2021/07/31 小豆島へ渡る(1日目)(D282)

今日は小豆島へ渡る。
なお、「小豆島」は「こまめじま」「あずきじま」ではなく「しょうどしま」(笑)

0700 起床。荷物の整理。

0800 チェックアウト。
乗船時間が迫っているので朝食はなし。
ホテルから貰った吉野家380円券を使う時間がない。残念!

0900 フェーリー出航。小豆島まで約1時間だ。

1000 小豆島 土庄(とのしょう)到着。

1100 ごろ エンジェルロードに到着。
干潮時だけ島に渡る陸地が現れるので、タイミングが合えばラッキー!、らしい。
基本的にはカップルが訪れるところ、らしい。

しっかりと陸になってました。今の時期、干潮は0730~1330。

せっかくなので、島へ渡ってみた。

カップルの願掛けがいっぱい。

ずう~っと幸せに過ごせるといいね。心からそう思います。

独り身は辛い! はるかちゃん、頑張って彼氏見つけようね。

地蔵埼燈台。

オリーブの丘公園。
白いギリシャ風車の右端で魔女が箒で飛んでます。
まだ新米みたい。1秒ぐらいで落下しました(笑)

オリーブ林とギリシャ風車。

オリーブの原木。
小豆島がギリシャの島と姉妹都市になったとき、最初に植えた1本。

そのあたりの経緯は、この本に書いてあります(笑)

1300ごろ オリーブを使った昼食を食べる。

ボンゴレビアンキ。
3つのタイヤみたいのがオリーブの実らしい。
フツーに美味しい。

1440ごろ 寒霞渓(かんかけい)に着く。まず、ロープウェイに乗る。

ロープウェイからの風景。

周囲の道路をグルっと走る。

道路沿いの展望台「四望頂(しぼうちょう)」からの風景。
渓谷は秋に限る。夏は平凡。

「二十四の瞳」のロケ地も見たかったが、今日は時間切れ。明日にしよう。

■本日のデータ
高松→小豆島 土庄(時間):約1時間。長い気もしたが、乗ってみるとあっという間。
高松→小豆島 土庄(料金):往復1,890 円(復路は1週間有効)
ボンゴレ:900円。
寒霞渓ロープウェイ料金(往復):1900円ぐらい。片道5分なのに意外と高い。

2021/07/30 徳島から引田の町並みを経て高松へ(D281)

0745 起床、シャワー、昼食、計画立案など。

1330 下船。

フェーリーどうご全体と記念撮影。バイクの小ささがよくわかる。

1350 徳島ラーメンの超有名店へ到着。

肉入り大盛りを注文。
う~ん、しょっぱい。肉も味が濃すぎるが、スープも濃すぎる。
ずっと家庭では薄味なので、外食はみな濃く感じる。
一般的には美味しいのかもしれないが、私にはちょっと辛い。
背油も浮いていて、脂っこすぎるのも、、、
ラーメン系は、個人の嗜好が激しいので、まあこれはこれで良しとしよう。

1420 徳島県内は最後に見ることにして、香川県の引田に向かう。

途中で見つけたお店、スマホ堂。お洒落でいいね。



炎天下、ムチャクチャ暑かったので、木陰で一休み。
腕には女性用アームカバー。日焼け対策(笑)

1600ごろ 引田到着。伝統的建造物が残っている。

この独特の美しさ。影の具合がいい感じ。

元造り酒屋の煙突。

引田郵便局。このあたりでは有名な建造物なのだが、、、

オロナミンCの空きビンが散乱、、、
観光客はこんなに飲まないと思うが、、、地元の人か???
郵便局の人、なぜ片付けない???
こういうのを見つけるのも楽しいといえば楽しいのだが、、、

お洒落な造りの床屋さん発見!
黄色の自転車もいいね。

讃州井筒屋敷その1。

讃州井筒屋敷その2。

かめびし屋。醤油醸造所。壁の赤色が印象的。

かめびし屋その2。
上から、青、黒、赤&黒、白&黒、黄&黒の配色がグッド。

印象的な赤壁、40年前は白でした。
有名な建築家に、赤にしたら運気上がるよ、と言われ、赤にしたそうです。
それ以降、確かにアゲアゲだそう(笑)

1730-1830 高松まで走り、スーパーで買い物をし、宿に到着。

■今日のデータ
徳島ラーメン:肉入り大盛り750円
味覚に関する知見:家庭の薄味に慣れると、外食はみな濃すぎる(笑)
色彩に関する知見:有名な建築家の意見を取り入れるといいことがある(実例あり)

■今日の出会い

香川県に入って出会った、サイドカー付ハーレー!!!
3歳の娘さんがサイドカーに乗ってました👧
可愛かったです💕

2021/07/29 日本一周、再開だ!(D280)

2019年の秋に日本一周2年目を終了してから1年8カ月。
やっと日本一周の再開です。3年目に突入しました。

長かったぁ、、、
昨年2020年はコロナ禍で全面中止。
今年2021年もワクチン接種が終わるまでは出発できず。
7月14日に2度目のワクチン接種、昨日で2週間が経過。
でもって、さっそく再開というわけです。

今回は、9月中旬までの1カ月半、四国を巡ります。
四国は、徳島以外は未訪問。しまなみ海道も初めて。楽しみです。

1400 自宅を出発。オリンピック関係の交通規制があるようなので早めに出発。

1630 予定通り有明のフェリー埠頭に到着。オリンピック関係の渋滞は無し。
     チケット売り場で乗船券を手配。

1700 バイクで5分のすき家で夕食。うな牛丼+しじみ汁。990円。

1820 フェリーどうごをバックに記念撮影。

1830 乗船。シャワーを浴び、着替える。

1930 出航

レインボーブリッジがよく見える。左上の空には飛行機が。

右手の高いのがスカイツリー。
赤い灯のビルがたくさんある。飛行機対策かな?

船内はこんな感じ↓ 

上下2段の客室。まるでカプセルホテル。

カプセル内部。まあ、必要にして十分かな。

食事&休憩室。カウンターには電子レンジがズラリ。

冷凍食品の自販機。
最上部中央の②カニあんかけ五目炒飯550円がおいしそう。
最下部中央の⑧野菜たっぷりカラフルひれカツ丼550円もいいな。

ブログも書いたし、ビールでも飲みながら明日の予定を考えるとするか。

■本日のデータ
自宅→有明フェーリー埠頭:55km、2時間30分
フェーリー乗船料:大人1名+原付バイク1台 19,080円

2019/11/27 東京 有明から自宅へ(D279)

0400 起床。準備。

0510 着岸。まだ暗い中、相棒バイクで自宅に向かって出発。

時刻が早いので道は空いている。ガンガン走れる。
レインボーブリッジを渡る。東京タワーの灯が綺麗だ。

トラックの脅威と戦いながら走り続ける。

0755 自宅到着。

これにて日本一周 セカンドステージ、終了。

来年、サードステージに出発できるだろうか?
すべてはわが家の女王陛下の御心しだい。
冬の間、臣下としての務めをりっぱに果たし、許可をいただけるよう頑張ろう!

冬眠中もブログはときどき書きます。
内容は、装備、相棒の状態、メンテナンス、まとめデータ、考察など。
自分用のメモ・記録が中心になると思います。

引き続きご愛読いただければ嬉しいです。

2019/11/26 徳島からフェーリーで東京へ(D278)

1020 フェリー埠頭に着く。

1055 徳島から東京有明に向かうフェリー「しまんと」に乗船。

1120 出航。

徳島港が遠のく。手前のオレンジは避難ボート。

甲板で目に付いた装置。V字ロープと先端器具とのたたずまいがグッド。

船内のフリースペースを探索。居心地のいい場所を探す。

船体の左右中央部。左手は電子レンジ。5~6台並んでいる。

すぐ隣。左右の向かい側にも席がある。

窓側。窓下の壁にはコンセント。

陣取ったのはこの席。なかなか広くて快適。

売店・食堂は無い。すべて自販機で購入する。

ビール自販機の脇には、乾きモノおつまみ系。

あんかけチャーハン、親子丼、ビビンバ丼、カレー、など。

ドリア、リゾット、オムライス、カツサンド、など。

ハンバーグ、シュウマイ、スパゲティ、いなり寿司、など。

うどん、そば、おにぎり、など。

パン、ドーナツ。

おつまみ/おかず、炊込ご飯、カップ麺。

カップヌードル。

アイスクリーム。

1530  ブログも書いたし、あとは読書でもしよう。

有明到着は明日の午前5時だ。

【本日のデータ】
徳島→東京(有明):オーシャン東九フェリー。おとな1名 二等洋室 12,570円、原動機付自転車1台 5,910円、計18,480円(税込)。2段ベッドの下側。海岸線に沿って進むので携帯電波はそこそこ入り続けている。

【本日の宿】
フェリー しまんと。2等。

2019/11/25 徳島で帰宅準備、お土産を買う(D277)

明日、東京有明行きのフェーリーに乗るので、今日はその準備。

阿波踊り会館が徒歩5分ほどなので行ってみよう。
お土産があれば買えるし。

阿波踊りの展示があるが、300円を払って観るほどではないかな。パス。

阿波踊りの演舞が、昼4回、夜1回、ある。
昼間は会館専属チーム、夜は町内チームが交代で踊るとのこと。
それなら観るのは夜がいい。

お土産売場があったので、いくつか買う。
家族には一つずつ。これは欠かせない。特に女王陛下用は吟味。
友人用も買いたいのだが、積める量に限界がある。土産話だけでご容赦。

巻柿:女王陛下用

写真は通販サイトから借用。

フェーリーに持ち込む荷物をセレクトしてまとめる。
お土産を入れる場所を考え、パッキングを組み替える。
なんだかんだで、あっと言う間に夕方。
今日は早く寝よう。どうせフェーリーでは寝られないだろうから。

【本日のデータ】
阿波踊り:いろいろ混乱があったが、うまくとりまとめているらしい。もう混乱は起きないのでは、と予想する(あくまで個人の見解です)
阿波踊り会館:展示300円。演舞 昼800円(開館専属チーム)、夜1000円(町内チームが交代で)。高くても夜がいいと思う(あくまで個人の見解です)

【本日の宿】
昨日と同じ。阿波踊り会館の近く。コスパ抜群。次回もここにしよう。
次回があるなら、の話だが、、、
すべては女王陛下の御心しだいです。

宿データ:3500円/泊、ダブルサイズベッド、長めのテーブル(これが重要)、トイレ・バス付、冷蔵庫付、タオル・歯ブラシ付、湯沸かしポット貸与あり、フロント横に電子レンジあり。コンビニまで徒歩2分、隣がホカホカ弁当屋さん。

2019/11/24 和歌山城を観て、徳島に渡る(D276)

今日は徳島に渡る。
のだが、その前に和歌山城を観たい。

で、和歌山城にやってきた。
外堀を横切る御橋廊下(おはしろうか)が独特の景観を創る。

案内図。
広い。フェリー乗船を考えると観る時間は1時間20分。果たして回り切れるか?

西之丸庭園。
紅葉が見ごろだ。

紅葉の向こうに御橋廊下。

御橋廊下の入口に向かう。

入口手前から天守閣を見上げる。

靴を脱ぎ、スーパーの袋に入れる。

御橋廊下から観るお堀。手前には花紅葉。

御橋廊下内部。
百枚以上の板が敷き詰めてある。藩主と付き人だけが通れたらしい。

藩主が見た(角度からの)天守閣。

藩主が見た(角度からの)紅葉。

窓が変わると風景が変わる。

ね。
当たり前だけど、いいねぇ。贅沢な時間。

渡り終わって振り返る。
板を少し重ねて、滑り止めにしてある。こういう「単純で効果的な工夫」に出会うと感動する。

本丸御殿から天守閣を観る。
手前は桜。咲くころにまた来たいなぁ。

天守閣に向かう。
石垣が独特だ。この感じ、好きかも。

和歌山市内を望む。
レンガの建物が気になる。調べたら「マリアテレサ三年坂」という建物。詳細未調査。

天守閣は有料。410円。時間がないのでパス。桜のころに来たときは入ろう。
時間がない。急ごう。

城内のマンホール。
デザインがいいね。模様の意味など詳細未調査。

伏虎像(ふっこぞう)付近から二の丸跡(広場)を観る。
紅葉の色どりが美しい。

アップで。

桜並木の紅葉。
桜が咲くころまた来たい。

紅葉と家族と家族。いいね!

西之丸庭園。
を外から観る。

時間がない。相棒バイクが待つ駐車場に急ごう。

和歌山市を離れるフェリーからの風景。
赤いアーチは青岸橋(あおぎしばし)

fuso写真展「港の風景」

徳島には行ってみたいお店がある。
テレビでやっていた風変わりなお店だ。
行ってみたらどう感じるのか、ワクワク。

【本日のデータ】
和歌山城:徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城。虎伏城(とらふすじょう)とも呼ばれる。豊臣秀長(秀吉の弟)が築城。
明治に廃城となり解体。天守閣は1957年、鉄筋コンクリートで再建(復元ではない)。天守閣入場料410円。

フェリー(和歌山市→徳島市):南海フェリー。原付125cc以下+乗員1名で3600円。コンセント付個人スペースが6つある。写真は私の荷物を置いた状態。航海の2時間、ここで計画立てたりブログ書いたり。快適だった。

【本日の夕食】
楽しみにしていたお店に行ってみた。

店内はこんな感じ。座った席から撮影。

豚の生姜焼き定食1350円を注文。
お肉3枚。ご飯は大盛り級。他に小うどんとコーヒーが付く。とにかく量は多い。
お店の雰囲気、料理、味、良くも悪くも「昭和」の一言。
来たことに後悔はないが、リピートは無いかな。

【本日の宿】
徳島市内。とにかく安いビジネスホテル。コスパはグッド。

2019/11/23 吉野から和歌山市へ(D275)

だいぶ寒くなったので、そろそろ家に帰ろう。
軟弱なのだが、これでいいのだ。

帰りのルートは、和歌山市 → フェリー → 徳島 → フェリー → 有明 → 自宅。
相棒バイクで淡路島が走れれば、走って徳島まで行くのだが、残念ながら走れない。自動車専用道路なのだ。

ということで、今日は和歌山市に向かう。ここに一泊して、明日は徳島。

朝食を食べ終えるころ、宿のご主人が雲海が出ている、と知らせてくれた。
えっ、それなら写真を撮らないと。
カメラだけ持って宿を出る。
どこがいいか考えろ。昨日のリサーチを活かせ。
あそこだ。花矢倉展望台。集落全体が見渡せる。

息切れしながら20分ほど坂&階段を登り続ける。
はぁ、はぁ、はぁ。やっと着いた。

花矢倉展望台からの風景。
中央に数軒家が見える。あの向こうには集落が続いている。

雲海が消えたあとの風景。

宿に戻る。
荷造りをして、さあ、出発。

記念に宿の美人姉妹とスリーショット。
本当は母娘だが姉妹でも通じそうだ。
桜が咲くころ、また来たいなぁ。

紅葉の落ち葉が見られるかも、と高城山展望台入口(バス乗り場)に行く。
予想どおり、バッチリ。

fuso写真展:花紅葉 堪能のひととき

金峯山(きんぷせん)蔵王堂(ざおうどう)で「秘仏 金剛蔵王大権現 特別ご開帳」をしている。毎年2回、公開しているようだ。
昨日は時間がなかったが、今日はオーケー。行ってみよう。

仁王門(修復中)の天井。
縦横に組まれた桟(さん)が美しい。

伽藍の前。屋根の重厚さがすごい。

ご本尊の迫力は凄かった。
が、それ以上に独特の色遣いに圧倒された。

伽藍内は撮影禁止なので、平成26年の近鉄ポスター写真をどうぞ。

伽藍裏手の風景。
紅葉の絨毯もいいが、こういう晩秋感もいい。

さあ、和歌山へ向かおう。約80km、2時間半だ。

高野山町石道展望台からの風景。
吉野山と和歌山市のちょうど中間あたり。
紀ノ川の蛇行ぐあいがいいね。
手前の赤茶色は柿畑。見渡す限り柿と柿。このエリアの特産らしい。

紀の川フルーツロードの風景。
あたり一面、柿と柿と柿。

美味しそうだ。チャンスがあれば食べてみよう。
もちろん、ちゃんと買いますよ。

【本日のデータ】
金峯山蔵王堂(きんぷせんざおうどう):世界遺産。
仁王門:世界遺産。
銅の鳥居:世界遺産。
金剛蔵王大権現:重要文化財。拝観料1000円。

【本日の宿】
和歌山市内。ドミトリー。昨日の宿との落差が大きすぎる。

2019/11/22 奈良 吉野山を散策(D274)

今日は吉野山全体を見て回る。
紅葉を観るのはもちろん、桜の咲くころに来るのを前提に、現地確認をするのが主な目的だ。
徒歩で回ろうと思っていたのだが、計算してみると時間が足りない。
相棒バイクで回ることにした。もちろん、トコトコ走るけど。

宿からいただいた吉野山マップ。中央やや上の青線あたりが宿。

まず、上千本を通って奥千本まで行こう。

上千本。
白っぽいのが葉がすっかり落ちた桜。
手前の幹も桜。

花矢倉展望台からの風景。
中千本あたりの町並みがよく見える。

奥千本に向かう。

高城山展望台の登り口。

色が複雑に混じる紅葉。

モミジ狩りをする男性。
う~ん、なかなかいい色だ、と言っている(かも)

高城山展望台に登る。

振り返るとこの風景。

展望台からの風景。

奥千本に着く。
ここで引き返して、中千本&下千本に向かう。

櫻本坊。

少し下ったところの無人販売店。

さらに下ったところの風景。

金峯山寺 蔵王堂。世界遺産。

仁王門。世界遺産。

銅の鳥居。世界遺産。

すぐ隣の湯屋。蔦がいい感じ。

黒門。

すぐ近くのお店。やまぐり屋さん。

下千本。ロープウェイ吉野山駅近く。

下千本。遠く白いのが桜の枝。桜の時期には見事だろう。

ロープウェイ駅近くから見下ろした風景。白い枝が桜。

白い桜の枝で山が覆われている。

想像豊かに景色を眺めると、桜のころは感動的な景色だろう。
来年の春には来るしかない。

【本日のデータ】
吉野駅から奥千本まで約6km、徒歩2時間。
のんびり桜を見ながらだと3~4時間。
一日あれば往復できる距離。
でも、途中で一泊するほうが楽しめそう。

【本日の宿】
昨日と同じ。朝食のご飯がとても美味しかった。
夕食は独特の鍋。2食付きで大正解。

2019/11/21 大阪から奈良 吉野山へ(D273)

今日は、桜の名所、奈良 吉野山に行く。
ここは世界遺産にもなっている。
来年、桜の咲くころ来たいと考えているので、紅葉を観ながら下見というわけ。

スバル360。
懐かしい。スバルショップ吉野というお店の野外展示。

近鉄吉野線沿いに走る。そろそろ吉野駅だ。

吉野駅の脇を通り過ぎ、中千本と言われるあたりを目指す。
細く急な坂道を登り、宿に到着。

宿の蔵には干し柿が。
夕陽を浴びて輝く。蔵に落ちる影もいい。

日暮れまで宿の周りをウロウロ。

吉野山の紅葉。
桜は終わったが楓はまだまだ。

日没の空。
この微妙な色合いがいい。

雲の形が面白い。

ジェット機がどんどん上昇していく。
飛行機雲が夕陽に光る。
あっと言う間に見えなくなった。一瞬のできごと。

再び夕焼けに目を戻す。
陽が沈んだあとの空が真っ赤に染まっていた。

【本日のデータ】
吉野山:桜のエリアが、下千本、中千本、上千本、奥千本の4つある。徒歩で全部回るには2日ぐらい必要。周辺には売店やコンビニがない。飲食店も少ない。
いつもは素泊りなのだが、今回は2食付きで予約。

【本日の宿】
吉野山の中千本と上千本の間あたり。瀟洒な造り。敷地内に蔵がある。
夕食が美味しかった。食事つきにして大正解。