2019/5/18 鹿児島行きフェーリーに乗る(D181)

今日はフェーリーで鹿児島に行く。
到着は明日の朝、そして夕方のフェリーで屋久島に行く、という計画だ。

フェリーは古仁屋港から1530出発なので、それまでノンビリ。

お昼まで宿のロビーでブログ書き。

1300 お腹がすいた。

地元の食堂で食べてみようかな。
ネットで探すと、宿のすぐ隣に評判のいいお店がある。
よし、ここにしよう。

なにわ食堂。昭和感満載。いいね。

メニューは4種類+ご飯。シンプルだ。

野菜が多いのはどれ?

焼きそばかな。みんな多いよ。

チャンポンは?

チャンポンも多いよ。

じゃ、チャンポン、お願いします。

そのチャンポンがこれ ↓

野菜も麺もたっぷり。そして美味しい。
これで500円。安い!

食べていると近所の方たちが次々とやってくる。それはそうだろう。

尋ねたら50年ほどやっているとのこと。
アラウンド70歳と見えるので、若い時からこのお店一筋なのだろう。

1400 フェリーでの食料を買い込む。

1600 出航。雨と霧のため30分遅れ。

奄美、さようなら。

奄美大島と加計呂麻島の間を抜ける。
乗船時は降っていたのだが、陽が少し射してきた。

左手の高台に曽津高崎(西古見)灯台が見える。

2等寝台。

持ち込んだサンダルに履き替え、解放されている食堂でブログ書き。

1900 晩酌&夕飯。

沖縄でも奄美でも、日本酒はほとんどない。お店に純米酒があっただけまし。

上は2倍の大きさのおにぎり。だから爆弾。
具は、高菜、昆布、明太子、鮭。4種類がまとめて入っている。

巻きおむすび(鹿児島県産米使用)の断面。
外にもスパム、中にもスパム。スパムだらけ。
沖縄でも奄美でもスパムをよく食べる。

見ると、ブログへのコメントが来ている。
沖縄師匠からだ。
屋久島で土砂災害が発生しているが無事ですか?との内容。

あわててネットニュースで調べる。
土砂災害で200人近くが立ち往生しているとの報道があちこちに。
崩れた土砂に阻まれて下山できない。
近年類をみない大雨が降った。
2次災害を防ぐため、夜間の捜索は打ち切った。

えぇっ!!! そうなのか。
これじゃあ、行っても何もできないな。

あわてて、屋久島の宿をすべてキャンセル。
鹿児島に宿を取る。
このあと、どうする?
明日、ゆっくり考えよう。

明日のために今日は寝る。
※松本零士『男おいどん』のセリフ。

【本日の宿】
フェリーあまみ。鹿児島と奄美諸島を結ぶ。

【本日のデータ】
自然には勝てない。

2019/5/17 瀬戸内の海岸をウロウロ(D180)

朝から雨がパラついていたが、お昼ごろになって、ときどき晴れ間が見えてきた。

よし、降られるのを覚悟で、近くの海岸を走ってみよう。

まずは、古仁屋港から北へ向かって、海岸に沿って走る。

港から2kmほどのところ。
海の色の変化がくっきりときれいだ。

さらに2、3分走ったところ。
養殖をしているのか、生け簀のようなものが並んでいる。
こういう風景もなかなかいい。

と、雨が降ってきた。前方の空は一面にどんよりした雨雲。
後ろを振り返る。ところどころに青空が見えている。
それなら南に向かおう、ということでUターン。

いったん古仁屋港に戻り、港の周辺をゆっくり走る。

花の名前は知っているのだが、思い出せない。

百合のような花。百合か? 縞々がきれい。

この花の名はわかる。えっ~と、、、

鹿児島県瀬戸内警察署。
屋根の青の風合いが気に入った。

10分ほど走るとマネン崎展望広場。

南東方向。向かって左の岬は奄美大島、右の岬は加計呂麻島(かけろまじま)。

東方向。岬と岬の間の色が美しい。

北東方向。海の青と花の赤のコントラストがいいね。

アマミホシゾラフグ(奄美星空フグ)の紹介掲示。
解説によると大きく写っているのが巣。面白い形だ。
見ることができるツアーがあるのだろうか。

さらに10分ほど走る。

車エビ養殖場。ここにもあった。

道を横切ったのでスッと停まってパッと撮影。
サギだと思うが、首から上が茶色のは初めて見た。
アマサギ(飴鷺・猩猩鷺)という種類のようだ。

パラパラと雨が降り出す中、ヤドリ浜とホノホシ海岸まで行く。
大降りになりそうなので引き返すことにしよう。

古仁屋港に戻る。

海上保安庁のいそなみが停泊中。

こちらでは、緑の船に緑のコンテナを積んでいる。
運送会社のカラーコーディネートかな。いいね。

雨が激しくなってきた。写真はここまで。

夕飯を買って宿に戻ろう。

【本日の宿】

瀬戸内町古仁屋港付近。2連泊の2日目。
ロビーに掛けてある書がこれ ↓

長生きのヒケツは息をすることを忘れない事である。 きみまろ談

確かに。ときどき忘れることがあるので気を付けよう。

【本日のデータ】

加計呂麻島(かけろまじま)へはフェリーが1日7往復出ている。
運賃は安い。
おとな:片道390円、往復690円
原付:片道270円

天気が良ければ渡って走りたかった。

2019/5/16 奄美大島を北(奄美市)から南西(瀬戸内町)に走る(D179)

今日は、島の北側にある名瀬港から西側にある瀬戸内町古仁屋港まで移動する。

いつ降られてもいいように、カッパのズボンは履いておく。
上はすぐ着られるが、ズボンは履くのに時間がかかるから。

1030 出発。

奄美大島は、沖縄のやんばる地方と同じで、ほとんどが山だ。海からすぐ山が立ち上がる。平地はごくわずか。
道路も、高台か山の中がほとんど。海岸を走るところもあるが、多くはない。

秩父を走っているような気持ちになる。
樹木の種類は秩父とは違うはずなのだが。
南国的なものは少ない。ときどき、ヒカゲヘゴやソテツが顔を出すぐらい。

高台からこんなものを発見。

機械が回って水しぶきをあげている。
止まっているのもある。

何だろう? 行ってみよう。

引き返して脇道に入る。駐車エリアでバイクを停め、歩いて向かう。

ちょうど歩いて来た人がいるので尋ねると、車エビの養殖場とのこと。
機械は水を攪拌するもの。止まっているのがあるのは、攪拌量を調整するため。
今日は小さいエビを入れるので攪拌しすぎないようにしているらしい。

許可を得て、近くまで行ってみた。

おお、回ってる、回ってる。

止まっているのをアップで。あの羽で水を跳ね上げるわけね。

水が綺麗なので養殖には適しているらしい。
沖縄でも養殖しているという話だったが見たことはない。

かごしまロマン街道 群倉 Boregura

倉にしては壁がない。屋根が大きい。

倉のひとつひとつは「高倉」というらしい。
特徴として、釘を使っていない、風通しがよい、ねずみが登れない、などと書いてある。

柱の上部。確かに釘を使わずに組み合わせてある。

柱の下部。確かに釘は使わない構造。

屋根と思ったところが収蔵室。扉が開いていて中が見える。

隣の倉も見てみる。

こちらには所有者名が書いてある。
へぇ、面白い。所有者がいるんだ。それとも元の所有者か?

いつ降り出すかわからないので、かごしまロマン街道をひた走る。

戸円ふれあい公園からの風景。

徳浜の断崖。
写真では伝わらないが、この岸壁が眼前に突然現れたときは、うわっ!となった。

1340 雨が降り出し、本降りになる。

海岸線に沿って、グルっと回る予定だったが、中止。
宿に向かって最短距離の道に変更。
山道でトンネルが多い。
滑って転倒しないよう、ひたすら慎重に走る。

1450 宿に到着。

荷物を部屋に入れ、近所のスーパーで夕飯の買い物。

1630 お昼抜きだったので早めの夕食。

飲んだり食べたりしながらブログを書く。

気がついたら寝ていた。
今日も就寝時刻記憶なし。

【本日の宿】
瀬戸内町古仁屋港付近。2連泊の1日目。

【本日のデータ】
奄美大島は平地が本当に少ない。現地に来てみての強い実感。
山岳地帯に人はいないので人口も少ない、という印象。
調べてみた。

奄美大島   4万2720人  712平方Km
石垣島    4万7560人  223平方km
沖縄本島 138万5000人 1207平方km
※2016年の概数

数値で比較すると、面積に比べて人口が少ないことがよくわかる。

2019/5/15 金作原原生林を歩く(D178)

朝起きたら、奄美大島が梅雨に入ったというニュースをやっている。
外を見ると雨がパラパラ。
で、午前中は宿でのんびり。

午後になって雨が止み、空が明るくなった。

よし、金作原(きんさくばる)原生林に行こう。
Googleマップでは、名瀬港近くの宿から13km、30分ほど。
歩くところは2kmほど。往復4km。ふつうに歩けば1時間。
単純計算で2時間。倍かかるとして4時間。夕方には余裕で戻れる。

1330 宿を出発。

1400 Googleマップの示す地点を過ぎる。

金作原原生林まで5km、の表示。

えっつ、話が違うじゃん! 

アスファルトが終わり、砂利道になる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は P1364073-1280x853.jpg です

水たまりの多い、ガタガタ道が続く。

転ばないように注意深く走り続けること30分。平均時速10km。

やっと原生林入口らしき場所に着く。

汚れすぎた掲示がちょっと残念。
人手が足りないのか、熱心でないのか、別の事情なのか?

1430 散策開始。

車止ゲートの脇を通過する。
右上の四角いのは通過センサー。登山口によくあるやつ。

車両通行量 調査中。と言えばマイルドだが、ゲートをこじ開けて侵入する車を監視しているわけね。ついでに人の通行量も記録できるし。

動物横断注意、の掲示。
根元から折れて、木に立て掛けてある。
汚れもひどい。
人手が足りないのか、熱心でないのか、別の事情なのか?
通行止めにしたから、これは不要ということなのか?

ドーンと立っているのはヒカゲヘゴ。
やんばる教育の森で、この葉の天ぷらを食べた。サクサクして美味しかった。
こんなに大きくなるんだね。
※ヒカゲヘゴ:日本で最大のシダ植物。

それにしてもシダが多い。
葉の形状がみな違う。

ということで、シダ写真展。

すべて名称不詳。
シダには興味がないので調べる気もなく、、、すみません。

奥へ進む。

中央上部にヒカゲヘゴ。目立つ。葉が熱帯っぽいから?

アップで。

さらに幹をアップで。
模様のように見えるのは、葉柄(ようへい)が枯れて落ちたあと。
ウロコっぽくて面白い。

繊細な葉の樹木が並ぶ一角。
こういう風景が好き。

鳥がいる。

声の方を向けてノーファインダーでシャッターを切りまくる。
ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる。
で、当たったのが上の写真。残念ながらシルエット。
詳細不詳。カラスでないことだけは確か。

下へ降りる階段がある。降りてみよう。

オキナワウラジロガシ。
降りたところにある掲示+実物。
樹齢150年以上。直径1m、高さ22m

根がすごい。

せっかくなので、記念撮影。
顔が黒くてわからないが、周りが暗いんだから、よしとしよう。

1530 ここが終点なので、同じ道を戻る。

着生植物。他の木に根を張る。

こんなのも。

1600 原生林入口到着。帰りはさっさと歩いたので早かった。

【本日の宿】
奄美大島 名瀬港付近。ビジネスホテル。隣がスーパーとドラッグストアがドッキングしたようなお店。2連泊の2泊め。

【本日のデータ】
金作原原生林の場所:Googleマップ登録の位置は不正確。3~5kmは奥のはず。
電波が通じないのでアクシデントがあっても助けは呼べない。

2019/5/14 奄美大島に渡る(D177)

昨日、与論島はほぼ一周したので、今日は奄美大島に渡る。

朝から雨。カッパを着て、傘をさし、荷物をバイクに積み込む。
傘をさすのは、雨が荷物入れに入らないようにするため。
荷物入れの蓋は上に開くので、傘がないと雨がダイレクトに入ってしまうのだ。

1000 宿を出発。

昨日、見損なったエリアを回る。
雨の中なので写真は無し。
特に撮りたい場所もなかった。
これは場所の問題ではなく、気持ちの問題。
撮りたいと思うものを発見できる気持ちにならなかった、ということ。

1130 フェーリー乗り場に着く。

ホンダのバイクPCX125で来ていた人とお話。
昔からあちこちの島に行っているとのこと。
どおりで、バイクの積載方法や装備に細かい工夫があるなあ、と思った。
こういう人と比べると、まだまだ駆け出し。
装備も積載も工夫の余地がまだまだありそうだ。

1210 出航。

解放されているレストランのテーブルでブログ書き。
他にすることがないので集中できる。

昼食はファミマのコーヒーとスーパーで買って持ち込んだパン。


お気に入りのファミマオリジナルコーヒー。
10パック入り、197円。
安くて美味しく手ごろな大きさ。最近はこればかり。

これをフェリーの給湯器のお湯で抽出。
お湯の温度が低いのが難点だが、まあまあ美味しく抽出できる。

夕飯はスーパーで買ったお弁当。
下船後に相棒バイクで走るので禁酒。

2030 奄美大島 名瀬港に到着。

2100 開いていたスーパーで、奄美黒糖焼酎を買い、ホテルに到着。

xxxx(時刻不明) 飲みながらブログ用写真を選んでいるうちに寝てしまった。

最近は、急に眠くなって寝てしまうことが多く、就寝時刻を記憶していないことが多い。

【本日の宿】
奄美大島 名瀬港付近。ビジネスホテル。隣がスーパーとドラッグストアがドッキングしたようなお店。2連泊の1泊め。

【本日のデータ】
フェリー運賃:旅客+原付で9000円ぐらいだったはず。※確認しだい更新予定。