2019/4/12 南と東の海岸を走る、あちこちでトライアスロン準備中(D145)

今日もレンタルバイクで宮古島を走る。

昨日は、西側と北側を走り、伊良部島と池間島へ行った。
今日は、南側と東側を走り、来間島へも行こう。

明後日14日(日)は、宮古島トライアスロンだ。
選手も続々と到着しているし、準備も着々と整いつつある。

ネットで調べたら、スイム(3kmの遠泳)のスタートが、宮古島東急ホテル&リゾーツ前の海岸(与那覇前浜)になっている。
開会式などイベントの会場もここだ。

じゃあ、まず宮古島東急ホテル&リゾーツに行ってみよう。

ホテルの建物を通り抜け、海岸へ向かう。

建物から庭に出たところ。
左斜め方向にちょっと歩けば海岸だ。

海岸へ向かう小路で見つけた花と蝶。

花も蝶もリゾートホテル調。

海があるのにプールもある。いつも不思議に思うのだが、、、

すぐに海岸。
もちろんホテルの所有物ではないので、誰が使おうと自由。
ここでトライアスロンの最初の種目、スイムが7時にスタートする。

泳ぐ選手たち。二人とも女性。たぶんアラフォー。元気だね。
この人たちのグループに62歳の男性もいた。
浜辺でしばらくお話。
出場者数1700人。倍率2倍ぐらい。宮古島は人気だそう。
1700人に選ばれるには実績が重要らしい。
女性たちはX回目でやっと、とか言っていた。

海岸から戻って、ホテルのロビーで見つけたバイク(自転車)
ものすごく高そう。ン十万円は当たり前、100万円超もあるらしい。
もちろん見ただけでわかるはずもない。

※トライアスロン関係者は自転車(bicycle)のことをバイクという。原動機付自転車もバイクなので紛らわしい。トライアスロンでは、速い人は時速40kmぐらい出すので、(エンジン付)バイクより速いかも。

さて、来間島(くりまじま)に行こう。

左は来間大橋。向こうは来間島。

橋を渡る。

橋を渡ったところにある小さな港。
カタマラン(双胴船)が鎮座している。
右端にちょっと見えるのが来間島。

港脇の海岸から宮古島東急ホテル&リゾーツを望む。

では、来間島散策開始。
まず、展望台に行ってみよう。

途中の交差点から右手を見たときの風景。
樹木の間から見える海は感動もの。
何でもそうだが、チラッと見えるというのはいいね。

展望台に到着。

一番上(3階)からの風景。
あれが来間大橋。

リゾートホテルの方角。
海が綺麗だ。

カメラを最大の望遠(720mm)にして撮影。
このくらい写れば、スタートはここから撮るのがいいかも。
1700人が海になだれ込むのは壮観だろう。

さあ、先を急ごう。

インギャーマリンガーデン。
まずもって「インギャー」の意味がわからない。
なぜこの名を付けた? 書いてないし。

ガーデンの入り江で潜る人たち。
展望台が見える。橋を渡れば行けそうだ。

経験者の男性と未経験者の女性。もちろんダイビングの話。
橋の上から撮影。

展望台の登り口に着く。頭に穴が開いた牛がいる。
宮古牛(みやこぎゅう)? 
なぜここに? なぜ穴が開いたまま? 疑問は尽きない。

展望台からの風景。

魚ではない。潜る人たち。

展望台東側の風景。
海底の岩礁が独特の模様を創り出す。

5km、10分ほど走ると、、、


宮古島には沖縄電力のメガソーラー実証研究設備がある。
それを見ることできる展望台らしい。
行ってみよう。

ソーラーパネルがド~ンと設置されている。
風力発電の風車も2機。比較対照か。

展望台に設置された説明書き。
かなり詳しい。写真は割愛。

説明書きのわきにあるオブジェ。
足も一緒に撮ってみた。歩くのもエコ。

保良泉(ぼらが)ビーチ。
バイクを停めて海岸まで歩く。

ハイビスカスがお出迎え。

離岸流注意!! の看板。
沖に流されたら戻るのは難しい。

何かを探す女性。星の砂とか?
あの変わった形の岩からこちらが遊泳区域。

東平安名崎(ひがしへんなざき)に向かう。
ここには灯台がある。

細く突き出した岬を歩き、灯台に向かう。

東海岸の風景。
自分の影が映る風景、を撮る自分。

影の周囲が黄色いのもいいね。
後光が射しているようだ。
と、一人悦に入る。

灯台までの道には白百合が群生。

白百合に囲まれる灯台。

灯台到着。1630の終了時刻を10分ほど過ぎていたが、係員さんのご厚意で登れることに。

入場料200円を払って階段を登り始める。
97段あるそうだ。

あと10段! もう少し

到着。

灯台からの風景。

反対側。

陽がだいぶ傾いた。
新城海岸(あらぐすくかいがん)の様子を見て宿に帰ろう。

海岸に着く。

人の気配がない。みな帰ったか。

用具を借りればツアーに参加しなくてもシュノーケリングができるようだ。

ウェットスーツを含めると一式で3000円。
絶妙な価格設定。

綺麗なお魚さんがいることをアピール。
明日、天気が良ければここでシュノーケリングをしよう、という気になってきた。

【本日のトライアスロン準備状況】

歓迎の門、設置完了。

リゾートホテルのテント、準備完了。

灯台のテント、準備完了。

バイクの走行地点表示、準備完了。

バイクの注意標識、準備完了。

十字路では追い越しちゃダメよ、の標識、準備完了。

カーブだけど追い越してもいいよ、の標識、準備完了。
リーンしたバイクの目線で撮ってみた。
ここで追い抜いたら気持ちよさそう。

【本日の写真展:応援パワーは全開だ】

いい家族だ。1587はたぶんゼッケン番号。

勝美くん、まゆちゃんがチュッ♡だって! いいなあ。

勝美くん、3班の星だって。すごいね。

それぞれの応援、それぞれに個性的。

トライアスロンに出場できるってすごいなあ。
尊敬します!

【本日のマニアック】

岩陰でじっと主人を待つ姿がいじらしい。

11月13日(火)105日め 黒部峡谷トロッコ電車に乗るつもりだったが、、、

さあ、今日は、トロッコ電車に乗って黒部峡谷の秋を楽しむぞ。
時期的にはちょっと遅いかもしれないが、まあ、いいだろう。
電車にのって往復するだけだけだから、3時間もあれば十分だろう。

1010 入善(にゅうぜん)市の宿を出発。トロッコ電車の出発駅がある宇奈月温泉を目指す。

景色を楽しみながら入善用水路の脇をトコトコと走る。

入善用水路の解説がある。うむうむ、なるほど。
あれ、マップと実際の位置関係がわかりにくい。

マップ中央下側の「入善下流用水路」が目の前の用水路だ。

ん? 実際の用水路は横向きに流れているのに、マップでは縦に書いてある。
方向が一致してない。位置関係を対応させるのがたいへんだ。

このマップ、90度左に回転させて描いてあればわかりやすいよね。

こんな感じ。
これならパッとわかる。もちろん、文字は読める向きでね。

さらに少し走ると、、、

のらんマイ・カー
いいネーミングだね。

※「乗らんまいか」は富山弁で「乗らないか」の意味。「のらんまいか~」と掛けたオヤジギャグ的ネーミング(だと思う)

ということで、立派な石垣の家を背景に記念撮影。いいね!

トロッコ電車の出発駅がある宇奈月温泉の入り口に着く。

橋の上からの風景。

左岸を見ると、面白い形の何かが、、、
展望台か?

外国人観光客が写真を撮っている。絵になる風景、なのかな?

面白そうだ。行ってみよう。

展望台から。絵になる風景、なのかな?

記念撮影をしてみる。寒くて顔が固まっている?

2~3分ほどでトロッコ電車の宇奈月駅に着く。

次の発車は1250。
終点の欅平駅まで片道1時間20分。往復だと2時間40分。
えっ、そんなに長く走るの? 想定外!

1時間散策するとして、戻るのは1640。
ここから今夜の宿がある富山市まで1時間30分。
買い物+ロス時間を見込むと、宿に着くのは1930。
ちょっと辛いかなぁ。

よし、今日は乗るのをやめて、明日か明後日にしよう。
今日は早く宿に行って休もう。

というわけで、富山市に向けて出発。したところで、こんな風景が、、、

すみませ~ん。何をなさっているんですかぁ?

消雪装置を点検してるの。
雪が降ると自動的に水が出て雪を溶かすの。

で、みなさんは何をしているんですか?

点検。穴が詰まってることがあるし。水の量も調整するし。

※写真では、右手にハンマーとキリ(のようなもの)、左手にドライバー(のようなもの)を持っている。たたいて、ほじって、まわす、のだ。

もう雪が降り始めるんですか?

いや、まだだね。
いつ降ってもいいようにしておくわけ。

なるほど。頑張ってください。

どこから来たの。

川越です。埼玉。

そのバイクで?

はい。

えっ! 早く帰ったほうがいいよ。雪が降ったらすごく寒いよ。

そうなんですか。(ご忠告)ありがとうございます。

点検員のみなさん、話をしながらどんどん点検作業を進めていく。

撮影アングルを決めているうちに、あんなに遠くまで行ってしまった。

お疲れさまです。

【本日の感想】
寒いのはOKだけど、陽の光はほしい!
日々の生活は現場の人たちで支えられている。
当たり前のことを痛感する。