟マニアの心を打つ。美しいものが多い。どうしても撮影したい、という気持ちがどんどん大きくなる。雨の中、カッパ+傘で苦労しながら撮影。たくさん撮ったので選ぶのが一苦労。いつもこんなことばかり。確信犯。

当分は速報だけでご容赦ください。すみません。

9月1日(土)79日め ~ 9月3日(月)81日め 速報! 鳥海山に登る

鳥海山(ちょうかいさん)は、秋田県と山形県の境にある日本百名山

9月1日(土)
鳥海山に登る予定だったがいろいろなできごとがあって中止。秋田の40kmほど南の由利本荘市でブラブラ。面白いコミックを発見。

9月2日(日)
鳥海山1日目。天気がよくて最高。外輪山からの眺めが最高。写真撮影の枚数がハンパない。新山の頂上で記念撮影。鳥海山大物忌神社(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)が管理する山頂御室(おむろ)小屋に宿泊。9時間30分、小休止だけで歩き続けたので、さすがに疲れた。
鳥海山は変化に富んだ素晴らしい山だ。

9月3日(月)
鳥海山2目。雨になるのではと心配していたが、朝からいい天気。外輪山からの眺めが最高!
救助を待つ登山者に遭遇したり、救助に向かう救助隊に遭遇したり。7時間、昼食抜きで歩き続けたので、空腹と疲れでヘトヘト。
やっと酒田市の宿に到着。美味しいビールを飲みながらこれを書いています。

写真のセレクトに時間がかかりそうなので、まず速報でご勘弁ください。

宿で台風をやり過ごす間に、詳細をアップできるといいなあ。

疲れ過ぎてダウンです。おやすみなさい。