2019/8/31(番外編)医療費&経過の報告

7月29日に退院したと思ったら、あっという間に1カ月が過ぎてしまった。
先生からは、普通に生活すればいい、と言われていたので、いろいろな仲間たちと飲むことが多かった。

そうすると、必ずドクターヘリの話になり、保険はきくの? いくらかかったの? と尋ねられる。
まあ、そりゃあそうだろう。逆の立場なら私も聞きたい。

【医療費まとめ】
というわけで、いまごろになって、という気もするが、医療費についてご報告。

※1
ドクターヘリは、負担額がなんと9,160円。保険適用とはいえ、こんなもん? という金額。これは、医療行為についてだけ請求され、ドクターヘリが飛ぶための費用は請求されないからだ。今回は、3名の救急救命士がドクターヘリで来てくださったが、その方たちの医療行為がこの金額になる。

ドクターヘリが1回出動するためにかかるコストは約40万円。その費用は一般的には鹿児島県が負担する。ただし、今回は県と提携している民間病院のヘリで、運航費用は病院が負担しているようだ。詳しくはこちら↓
http://www.hemnet.jp/databank/detail/-101.html

※2
鹿児島の病院での手術・入院などの費用57,600円は、高額療養費制度が適用されているため。請求書によると実費は1,396,810円。

【経過】
全体として特に問題なく順調。

8月1日
呼吸器専門医を受診。気管支喘息の検査を受ける。
肺活量には問題ないが、瞬間的に息を吐き出す力が弱いとのこと。
気管末端の細くなっている部分が狭くなっているらしい。
改善するための吸入薬を処方していただく。
1カ月間吸入し、再診する予定。

8月17日
脳ドッグを含めた循環器系の総合ドックを受ける。
検査結果が出るのは9月1日。これをクリアしないと、わが家の女王陛下からお許しが出ない。

8月21日
近所の循環器系の病院で術後一カ月めの検診を受ける。
鹿児島の病院から紹介状をいただき、手術データなどもお渡ししてある病院だ。
先生に日本一周中であることを説明し、104日分のお薬を処方していただく。
これで11月末まで戻らなくてもオッケー。着々と再始動の準備は進む。

【今後の予定】
9月1日:総合ドックの検査結果発表。今からドキドキ。心臓にはとても悪い。
9月4日:日本一周再始動。屋久島入り。

10月10日(水)番外編 那須の名瀑 駒止の滝の紅葉を観に行く

秋は紅葉と滝の組み合わせもいい。

日光なら華厳の滝(けごんのたき)。
那須なら駒止の滝(こまどめのたき)。那須の名瀑(めいばく)だ。
※瀑(ばく)とは、水しぶきをあげる滝のこと。

せっかく那須に来たのだからぜひ見たい。

駒止の滝は、那須ロープウェイ山麓駅から3kmほどのところ。
別荘からの時間はどちらもほぼ同じ30分ほどだ。

観瀑台(かんばくだい)の駐車場に着く。
※観瀑台:滝を観るために造られた建造物。

駐車場脇の案内図。
このあたりは旧御用邸用地だ。2008年に「那須平成の森」として一般開放された。遊歩道が整備されており、駒止の滝はその一角にある。案内図の左上、赤いところ。

駐車場から観瀑台までは徒歩20秒。

うわっ、という風景がいきなり目の前に広がる。感動!
滝全体が眼下に見えるのが何とも言えずいい。

紅葉は始まったばかりだ。

滝の周辺はそこそこ色づいている。
上の滝口と下の滝壺の青さが何とも言えず美しい。紅葉との対比がいい。

人も馬も思わず足を止めて眺めたから「駒止」と言うのだとか。

滝の右手。

さらに右手。繊細な感じが何とも言えない。

10日ほどあと、10月下旬が最盛期だろう。
ここだけを観に行っても後悔しないと思う。たぶん。

【本日のデータ】
駒止の滝:幅約3 m、落差約20 m。余笹川の断崖を落ちる。
那須平成の森:旧御用邸用地。3時間ほどで遊歩道全体を回れる。