11月10日(土)102日め 川越から湯沢へ

3rdスタートします、とか言いながら、日光とか西沢渓谷とか、ちょこちょこ行っては戻ってきていた。

けっこう寒くなってきたし、いろいろ迷っていた。
服装、3rdのテーマ、ルート、などなど。

迷っていても時間の無駄なので、ざっくりと、
・完全な冬用装備で、
・秋と寒さを楽しむために、
・新潟(越後湯沢)→富山→石川、ときどき長野
と決めた。
12月半ばには戻るので、1カ月ちょっと。はたして耐えられるのか?

最初に泊まる越後湯沢は、いったん戻る前の最後の宿泊地。
一周というからには連続性にはこだわりたい。

準備に3日。細かい話なので割愛。

しいて挙げればこれ。
常時持ち歩く日本酒(保温袋に入れて保冷剤で冷却)を入れる容器を、
「飲み終わったペットボトル」から「登山用ウォーターパック」に変更。

これがそれ。
1L×2個を用意。これで1升分がバッチリ入る。
飲み終わると容器が薄くなってかさばらない。
とりあえず、飲みかけの七賢700ccぐらいを入れて出発。

今日のルートは、川越→熊谷→沼田→苗場(ドラゴンドラに乗りたい)→湯沢。

熊谷の荒川を渡る橋の上でモーターパラグライダーをやっているが目に飛び込む。

橋の途中でUターンは危険なので、渡り終わってから1kmほど戻る。

ちゃんとしたお店のフライトエリアだ。

こんにちは~。ちょっと拝見していいですかあ~?

いいですよぉ。ここ、エアーウイングって言うお店のフライトエリアなの。
お店は川島町。

そうなんですか。
私、30歳台のときにパラグライダーをやってて。毎週、金曜日の夜行で五竜とおみまで通ってました。
その後、30年ぐらいやってないんですけど、また始めたいなと思ってます。
川越なので、ここまで1時間ですね。夜行で通う必要ないですね(笑)。

ということで、いろいろお話。

こちらはエンジン調整に余念がないメンバー。

こちらは立ち上げ練習に余念がないメンバー。

いいなあ! 日本一周が終ったら、絶対モーターパラグライダー始めるぞ!

いろいろ話したかったけど、時間がないので早々に切り上げ。
ありがとうございます。また来ます。

しばらく、一心不乱に17号線を沼田に向けて走る。

道の駅「天然温泉 伊勢崎ゆまーる」でトイレ休憩。ついでに赤城山とスリーショット。

赤城山を遠くからきちんと見たのは初めてだ。
いつも近くまで来てるのに、ごめんなさい。
冬装備の詳細は改めて。

沼田で有名な、もつ煮で有名な永井食堂の前を通過。
すいていたら食べようと思っていたが、それどころではない。
尋常じゃない行列!

まあ、今日は土曜日だけどね。でも、もう14時だよ。
きっと開店前からずっと行列なんだろう。永井食堂、凄いなあ!

こちらは、持ち帰り用もつ煮込み「もつ子」の販売所。
3人前、1070円。
並んでないので、すぐ買える。
群馬では、もつ煮込みをよく食べるらしい。以前、道の駅のおねーさんとお話したとき、永井食堂から買ってきたのをベースにアレンジするの、って言っていた。

買おうか迷ったが、かさばるし、3日連続で食べることになりそうなので断念。

ひたすら走って苗場に着く。
陽は暮れ始めるし、雨は降り始めるし、寒いし、写真は撮れないし、、、

「ドラゴンドラ」と言う有名なロープウェイに乗りたかったが断念。

さらにひたすら走って越後湯沢の宿に着く。

ところが、この宿でトラブル発生。
事情を聞くと、あるあるネタ。怒ってもしょうがないので紳士的に対応(笑)
宿がごめんなさい、ということで、素泊り3,900円の料金で(たぶん)7,000円ぐらいの部屋に宿泊。
金額はみみっちい話だが、地方の宿の現状が垣間見られて面白かった。

【本日のことわざ】
災い転じて福となす。

【本日のビジネス教訓】
いろんなところで1極集中の傾向が強まる。永井食堂、ハンパない。

10月24日(水)99日め 紅葉を観に行く(2)丸沼高原から奥日光 湯元へ

昨夜は、老神温泉(〇 おいがみおんせん × ろうじんおんせん)へ泊った。

いつも素泊まりなのだが、今回は朝食付きで宿を予約した。
朝食:地元野菜のキーマカレー 500円
というのが面白かったからだ。

朝、食堂へ行くと、白い割烹着を着た女将さんが朝食を運んでくれた。
おでん3品、お漬物、キーマカレー、みそ汁、という献立だ。
カレーのご飯は大盛りで、みそ汁はお替りOK。
まさかおでんが付いてくるとは思わなかった。いいね!

朝食を食べながら女将さんとお話。

どうして朝食がキーマカレーなんですか?

しばらく前にね、この町の新しいお土産を開発したのね。
女性の料理研究家に頼んで開発してもらったの。
その商品が「地元野菜のキーマカレー」。レトルト食品。
うちの売店でも売ってたんだけど、売れないわけ。
500円じゃ高いわよねぇ。アハハ。

確かに500円じゃ買いませんねぇ。
よっぽど美味しければ買いますけど、、、
買う前には食べられないので、美味しいかどうかわかんないし、、、

そうでしょ。
だったら、このレトルトを朝食にすればいいじゃない、って思ったわけ。

えっ、このカレー、レトルトなんですか?

そうよ。でも、美味しいでしょ?

確かに美味しいですね。
トマトの酸味が効いていて、ふだん食べたことがない味ですね。
おでんも付いてるし、ご飯も大盛りだし、これで500円なら安いですよ。
あっ、みそ汁のお替わりいいですか?

みそ汁も美味しいでしょ。
この宿は、主人と私だけでやってるんで、夕飯は無しにしたの。作るのたいへんだから。
基本は素泊まりなんだけど、朝食もほしいというお客さんがいるので、
簡単に作れる朝食は何かなと考えたら、キーマカレーがあるじゃない。
一石二鳥!? アハハ。

なるほど。いいアイデアですね。
おでんも美味しいです。

ごちそうさまでした。

出発前にご主人とお話。

昔と比べて観光客は減ってるんですか?

そうだね。半分以下だね。
昔は観光バスで団体客がドン!て来てたから。
うちは小さい宿だから大人数の団体宿泊客は泊まらないけど、
土産物屋もやってるので、土産物が売れたよね。

どのくらい売れたんですか?

ひと月の売り上げが、最高600万、平均300万ぐらい。

粗利率2割として月平均60万ですね。
粗利率3割なら90万か。
売店だけでこれだと宿も含めたらウハウハですね。

その当時はね。
でも、2000年以降はガクッと減ったね。
今は団体客なんて来ないし、、、
来てもお土産なんて買わないし、、、
子供たちはあとは継がないって言ってるし、、、
もう、やる気ないよ。
そろそろ辞めたいなあ、って思っているんだけどね、
いつも来てくれる常連さんがいるんでね。
ありがたい話だよ。

そうですね。常連さんとお話するのは楽しいですもんね。
いろいろな話が聞けて楽しかったです。
キーマカレー、美味しかったです。
ご夫婦とも元気でこれからも楽しくやってください。
ありがとうございました。

老神温泉から、120号線、日本ロマンチック街道を日光に向かう。

白根温泉を過ぎたあたり。黄葉が輝いている。

丸沼高原。紅葉真っ盛り。

あっちもこっちも紅葉と紅葉。

ロッジと紅葉の組み合わせ。お洒落を絵に描いたよう、とはこのこと。

色の組み合わせが素敵な風景。青が効いている。

この組み合わせもいい。黄色が効いている。

奥日光に入る。湯ノ湖も紅葉真っ盛り。

湯元温泉。大人な雰囲気のエリアだ。遠く男体山が見える。

こういう繊細な紅葉が好き。

湯元は繊細で絵画的な紅葉が多い。
来年は一泊して湯ノ湖湖畔をトレッキングしよう。

中禅寺湖の脇に出る。紅葉真っ盛り。絵に描いたような紅葉、とはこのこと。

金谷ホテル入り口。夕陽に輝く紅葉。ひときわ目を引く。

陽が傾き始めた。
帰るか宿を取るか悩む。
かなり疲れた!
でも、明日は晴れそうだ。
晴れたら、中禅寺湖の八丁出島の紅葉がバッチリ見られそう。

う~ん。考えてる時間がもったいない。
まずは八丁出島へ行くルートの下見をしよう!

※八丁出島は、駐車場から半月山展望台まで歩いて登らないと見られない。
下見は、駐車場の場所と付近の紅葉の状況把握が目的。

と、中禅寺湖畔を走り出したら、、、

「空き部屋あります」の看板。
即、素泊まりでの価格交渉。オッケー。

よし、宿は確保。下見に行こう。

1時間ほど相棒バイク2号で走り、バイクを停める駐車場と紅葉の状態を確認。
晴れたら素晴らしい景色が見られそう。

う~ん、楽しみ!!!
ということで今日はお休みなさい。

【本日のデータ】
派手な紅葉もいいが、「大人の紅葉」もいい。
丸沼高原、奥日光 湯元温泉、どちらも大人の紅葉を満喫できそう。
次回はゆっくりと楽しみたい。

9月10日(月)88日め 酒蔵見学

朝から雨だ。出かけようと思い傘を探す。ない。どこにもない。

新潟の宿に忘れたようだ。買うか。どこで?

すみませ~ん。宿の人に声をかける。

折り畳み傘を買いたいんですが、この近くで売っているお店ありますか?

あるげるよ。とご主人。

そうねぇ。使ってないのがいくつかあったと思うわ。と奥さま。

はい、どっちでも好きなほうをどうぞ。

えっ。いいんですか。じゃあ、遠慮なくいただきます。

助かります。ありがとうございます。

ということで、いただいたのがこれ。

前のよりも丈夫そう。サイズも大きいし。

あらら、雨足が激しくなってきた。しばらく宿で様子をみよう。

何となく気力が出ずにずっとダラダラ。TVのバラエティ番組では大坂なおみ選手フィーバー。ついずっと見てしまった。これで私も即席なおみ通。

夕方になって雨が止む。よし、夕食を買いに行こう。

と、こんな看板が。

宿から歩いて5,6分。よし、まずこっちだ。

酒蔵が見えてきた。

入り口。

前掛けを掛けたお兄さんがきちんと対応してくれる。

入り口付近で作業中の中堅。光に透かして不純物・異常などを確認しているのだとか。左の機械はラベル貼り装置(四合瓶用)。

(向かって)右の瓶が左へ流れていって装置を通ると、ラベルが貼られて出てくる。

装置の横から見たところ。瓶がグルっと回転してラベルが貼られた瞬間。

こちらは一升瓶。ラベル貼りは手作業。下の灯りに透かして不純物や異常を確認する。

お酒を瓶に詰める装置。お酒をいったんこのタンクに貯めて、、、

こっちの装置に送り出す。これはお酒を瓶に注入する装置。動いていれば、真ん中に瓶があるのだが。今日は未稼働。

奥に進むと室温がグッと下がる。寒い。貯蔵タンクエリアだ。

右側のタンク。グレーのタンクはサーマルタンク。

サーマルタンクは二重構造になっていて、温度管理が厳密にできる。そのためこんな装置が付いている。

左側のタンク。濃いグリーンが1万リットル。薄くて角ばっているのが2万リットル。

その先にあるボイラー。お米を蒸したり、お酒に火入れをしたり、いろいろ活躍する。

さらに進むと、、、

神棚と井戸。意味はわかる。右は売店と試飲所 ←これが目当て。

試飲所の向かいは仕込蔵。立ち入り禁止。

ちょっとだけ覗かせていただいた。お酒を搾る前のタンク。ナイーブな状態。

見学させるだけあってPRが上手。

飛行機で使われていることをアピール。

タンクに貼られた製品紹介。

同じく。

製造過程も解説。

素朴な疑問への答えも。

団体旅行用説明ルーム。一番上のディスプレーで紹介ビデオを上映。貼り紙で受賞をアピール。写真撮影用に日付まで用意。

いろいろ質問したら丁寧にお答えいただいた。結局、閉館?閉店?時刻まで居座り。

製造工程の流れはもちろん知っている。けれど、現場を見たのは2~3回。佐渡の小規模酒蔵の取り組みがわかって面白かった。

ブログには書いてないところで、よく工夫をしている。そういう部分はブログには載せません。迷惑がかかるといけない。ごめんなさい。

勝手な想像だが、若い新社長が先代のあとを継いで頑張っている感じ。いいですね。

【本日のデータ】
生原酒(4合瓶):1800円ぐらい。予算と会わずに買うのは断念。
※自分なりに上限価格を決めている。日常的に飲むお酒に高いのはNG。

9月8日(土)86日め 新潟で雨宿り

予報どおり今日も雨。

二連泊して宿で過ごす。

ブログを書いたり、テレビを見たり、計画を立てたり。

自炊用キッチンがあるので、夕飯に野菜炒めを作ってみた。

もやし 18円、野菜炒め用キャベツ他 94円、焼肉用味付け肉 208円(割引前298円)

調味料は、醤油+味付け肉。

フライパンが小さいので、それぞれを炒めて、最後に混ぜる。

完成。

料理の写真は難しい。シズル感が足りない。冷めたように見える。実際は暖かい。

ついでにジャンボ餃子も焼いてみた。

あまり美味しそうに見えない。実際はアツアツで美味しかった。

料理写真は難しい。

【本日のデータ】
野菜炒めには直径20cmのフライパンでは小さい。

7月26日(木)54日め 霧多布湿原でバイク番長とカヌー

(お詫び)7月分の通信量制限のため昨日まで写真をアップロードできず、写真無しで公開してしまいました。8月になったので写真が追加できました。

今日は霧多布湿原でカヌー。民宿ご主人のカヌー&ご指導つき。参加者は、民宿に泊まったご夫婦(夕食にはいなかった)、バイク番長、私。

車の屋根にカヌーを載せて出発。15分ぐらいで湿原の入り口に着く。

道路からカヌーを岸に降ろす。

ご主人がカヌーを水辺に降ろす。

ご夫婦とご主人は3人でカナディアンカヌーに。

バイク番長と私は一人ずつカヤックに。

(注)カヌーやカヤックには疎い。ここをクリックして参照してください。

最初は恐る恐る。空には強いが水には弱い。なかなか緊張が取れない。

写真など撮っている余裕なし。

1時間ほど海の方へ下ると幅が広くなる。

バイク番長と私のツーショットをご主人に撮っていただいた。

少し余裕ができる。最後に付いて漕ぎながら、ときどき撮影。

Uターンして戻る途中。

だんだん幅が狭くなる。

緊張したが楽しかったと言えなくもない。

う~ん、水遊びは微妙だ。

出発前にご主人とお母さんと一緒に記念撮影。

どう? 美人でしょ。性格の良さが顔に出ている(と思う)

さて。天気予報では明日は雌阿寒岳に登るチャンスかもしれない。

とりあえず、阿寒湖温泉に宿を取る。明日天気が良ければラッキーだ。

まず、霧多布岬に向かう。

展望台で出会ったバイク。

カワサキの6気筒。z1300。

エキパイが6本、横に並んでいる。ど迫力。

霧多布岬灯台と相棒のツーショット。ここに相棒を停めて歩く。

灯台に向かう道の両サイドは花でいっぱい。

灯台の脇を抜け、岬へ向かう。

岬に着くとカモメがお出迎え。

花と波しぶきの饗宴。

さて戻るか。

霧多布岬も花に囲まれたいいところだ。

岬をあとにして走ると昆布干しの風景が。

干すんですか、と尋ねると、いいや、切るために広げてるの、という。

隣のエリアでは切った昆布を束ねて車に積んでいた。

厚岸(あっきし)の漁業協同組合直売所で昼食。

バイク番長から、安いよ~、と聞いていた。

確かに安い。

欲しいものを言って、お刺身にしてもらえる。電子レンジもあるので、牡蠣やホタテはチンしてもいい。

今回はこれ。

ホヤ(小さめ)、赤つぶ貝、ほっき、マルえもん(牡蠣)3Lサイズ2つ。ご飯のパックも販売している。

峠を越えて阿寒湖に向かうと、、、

(たぶん)雄阿寒岳(おあかんだけ)が幻想的に出現。

いい締めくくりだ。

【本日のデータ】

ゆめぴりか(ご飯):130円
赤つぶ貝(中サイズ):200円
ほっき貝(中サイズ):200円
ほや(小さめ):315円
マルえもん(牡蠣)3Lサイズ:180円×2個=360円
お刺身手数料:50円×3個=150円
合計1463円(税込)

7月25日(水)53日め 霧多布の民宿で盛り上がる

中標津(なかしべつ)から霧多布(きりたっぷ)へ。

今日はここで川越の知人と落ち合うことになっている。弟の友だち。向こうは私を「お兄さん」と呼んでいる。オレはあなたのお兄さんじゃない、と思うが、弟のお兄さん、という意味だろうからダメとも言えない。

弟の属するバイクツーリングクラブに誘われて一緒にツーリングに行ったりしている。

中標津への移動はごく平凡。特に写真は無し。

夕方、無事に知人と再会する。バイクが好きで詳しい。運転もうまい。おしゃべりが大好き。誰とでもすぐ仲良くなる。人が集まるとすぐ仕切る。

なので、携帯に「バイク番長」で登録してある。まだ、面と向かってそう呼んだことはないが。

夕食は、民宿ご主人が握るお寿司。近くで獲れたネタが新鮮で美味しい。ほっぺが落ちそうだった。グルメレポートはしない方針なので残念だが省略。満腹になるまで食べた。

一緒に泊まっていた人たちとみんなで雑談しながら和気あいあい。

ご主人のお母さん(82歳だったかな?)が優しくて美人。美人には目がないので食べながら生い立ちなどをうかがう。

生まれは東京。小さいころ家族でサハリンに渡る。戦争が始まって信州へ。そこでタイプライターの専門学校へ通う。就職で東京に出る。東京で結婚して子供ができる。その子が農工大に入ったので喜んでいたら、2年生で中退して霧多布へ移住。民宿を始める。旦那さんが亡くなったあと息子が暮らす霧多布へ。そして現在に至る。ざっとこんなストーリー。NHKのドラマになりそうだ。

大いに盛り上がって記念撮影。

はい、みなさん、そこに集まって~。10秒後に3枚連続してシャッターが切れま~す。カシャ、カシャ、カシャ、っていう感じね。ぜんぶポーズを変えてね。

注文の多い写真屋さん。

で、ベストショットがこれ ↓

向かって左から、バイクで来たお客さん、私、バイク番長、民宿の奥さま(写真は奥さまが一番可愛く撮れているやつですよ)、(そのうしろが)仕事で来たお客さん、昆布販売で大儲けしているおねーさん、(赤いエプロンが)民宿のご主人。

あれっ、美人のお母さんがいない。だいぶ夜遅かったから寝たのかも。

おやすみなさい。

【本日のデータ】

民宿は個性豊かだ。

7月24日(火)52日め 霧の中、知床五湖めぐり

2日前はヒグマが出て中止になったので、今日のツアーに申し込んでおいた。

2日前と同じガイドさんだ。ガイドさんから名刺をもらってあったので、直接連絡をして予約した。

9時50分出発なので、余裕をみて9時ごろにフィールドハウスに着く。

時間があるので展示を見て回る。

平成23年度から5月10日~7月31日はガイド付きツアーだけが五湖全周コースを回れることになったとの記載がある。

最初は、観光客からお金を取るためのシステムだ、と考えていたのだが、これだけヒグマが出ることがわかって考えを改めた。

ガイドさん無しで自己責任だと、ヒグマが出ても引き返さないで襲われる、ヒグマを写真に撮ろうとして近づいて襲われる、鈴などを持たずにヒグマにばったり出会って襲われる、など、被害があとを絶たないだろう。というか、最初の被害が出た時点で立ち入り禁止になるだろう。

知床五湖は利用調整区域と言うらしい。吉野熊野国立公園もそうだ、という記載がある。熊野古道があるところ。ここも歩こうと考えていたので参考になる。何も手配せずに行くと歩けないことになりそうだ。事前調査が必要だ。

歩くコースが分かる。下のほうから反時計周りで、5湖、4湖、3湖、2湖、1湖と回る、とある。ところで「五湖」じゃなくて「5湖」でもいいの? 細かいことは気にしない、のか?

湖の名前なんだから漢字で「五湖」じゃなくちゃダメでしょ。「五木ひろし」を」「5木ひろし」って書いたら怒られるよ。

ということはさておき。ツアーが始まった。

最初は映像での解説。これで2回目。

ガイドさんのヒグマ出没状況説明。

ホワイトボードはこんな感じ。ほとんどコース全体に出現。

ヒグマからしたら、

おめーらがおれたちの縄張りに勝手に入って来てるんだろ! どこに行こうがオレの勝手だ!

ということだろう。

そのとおり! 反論できる人間はいない。

では縄張りに入らせていただきます。すみませんね。という気持ちで最後の注意を聞く。ラジャー。

出発直前。ガイドさんが無線で問題ないことを本部に確認。

いざ出発。小学生4年生の女の子がお父さんと一緒に来ていた。その前の二人はラブラブ(らしい)カップル。

歩道を進むとこんな光景が。

芸術的なクモの巣。アンドロメダ大星雲333みたい。

水芭蕉。ヒグマの大好物。お芋系なので根を食べる。

ヒグマが食べた痕跡。

さらに進む。私のすぐ前が女の子のお父さん。

ここにも水芭蕉が。ヒグマの出没地点の一つ。

倒れた木の根で、千手観音ごっご。

さて、これ ↓ は何でしょう? 木の皮の状態に注目。ひっかき疵がある。

そう。ヒグマの爪あと。気を登ったときのやつ。これも ↓

爪あとがあちこちにある。

ヒグマの解説を聞きながら五湖に着く。

記念撮影。それじゃ、十湖になっちゃうよ、とガイドさんにからかわれた。確かに。

ヤゴから羽化したトンボ。だいぶ大きくなっている。羽化したての小さいのも撮ったのだが、、、近寄りすぎてピンボケだった。

ここにもヒグマの爪跡。隣の木に生えたキノコを食べに登った、との解説。

四湖に着く。霧でよく見えないので湖の違いがわからない。

見えなくても記念撮影は欠かせない。

脚で4を描いてみる。

蜘蛛の糸の銀河系。

やや上から。

真横から。

やや下から。まるで宇宙のようだ。

トトロのすみか。

すっかり上まで空洞。空が見える。

三湖に着く。

さらに進む。ヒグマの糞が路上にある。

ヒグマのウンチ姿ごっこ。頭にクマの耳を付けているのだが髪の毛がないので熊っぽくならない。

歩道上のあちこちにウンチがいっぱい。専門家が分析するので踏まずに残しておく。

先へ進む。

上は、以前にガイドさんがヒグマと出会ったところ。

この紫の花が好物らしい。みな食べられてしまい、残っているのは珍しいそうだ。

ここはまだ三湖。周りをグルっと回っているのだ。

湖の中の島が現れる。霧があるので幻想的。これはこれで乙なもの。

二湖に出る。

一湖だ。

高架木道が現れる。

ここに電流が流れているから触らないね、とガイドさん。

高架木道に登る階段の前には鉄の扉がある。

入って振り返ったところ。こっちから外へは出られないルール。

回転バーを通り抜けて高架木道へ出る。

ここから高架木道を歩いたのだが、初日と重複するので省略。まあ、霧で何も見えないので省略するしかない。もちろんヒグマとの遭遇も無し。

終了後、売店で鹿肉チーズハンバーガーを購入。フツーに美味しかった。肉の違いがよくわからないのが悲しい。グルメレポートはしない方針と言ってきたが、やりたくてもできないことがバレてしまう。

羅臼経由で中標津(なかしべつ)へ向かう。

知床峠付近で鹿が現れた。さっき仲間を食べたばかりなので目が合わせられない。ごめんなさい。美味しかったです。

峠から羅臼にかけては、今日は霧が少ない。羅臼岳が姿を現した。

すごい迫力。記念に相棒とツーショット。

今日は中標津泊。

【本日のデータ】

知床五湖ガイドツアー:5000円

鹿肉チーズハンバーガー(コーヒーセット):550円

7月20日(金)48日め 宗谷丘陵を経て宗谷岬へ

次の目的地は知床。できれば羅臼岳に登りたい。ここも百名山の一つだ。

羅臼岳は、行程が長い(登山地図では片道6時間)、雲がかかっていることが多い、ヒグマが出る、などの理由で、登山初心者が1人ではリスクが高いかもしれない。まあ、とりあえず行くだけ行って、現地で考えよう。

ということで、宗谷岬に立ち寄ったあと、太平洋側の海岸線を南下することにした。

宗谷岬に向かう途中で、こんな看板が目に飛び込んできた。

メガソーラーか。話には聞いていたが実物を見たことはない。

よし、見てみよう。

ということで全体が見渡せる場所を探しながら走る。

全体はほぼこんな感じ。敷地は広く、写真の左右にも続いている。

1枚のパネルがデカい。鉄条網が上端で2mぐらいの高さなので、それから推測するとパネルの短辺が5mぐらいか。長編は4倍として20m、5倍だと25mということになる。うちの近所にある、畳20枚ぐらいのとは規模が違う。

宗谷岬に近づくと陸側が丘陵地帯になる。丘陵には発電の風車が立ち並んでいるらしいので行ってみることに。

宗谷丘陵の入り口。

「宗谷丘陵周氷河地形」とある。周氷河地形は地中の水分が凍ったり溶けたりを繰り返してできる地形で、山の部分も谷の部分も緩やかなカーブを描くことが特徴だ。

で、こんな感じ。穏やかな起伏が続いている。

少し走ると風車が立ち並ぶエリアに出る。

入り口の看板にあった宗谷岬ウインドファームの風車だ。57基の風車がある。

風車を過ぎると牧場に出る。宗谷岬肉牛牧場だ。「宗谷黒牛」が飼育されている。

う~む、だんだんテレビレポーターっぽくなってきた。

写真左手前は牛の水飲み場。右上に小さく黒牛が1頭。

写真を撮っていたら上にいた黒牛が近づいてきた。

水を飲んだあと、こっちを向いて長い舌でペロリ。耳に付いているのは個体管理用のタグだ。

たくさんの黒牛がいるが、風が強いので皆しゃがんで(寝そべって? 伏せて?)いる。

風がメチャクチャ強い。油断をすると相棒のバイクごと吹き飛ばされそうになる。こうでなければ風力発電はできない。

丘陵から宗谷岬に出る道を進むと、宗谷岬公園が見えてくる。

公園にある「あけぼの像」。左下に小さく「日本最北端の地の碑」が見える。

あけぼの像は北海道の酪農の夜明けを象徴しているという説明がある。畑作から酪農に転換するのは並大抵の苦労ではなかったろう。

上は公園内の公式な建造物の案内図。いろいろな碑や鐘や台や楼がある。

そこには記載がない建物がこれ ↓

間宮堂。ホタテラーメンで有名な店だ。

芸能人が多く訪れている。まあ、テレビ的には絶好の対象だ。

ホタテラーメン(塩)(普通盛り)

フツーに美味しい。グルメレポートはしない方針なので、以上。

間宮堂って間宮林蔵から取ったんですか? と尋ねたら、いいや間宮海峡から取ったの、という答えだった。

間宮林蔵が見つけたから間宮海峡なのだから、元は間宮林蔵だろうと思うが、
間宮林蔵→間宮堂、と
間宮林蔵→間宮海峡→間宮堂、とは違う、ということですね。

ちなみに間宮海峡の位置はここ ↓ 写真の左上。

「日本最北端の地の碑」と「間宮林蔵の立像」と相棒とのスリーショット。

間宮林蔵は間宮海峡の発見者として有名だが、実は江戸幕府の御庭番(おにわばん、政治の陰で動く忍者)でもあった。漫画『新・子連れ狼』では、大五郎の敵として間宮林蔵が登場する。像を見ながら漫画に登場する間宮林蔵を思い出して楽しかった。

(注)新・子連れ狼は、父の拝 一刀(おがみ いっとう)が亡くなったあと、息子の拝 大五郎(おがみ だいごろう)が一人で生き抜いていく物語。面白い。大五郎が賢すぎるのが欠点か。

日本最北端の地の碑から右に20mほど歩くと「宗谷岬音楽碑」がある。

ボタン(写真右下)を押すと、スピーカー(写真左上)から歌と音楽が流れる。

流水とけて 春風吹いて
ハマナス咲いて かもめも啼いて

フォーク調のゆったりしたいい曲だ。歌っているダ・カーポもいいグループだ。「結婚するって本当ですか」も好きな曲だ。ちょっと切ない、キュンとなる曲。

さて先を急ごう。今日は紋別泊まり。180kmちょっとある。

と、その前に、ガソリンを入れなくては。まだガソリンは半分以上残っているのだが、どうしてもここで入れないといけない理由があるのだ。

それがこれ ↓

日本最北端給油証明書。のようなもの。

宗谷岬にきてこれを貰わなかったらライダーとして恥ずかしい。 と言われているとかいないとか。

風が強い。吹き流しは真横になってバタバタとはためいている。

相棒ごと吹き飛ばされないようにバランスを取りながら走る。走る。走る。

風車を横目で見ながら走る。走る。走る。

パーキングシェルター。ドライバーが一休みできる。特に冬は助かるだろう。

自販機、トイレ、電話がそろっている。

でも、こっちは休まずに走る。走る。走る。

一直線に伸びた道。北海道の道のイメージがこれだ。

牧草地に出る。

そこでは牧草を梱包する風景が。

円柱状の牧草を白いシートで巻き始めたところ。牧草の周囲を機械がグルグル回転してどんどん巻いていく。

グルグルと巻き続ける。牧草が見えなくなった。

巻き終わると白いシートが切断される。上がその瞬間。白い梱包の左側がパンッと跳ねているのが分かるだろうか。切断されたシートの端っこだ。

巻かれた牧草が地面にゴロンと投げ出され、機械は次の牧草へと向かう。

さて、こっちは紋別へと向かおう。

乳牛がいる。強風対策なのか寝そべっているのが多い。手前の牛が、何だこいつ、という顔でずっとこちらを見ていた。写真を撮るとあわてて目をそらす。ちょっとシャイなやつ。

ベニヤ原生花園に立ち寄る。時間はないが、まあ、着くのが遅くなるだけだ。

ノハナショウブ(野花菖蒲)が見ごろ。栽培されている花菖蒲の原種だ。

群生している。

こちらはコウリンタンポポ(紅輪蒲公英)。ヨーロッパ原産の帰化植物。ということは元外来種? 長い時間が経つと帰化したとみなされるのだろうか?

出発しようとしたときにスクーターに乗ったライダーがやってきた。何となく話をしていると、なんと相棒カブのカスタムをお願いした岐阜のバイク店のすぐ近所だという。

オレもね、カブのカスタムの見積もりをとったことがあるの。頼まなかったんだけどね。クロスカブ風にしてるのか。ちょっと写真撮らせて。帰ったらバイク店に行って、こんな人と北海道で会ったよって話すから。覚えてるかな?

ということで、例によって記念撮影の2+2ショット。バイク店のご主人とおねーさんによろしくね。きっと覚えていると思うよ。

さあ、急がねば。

そろそろ紋別、というあたりでこんな光景が。ここまで来ればもう余裕だ。写真撮っておこう。

刈った牧草を、機械の後ろの回転する爪状のもので集めて、山脈状にしている。

正面から見たところ。機械に向かって右側に牧草が集められているのがわかる。

集めた牧草をグリーンの箱が飲み込んでいく。黄色い部分が飲み込み口だ。

一杯になると、パカっと開いて丸めた牧草を地面に落とす。なるほど。

今日は「牧草の束ができるまで」を学べてよかった。学ぶ順序は実際とは逆だったけどね。

【本日のデータ】

ホタテラーメン(塩、普通盛り):900円(税込)

日本最北端給油証明書(のようなもの)+ ガソリン1.6L:251円(税込)

7月15日(日)43日め 島の北端へ移動中、不思議な光景が

朝から雨なので、今日の宿泊地の船泊(ふなどまり)へ向かう。島の南端から北端へ、約18km、30分ぐらいの移動だ。

雨で何もできないので、せめても、ということで、うに丼を奮発する。いつもスーパーの閉店間際の半額弁当を食べている身としてはすごい贅沢。

美味しい!

(注)このブログではグルメレポートと宿批評は避ける方針なので、単純な感想を短く書くにとどめる。理由については時間があるときに改めて。

食べているうちに雨が上がったので、寄り道をして島の西側の地蔵岩に向かう。

「地蔵岩」の標識に書かれた赤い注意書きが不思議だった。

どこにコインを差し込むのだろう? 地蔵岩にか? お賽銭感覚?

この日は厳島神社の例大祭。旗と提灯が風に舞う。

船泊に向かう途中でちょっと不思議な光景に出会った。以下、何の変哲もない風景写真なのだが、8枚をよく見るとある共通点があることに気づく。

さて、共通点は?

「グリーンの交通安全の旗が立っている」

ではない。それだけでは何の不思議もない。

そう。グリーンの旗の向かいの家がグリーンなのだ。壁だったり屋根だったりの違いはあるが、、、

これは偶然の一致なのか?

などと考えているうちに船泊に到着。真相は不明のまま。

【編集後記】

最初は、あれっ、と思ったが、偶然の一致だろうと思って、写真を撮らずに通り過ぎた。だが、2回めで、偶然じゃないかも?と思い、1回目のところまで戻って写真撮影。その後は、出会うたびに写真を撮った。

それがこの8枚。

暇だね~、という声が聞こえてくる(笑)

確かに。雨の日は暇なのだ。

7月10日(火)38日め 青森で一休み

お昼にラーメンを食べに出かけたが、それ以外はホテルでダラダラ。

これからどうするか? 青森を回るか北海道に渡るか?

【本日のデータ】

煮干しラーメン(大盛り):650円