2021/09/02 高知城を観に行く(D315)

午前中は、これからの計画を立てたり、沈下橋の手すりの件で観光協会に問い合わせたり。

高知城について調べたらコロナ禍で天守の中には入れない。
で、今日は高知城を外から見る予定。時間には余裕がある。

1230 徒歩で宿を出る。

追手筋(おうてすじ)に出る。高知城に向かう玄関口の道路だ。

追手筋を歩いてお城に向かう。中央分離帯の樹木が立派。

外観に木材を取り入れた建築物。目立つ。

オーテピア?

図書館&未来科学館。
梼原町(ゆすはらちょう)と共通する思想があって、いいね。

お城の近くまで来ると、、、

古美術が並ぶお店。

刀剣がずらり。
鞘に巻いてある白いものは(たぶん)鑑定書。
巻いてあれば(たぶん)本物。無いのは、、、

天井には槍がずらり。先端がカーブしているのは(たぶん)薙刀(なぎなた)

ご主人が鉄砲を磨いている。

火縄銃。
いつごろのものか尋ねたら、江戸時代という大雑把な答え。
お仕事中なので邪魔しちゃいけない。

お隣は金物屋さん。包丁がずらり。

閉まっているお店が多い。多くが金物屋さん。
開いていたお店のご主人とお話。

どうしてここには金物屋さんが多いんですか。

昔は鍛冶屋が多かったの。それぞれの鍛冶屋がそれぞれ自分のお店を出していたからね。

閉まっているお店が多いですけど。

コロナで観光客が少ないからねぇ。日曜市のときだけ開けてる。
この並びのお店はみな歩道の上まで品物を並べるの。
通りのこちら側半分、車は通行止め。
他から来た露店も車道にズラッと並ぶから、日曜に来るといいよ。

そうなんですか。日曜に来たいけど、、、それまでいないので、、、

コロナが収まったら、来年にでもまた来なよ。

中央分離帯の樹木の向こうに追手門(おうてもん)が見えてきた。

追手門と天守閣。絵になる風景。

すぐ隣には木造の橋と山内一豊の銅像。
橋のほうが気になる。特に解説板はない。

1330 とにかく、入れるところまで入ってみよう。

追手門、近くで見ると迫力が凄い。

追手門(おうてもん)は、大手門(おおてもん)と同じ意味。
昔は追手門と言っていた。最近は大手門と表記するお城が多い。
高知城では昔からの呼び方「追手門」を使っている。

見てください、この迫力。
この追手門も江戸時代のもの。復元版とはひと味違う。

時代を経た、この風格。年季が入る、とはこのこと。いいねぇ。

構造が面白い。片側は石垣で支え、片側は柱で支える。
全部を石垣にしなかった理由はなに?

排水用の石樋(いしどい)
落ちる水が石垣に当たらないよう、長く突き出ている。
城内にはいくつかの石樋があるが、この石樋が一番長い。
雨が多い土佐ならではの設備で、全国的にも珍しい。
と解説板に書いてある。

三ノ丸石垣。
平成16年~21年に改修されている。
それぞれの石の位置をすべて記録し、いったん取り除いて土台部分を修復したあと、元の位置に戻すという気の遠くなる作業を行ったらしい。

鉄門跡。
左右の石垣の上に鉄門が乗っていた。

三ノ丸。
何やら掲示板がずらり。

高知城石垣野外博覧会、とある。

どのように石垣の修復作業を行ったのかが細かく説明されている。
こういうの、いいですね。お城大好き少年は、きっと全部読むと思う。

詰門(つめもん)
二階が登城(とじょう)した武士たちの詰所(つめしょ)になっている。

本丸に向かう。
わざと狭く見つけにくい道にしてある。

突き出た部分が石落とし。
周囲のトゲトゲが凄い。現存天守ならではの迫力。
う~ん、下から登って、あそこを越えるのは難しいだろうなあ。

こちらは短い石樋。

ここから先は本丸です。入れません。
天守が少し見えるだけ。

本丸の周囲をグルっと歩く。

ここにも石樋。短め。

何やら足場を建設中。
屋根の上に木製のものが見える。瓦の応急処置のようだ。傷んだ屋根を直すのかも。

搦手門(からめてもん)跡に向かう。お城の裏口です。

裏手の石垣には苔がびっしり。樹木が近いのが原因?

石垣は隅の部分が面白い。はっきりとした構造が見える。

搦手門跡。石垣がわずかに残るのみ。

お城の隣の致道館(ちどうかん)
幕末非常事態での藩士の教育機関。
手前の木造の門は当時のもの。うしろの白い建物は現代の県立武道館。

1500 追手門からここまで1時間30分。お城の周囲だけでも楽しかった。

街をブラブラして宿に帰ろう。

高知も路面電車の街だ。
レトロなタイプの路面電車が多い。いいね。
わき腹が広告なのはしかたない。いろいろ稼がないと。

駅の看板。高知城の宣伝です。
城に足を踏み入れた高知県人は急にりぐった人になって歴史のうんちくを語り出す、らしい。

「ごめん」って謝りながら走る電車、、、
マスクを強要してごめん、っていうこと???

走り去りながらも「ごめん」って謝り続けてる、、、

さて、ここでクイズです。
Q この路面電車はどんなことを謝っているのでしょう?
1.ごめん、マスクをちゃんとして乗ってね。
2.高知城が臨時休業で、ごめんね。
3.飲食店がみんな休んじゃって、ごめんね。
4.謝っちゃあいないぜよ。

正解は最後の「■クイズの答え」で。
今回は正解がわかっているので、ちゃんと書きました(笑)

ひろめ市場へ向かう途中で。
向こうのお店と車の雰囲気がピッタリとマッチ(笑)

昭和なデザインのお店。

看板が立派な飲食店。

藁(わら)焼き鰹(かつお)たたき、のお店。
食べようと思ったら、お土産用の販売のみ。残念。

商店街を抜ける。

ひろめ市場。臨時休業。
藁焼き鰹、食べたかった。

このあたり、商店街がずっと続く。
女子高生が楽しそうに下校中。

1600 お弁当半額のお店を見つけたので買うことに。
さあ、宿に戻ってお風呂に入ろう。

■本日のお風呂

宿の屋上の露天風呂。
高知城の天守が良く見える。
素泊り1泊3,000円台の宿とは思えない豪華ぶり。

■クイズの答え

ごめん、という駅名でした(笑)
したがって、正解は「 4.謝っちゃあいないぜよ。 」でした。

■本日のデータ
高知城:臨時休業。本丸のすぐ近くまでは入れる。
ひろめ市場:臨時休業。
ごめん:謝罪ではなく駅名。

■本日の宿
昨日と同じ。3泊目。

2021/08/20 道後温泉を歩く(D302)

道後温泉は松山市街の宿から徒歩30分ほど。歩いて巡ることにした。

松山三越デパートの前にはマスクを付けたライオン。
このライオン像は松山三越のシンボルらしい。

松山市も路面電車の街だ。
市の中心部から道後温泉まで路面電車で行ける。
だが、行きは乗らずに線路がある道を歩くことにする。

これはレトロなタイプ。いいですね。

少し新しいタイプ。

最新型。やっぱり、レトロなのが好きだなあ。

35分ほど歩き、道後公園に着く。ここは湯築(ゆづき)城があったところだ。
展望台があるので登ってみよう。

展望台からの風景。
左手の山には松山城、右手には遠く瀬戸内海。アップにしてみよう。

松山城。

瀬戸内海。

公園を通り抜けると、すぐに道後温泉だ。

路面電車の道後温泉駅。建物がいいね。

駅の外に停まる「坊ちゃん列車」
夏目漱石の小説『坊ちゃん』で主人公が利用したからこう呼ばれるようになった。
当時は蒸気機関だったが、現在の復元版はジーゼルとのこと。
いつも1日5便ほど走るのだが、今はコロナ禍で休業中。

坊ちゃんカラクリ時計。
道後温泉本館建設100周年で作られたとのこと。
コロナ禍で今日から上演中止。
観光案内所で中止している理由を尋ねたら、人が集まるとまずいから、とのこと。
中から人形などが出てくるのに加え、上に高く伸びるみたいだ。
こちらの松山市ホームページをご覧ください。

道後ハイカラ通り。ここを通って道後温泉に向かいます。

飲食店と土産物店が並びます。
アーケードで覆われているので、雨が降っても大丈夫。

商店街を抜けると、道後温泉本館。
上に見えるアーケードも凝った造りです。

修繕中。
昨日までは一部は利用できて入浴もできたが、コロナ禍で今日から休業。

なぜここに火の鳥が?と思ったら、、、

「火の鳥 ❝道後温泉編❞」なるものが「続々公開中」らしい。
詳しくは道後REBORN公式サイトをどうぞ。

建物をよく見ると、確かに傷みがうかがえる。

道後温泉本館の反対側。だいぶ雰囲気が違う。
覆いが作られているのは修繕のためか。骨組みだけだが修繕は終わったのだろうか。

空の散歩道という足湯に向かう。
「臨時休館のお知らせ」が貼ってある。営業しているのは「椿の湯」だけ、、、

足湯。お湯は無し。
足湯に浸かりながら道後温泉本館を見下ろしたかったなあ。

営業中だという「椿の湯」

反対側から。
「飛鳥乃湯泉」の垂れ幕が掛かっているので紛らわしい。

向かいが「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」

椿の湯入口。
せっかくタオルなどを持ってきたのだから、入ることにした。
係の人に尋ねたら、椿の湯は庶民的な温泉で、地元の人たちが利用するので営業しているとのこと。
入浴料400円。地元在住のシニアは200円。
この料金は確かに庶民的。内部の造りも庶民的だった。

さて、路面電車に乗って宿に戻ろう。
乗るならレトロなやつがいい。

レトロなタイプの運転席。
う~ん、この昭和感。いいね!× 10回。

宿の近くの「大街道前」という駅で降りる。

大街道商店街の入口。

広くて立派な商店街だ。

松山三越の入口。ライオン像の裏側だ。

中に入ると、豪華さにビックリ。
大理石が多用された広い空間。

両サイドはバルコニー風。
向こう側に部屋はなく、営業フロアがあるとのこと。
松山三越は昭和47年(1972年)の建築だが、この部分は少しあとらしい。
バブル時代は1987年~1990年ごろなので、そのころではないか。
いかにも、という造りなので。

地下の食料品売り場で夕食を買おうと思ったが、改装中のためパンのみ販売。
近所にスーパーもなく、コンビニでお弁当を買って宿へ。
松山市街地は意外と不便だ。

■本日のデータ
コロナ禍で、いろいろなところが休業中。当面は9月12日まで。
椿の湯入浴料:400円。
路面電車運賃:170円(区間によらず定額)

■本日の宿
昨日と同じ。2日目。