2021/10/21 新宮で城跡、神倉神社&コトビキ岩を観る(D340)

今日は新宮市で城跡や世界遺産を見る。ここには地味だが面白い場所がある。どれも近いところにあるので歩いて回るのが楽でいい。

まず、新宮城跡に向かう。

石段を登る。石垣を見ながら本丸に向かう。

排水口がある。この城も排水には気を遣っていたことがわかる。

本丸の下に着く。小さいが雰囲気のある石垣。

裏手に回り込む。思ったより大きい石垣だ。

石垣の上(本丸)に登る。

本丸からの眺め。手前に櫓があった石垣が見える。

さっき見た櫓があった石垣に向かう。

櫓の石垣が見えた。登ってみよう。

櫓の石垣からの眺め。これなら熊野川の交通を見張れるね。

登ったのとは違うルートでお城を下りる。

仲之町(なかのちょう)商店街。シャッターが閉まっているお店が多い。開いていたお店の人に尋ねたら、コロナ禍よりずっと前からこんな状態とのこと。

神倉神社フォトスポット、という案内が気になった。まず、こっちへ行って写真を撮ろう。

フォトスポットに到着。駐車場内からの撮影OKです、という寛大さに拍手。

駐車場から撮ってみた。かなり高い。神倉神社まで538段というのも頷ける。

いよいよここから登る。

「階段を上られる方へのご注意」

バランスを崩したり、滑ったりする人が多いのだろう。心を引き締めて登ろう。

0830 スタート。

鳥居の前から石段がある。段数を数えてみよう。

鳥居を過ぎて上を見る。いきなり急な石段が続く。

100段目に立って上を見る。めちゃくちゃ急だ。

158段目で平らなところに出る。一休み。赤い祠は地蔵堂。

200段目から上を見る。まだまだ急だ。

300段目。少しだけ緩い角度になってきた、

476段目で鳥居に到着。

神倉神社の下に着く。横の大きな岩がコトビキ岩。今にも落ちて来そうだ。

近くで見るとホントに大きい!

神倉神社の前まで登る。
町が眼下に見えてとても爽快だ。達成感がある。
石段は508段だった。途中、だらだら登りのところは数えなかったので、1歩を1段と数えれば30段ぐらいにはなるだろう。538段というのは妥当なところだ。

参拝客と記念写真を撮りあう。

戻る途中、「←女坂」という表示を見つける。そんなのがあるとは知らなかった。面白い。帰路はこっちへ行ってみよう。

ここが女坂の入口だ。赤い建物は地蔵堂。

女坂の標識が出ている。フツーの山道だ。確かにこちらの方が楽。

だいぶ下りてきた。木々の向こうに鳥居が見える。

石段はほぼ45度。これはキツいのも当然。

女坂から石段に合流して、神倉神社参拝は終了。
約1時間。確かに石段はきついが慎重にゆっくり登れば問題なし。できるだけ身軽な方がいいね。

途中ですれ違った80歳くらいの女性は、毎日2回参拝するとのこと。近所に住んでるらしいが、元気にあふれていた。これからもお元気で。

さて、次は、浮島の森に行こう。徒歩10分ほどだ。

浮島の森全景。
島の大きさは、96m×55m。
その名のとおり、島全体が水に浮いている。島には熱帯から寒い地域まで幅広い気候で育つ植物が130種類以上も生育している。とても不思議な島だ。国の天然記念物になっている。

島の中へはここから入れる。入場料110円。

順路に従い、まず島の周囲を歩き、途中から島の中に入る。

多種多様な植物が繁る。まるで植物園。
写真左下に「サカキカズラ」と赤い文字で書いてあるのがわかりますか。赤い文字は熱帯植物。

蛇の穴という場所がある。土で埋まっているが、元は穴があったのだろう。美しい娘が大蛇に呑まれて、この蛇の穴に引き込まれたという伝説がある。悲劇の主人公はみな美しいのです。各自お好みに合わせてご想像ください。

受付に戻り、係の人と雑談。親切にいろいろ教えていただいた上に蜜柑までいただいた。ありがとうございます♪♪♪

受付に飾ってある写真。四月中旬〜下旬の風景とのこと。このころ来るといいですね。

昔の写真。島の周囲に家が無かったので、島はけっこう動いていたらしい。ひょっこりひょうたん島みたいですね。

さて次は、世界遺産の阿須賀(あすか)神社だ。

10分ほどで阿須賀神社に到着。
後ろの山は蓬莱山(ほうらいさん)
2016年に世界遺産に追加登録された。まだ有名ではないためか、解説板も質素なもの。観光客も少ない。こういうところの方が私は好きです。

1300 新宮駅に向かう。今日は紀伊勝浦駅近くの宿に泊まるので、電車で移動だ。

特急くろしお。パンダの顔をしている。いいね。

車体にもパンダ。
白浜のアドベンチャーワールドというところにパンダがいるので、その宣伝。

1329 新宮駅を出発。

16分で紀伊勝浦駅に到着。

駅のホームでは美しい女性たちが出迎えてくれた。

駅の観光センターで、熊野那智大社、那智の滝などの資料やバスの時刻表を入手。まわり方を教えていただく。

1410 駅から10分ほど歩き、このあたりで唯一のスーパーマーケットへ行く。食料とお酒を買う。

支払い時に、精算機に入れた50円硬貨が認識されないというトラブルが発生。監視カメラを確認してもらい、確かに硬貨を入れたことを立証。お金の問題ではなく信用の問題なので、たかが50円と侮ってはいけない。
なんてね。そんな大げさなものでもないけど、ホントに入れたの?と疑われていたはずなので。

1530 宿に到着。とても親切に出迎えていただいて、先ほどのトラブルのモヤモヤが霧消しました。

◼️本日のデータ
浮島の森は110円、その他は無料。
新宮城、神倉神社、浮島の森、阿須賀神社を徒歩で回って、約4時間30分。

◼️本日の宿
紀伊勝浦駅のすぐ近く。温泉付き。親切。宿の各所に細かな気遣いがある。しかもとても安い。次回も泊まりたくなる宿です。

2021/10/20 熊野本宮から熊野川を舟で下り、熊野速玉大社へ(D339)

※最終更新 10/21 07:30 昨夜、舟下りの途中で寝落ちしたので、それ以降を最後まで追加。

今日は、熊野本宮の大鳥居と大斎原(おゆのはら)へ行ったあと、熊野川を舟で下り、熊野速玉大社まで行く。

今日はとてもゆっくりした日程だ。

行動エリアは、赤線で囲んだあたり。

1000 宿を出ようとすると宿のご主人が、今日はどこまで行くの? バスがすぐに来ないなら載せてってあげるよ。とおっしゃる。

想定外の展開。
じゃあ、本宮までお願いします。

0930 という流れで車に乗せていただき、宿を出発。

昨日のブログにおもてなし精神ゼロって書いたけど、早とちりだったなあ。後で直さないと。などと考えながらご主人と雑談。3年前に神奈川から移住してきたそう。仕事は住宅のリペア。奥さんは観光センター勤務。民宿は副業なのだ。そうだと思いましたよ。やる気感じなかったもん。と心の中で思いながら口には出さず、大人の対応(笑)

0950 本宮に到着。

鳥居の脇の旗が目立つ。赤丸の中の黒い鳥は八咫烏(やたがらす) 足が3本あるのが特徴。神武天皇が東征するときに熊野から大和まで先導したとの伝承がある。

大斎原・大鳥居に向かう。

5分ほどで田んぼの中に大鳥居が見えて来た。確かに大きい。

大鳥居の周りの田んぼでは餅米を作っている。釜餅という餅菓子の材料になる。

大鳥居の後ろが大斎原(おおゆはら)だ。

ここから向こうが大斎原。神のエリアなので写真撮影は禁止。

熊野神社の社殿は昔この大斎原にあった。明治22年の大水害で多くの社殿が流された。流出を免れた上四社三棟は現在地に移築。流失した中四社と下四社が石造りの祠二基に合祀されている。と、解説板にある。

大斎原は50×100メートルほどの平地。石造りの祠2つと碑が1つある。

この碑の文字が美しかった。写真に撮れないのが残念!

碑は「一遍上人神勅名号碑」、字は「永田麟谷書」とある。あとで調べてみよう。

のんびりと大斎原を散策。

すぐ隣を熊野川が流れている。大斎原は熊野川の中洲なのだ。

1100 まわりを散策しながら本宮前に戻る。

時間があるので熊野について勉強することにした。

熊野古道館。熊野ビジターセンターみたいなもの。バス停のすぐ隣にある。向こうに見えるのは消防署。
熊野三山に関するビデオが流れていたのでしばらく観る。昼食をはさんでビデオを見たりブログを書いたり。

1325 舟下りの出発点を経由するバスに乗る。

1400 舟下りの出発点、道の駅熊野川で下車。

予約をしておいたので、バスを降りると舟下りのスタッフが待っていてくれた。

川下りの衣装を着て傘をかぶり、川に向かう。

舟に乗り込む。

スタッフが一人ずつ記念写真を撮ってくれる。親指を立てているのが私です(笑)

出発です。この白い衣装の方がガイドさん。

山が崩れて道路が無くなり橋をかけたのがこれ。
熊野川は三重県と和歌山県の県境を流れている。舟の進行方向、左手が三重県、右手が和歌山県。さあ、この橋はどっちの県でしょう?

時刻と舟の進む方角だけ考えればすぐにわかります。
正解は最後で。

周囲の山々を眺めながら、ゆっくりと進みます。

面白い形の苔。何に見えるかはあなたしだいです。

フツーの山々を見ながら進みます。ゆったりとした感じがグー。

と思ったら、突然に全速力。エンジン付きなので緩急自在。

美しい風景が広がる。

ここから流れが速くなります、とガイドさん。

おおっ、水しぶきが!

また、のんびり。

御船島(みふねじま、御舟島)が見えてきた。もうここは、熊野速玉神社(くまのはやたまじんじゃ)の境内だ。つい先日の10/16に御船(みふね)祭が行われた。神輿を乗せた9隻の美しい神幸船がこの島の周りを回るのだそう。

私の後ろ側の人たち。白い服が船頭さん。

河原にお腹の白い大きめの鳥がいる。ガイドさんによればミサゴという猛禽類。トンビやサシバの仲間。絶滅危惧種だという。このあたりでは比較的よく見かけるらしい。

こちらはカモ。黒い豆粒にしか見えないが。

山がザクッと削り取られている。関西空港用の石をここから採掘したらしい。柱状節理なので上部で発破をかけるとその下の石がドサっと崩れて簡単に採石できたようです。と、ガイドさん。

昔の雰囲気を味わってみましょう。ということで、エンジンを止め、川の流れに舟をゆだねる。ガイドさんが横笛を吹く。平安時代の曲らしい。なかなか乙な趣向だ。

赤い橋が見えてきた。そろそろ終点だ。

1550 船着場に到着。約1時間30分の舟旅。思ったとおりに楽しかった。

スタッフさんが車でお出迎え。熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)まで送っていただいた。

速玉大社、正面の鳥居。

御神木の梛(ナギ) 国指定天然記念物になっている。

神門。向こうに見えるのは上三殿。

拝殿。奥に速玉宮がある。屋根の上が少し見えている。

今日の予定はこれで終了。コンビニでお弁当を買って宿に向かおう。

◼️本日のデータ
舟下り乗船料金:4,300円。
乗船時間:約1.5時間。
出船時刻:10:00、14:30 (2回のみ、予約制)

乗船時にいただいたパンフレットの舟下りマップ。川が蛇行しているのがよくわかる。

◼️本日の宿
速玉大社から徒歩15分のゲストハウス。着いたら閉まっていた。電話してすぐに来てほしいと催促。冷たい風に吹かれながら10分ほど待った。

◼️本日の教訓
個人経営で副業的にやっている宿は人が常駐していないと思うべし。

2021/10/19 熊野古道 中辺路を歩く 2日目 継桜王子から熊野本宮大社へ(D338)

今日は、継桜王子(つぎざくらおうじ)から熊野本宮大社まで歩く。
22.1キロ、8時間50分。と、熊野古道マップの情報。

歩くのは、赤線で囲んだあたり。

詳細マップ。気になる人は、ダウンロードして拡大して見てください。

というのが当初の計画だった。
だが、20キロはホントにキツイし、道からの眺めは悪いし、樹木は杉林だけで変わりばえしないし、歩いてもあまり楽しくない。残り全部を歩くことに疑問が出てきた。

で、そのことを昨日の夕食時に話したら、宿泊客の一人が「歩き始めたいところまで車に乗せて行ってやるよ」とおっしゃる。

発心門王子(ほっしんもんおうじ)でもいいですか?

いいよ、どこでも。明日の予定は決まってないから。

やったあ〜、じゃあお願いします。

ということで、発心門王子まで車で行き、そこから歩くことにした。

発心門王子から本宮までだと、約7キロ、2時間ほど。全部を歩くのに比べ、距離で3分の1、時間で4分の1だ。これなら楽勝!

0840 車で宿を出発。発心門王子に向かう。

0930 発心門王子に到着。車道の脇にある。

跡が多い中、立派な祠が残っている。

0935 発心門王子と水呑王子の中間地点まで車で戻る。

送っていただきありがとうございました。お互いに気をつけて旅をしましょう♪

熊野古道の案内板に従って歩き始める。

このあたりの道は舗装されている。

0950 水呑王子に到着。

跡なので祠はない。祠のように見えるのは押印所。記念のスタンプを押すところですね。

小さな集落に出る。

少し進むと集落が見下ろせる場所に出る。

1045 伏拝王子に到着。

ここには休憩所とトイレがある。10分ほどトイレ休憩。

1100 伏拝王子を出発。

杉林の中をくだり、

木造の橋を渡ると、

1125 三軒茶屋跡、九鬼ケ口関所に到着。

本宮がずいぶん近づいた。

石の階段を登り、

シダの繁る道を歩き、

岩の敷き詰められた道を下ると、

本宮町の住宅街に出る。

1220 祓殿王子(はらいどおうじ)に到着。

ここから舗装道路を少し歩くと、、、

1225 熊野本宮大社に到着。裏鳥居から入る。

本宮の裏鳥居に到着。いつも裏から入ることが多いが、今回もまた裏からだ。

境内マップ。わかりやすくていいね👍

黎明殿。

心門。

本殿は写真撮影禁止なので、写真は無し。

石段を降りる。見下ろすと怖い。両脇の旗は奉納記録。

こちらが表門。

マスクはカッコいいが、コロナって獅子にも写るの?

1300 熊野本宮館のベンチで昼食。

民宿つぎ桜製。京都風。満足。

1340 ヤマザキショップで食料の買い出し。

1425 川湯温泉経由のバスに乗車。

1455 川湯温泉の宿に到着。

さあ、ブログを書いて早く寝よう。

◼️本日のデータ
昨日歩いた歩数:39,955歩。4万にわずかに足りない。残念! でも、自己最高記録。

◼️本日の宿
川湯温泉の民宿。昨日の宿とは真逆で、おもてなし精神ゼロの宿。