2021/09/09 鳴門のリゾートホテルでのんびり(D322)

2連泊した鳴門の宿はリゾートホテル。
いつもは安価なビジネスホテルか民宿なのだが、たまにはプチ贅沢もいいよね。
と、ネットでコスパがいいホテルを探しまくり。
この宿なら渦潮や大塚国際美術館にも近いし、何よりコスパがいい。

というわけで、今日はリゾートホテルでのんびり。

部屋からゴルフ場が見える。
クラブハウスと宿泊施設が一体になった施設だ。

広々としたツイン。シングルは1部屋もない。

部屋から海が見える。

敷地内の別の建物。あちらは会員制。ちょっと格が上。

朝はゆっくりと起床。
昨日は部屋のお風呂を使ったので、今日は朝からスパに行くことにした。

スパの建物。
シャトルバスが7~8分間隔で運行している。
初めてだから乗ってみた。あっと言うまに着く。

ジャグジー付きの半露天風呂。
青空と海が見える。極楽極楽。

帰りはのんびり散歩しながら自分の部屋に戻る。徒歩6分。

部屋の窓を開けるとさわやかな空気が流れ込む。
温かい陽射しが気持ちいい。

午後、もう一度スパに行く。
3時を少し過ぎたころなので、他には誰もいない。
のんびりと露天風呂を独り占め。

何もせず、のんびり過ごして一日が終わる。
たまにはこれもいい。

今日のブログを書いて外を見たら、夕焼け。

夕焼けの写真を追加。今日の作業はこれで終了。

■本日のデータ
宿泊費:素泊り5,500円 × 2泊=11,000円。

■本日の宿
昨日と同じ。2泊目。

2021/08/12 雨の中、生口島から尾道へ、温泉でまったり(D294)

予報どおり朝から雨。前線が停滞していて、4日間ぐらいは雨の日が続きそうだ。
昨夜から諦めモードに入り、尾道の宿を4連泊で予約した。
今治か尾道か迷ったが、小雨なら歩いて回れる尾道がいいのでは、と考えた。
島だと退屈しそうで、私もやっぱり都会人(笑) 田舎暮らしは無理ですね。

0930 チェックアウトぎりぎりに宿を出る。気をつけて走ってね、とご主人。

ザアザア降りの雨の中、レインスーツに身を包み、一路尾道へ。
今回は50円玉、しっかり2つ準備済み。
転ばぬように、そろりそろりと参ろう。

1100 尾道の宿に着く。

玄関の屋根と駐輪場の状況を確認。
雨の日は、荷物の積み下ろしがたいへんなのだ。
玄関の上に大きな屋根があり、濡れずに荷物を降ろせそう。
駐輪場には屋根はないが、雨を防ぐ建造物のある一角を発見。
よしよし、あそこに停めることにしよう。

そのまま、近くの温泉に向かう。

1130 尾道平原温泉 ぽっぽの湯に到着。入浴料800円。チェックインの15時までここで過ごすことにする。

露天風呂あり。全体にゆったりした感じ。
休憩室にテーブル類がないのが難点。ブログが書けない。

1230 食堂へ行く。朝食抜きなのでお腹がすいた。

尾道ラーメン+唐揚げ3個セットを注文。1130円だったかな?
旅に出るとカロリーが高いものを食べたくなる。
健康的生活の反動? 体力を消耗したから? おそらく後者(笑)

尾道ラーメン。
注文時に、うす味にして、濃いと食べられないの、とお願い。
うん、うす味でちょうどいい。
丼周囲の白いものは背油。尾道ラーメンの特徴らしい。
とは言うものの、それほど油こくはなく、味はまあまあ。

問題は麺。半分も食べないうちに伸びてきた。スカスカな感じ。
讃岐うどんの対極にある食感。
プディングの味は食べてみないとわからない。とは英国のことわざ。名言です。

鶏の唐揚げ3個はみな大きくて美味しかった。トータルでは満足。

午後、1時間ほどブログを書き、スーパーで夕食を買い、宿へ。

午前中は緊張しながら全神経を使って走り、午後は温泉でまったり。
理想的な一日になりました。

■本日のデータ
尾道平原温泉 ぽっぽの湯:800円。タオルなどすべて自分で持ち込む場合。借りるとどんどん高額に。
尾道ラーメン:お店によって、いろいろなバリエーションがあるらしい。でも、もういいかな。グルテンフリーを目指すのだ。

■本日の宿
尾道駅付近のビジネスホテル。
横に長いテーブルが、食べながらPCを使うのに具合がいい。
当日の18時までならキャンセル料が不要というのが気に入った。
とりあえず5日分を予約。
出発するときは当日の朝にすべてキャンセルすればいい。